プライバシーに配慮したアプリを作るには?海外の制作例から考える、信頼されるアプリデザイン10選

Designing App for Privacy
DESIGNER

あらゆることがスマートフォンで管理できるようになった現代、ユーザーはプライバシーや安全性をますます重視するようになりました。

ここではプライバシーに配慮したアプリをデザインし、ユーザーの信頼を獲得するためのポイントをご紹介します。

ポイント1. 情報が必要な理由を伝える

ユーザーに情報提供を求めるときは、理由もあわせて丁寧に伝えるようにしましょう。

アパレルECサイトの『Garms』は、以下のように情報が必要な理由について逐一ユーザーに説明しています。

Designing App for PrivacyDesigning App for Privacy

▲アパレルECサイト『Garms』のアプリデザイン(出典:TTC Labs

ポイント2. オンボーディングで信頼を築く

オンボーディングやチュートリアルは、アプリの使い方だけでなく情報の保護環境を伝える場としても活用できます。

『Foodvisor』は、オンボーディングにイラストや会話形式の文章などを活用して、どのような情報を扱うのか、それがユーザーの体験にどのような影響を与えるのかを解説。

『Goshaba』も、プライバシーに関わる情報の使用方法や他社との情報連携などの説明をオンボーディングで行っています。

Designing App for PrivacyDesigning App for Privacy

▲左:AI支援型採用ツール『Goshaba』のアプリデザイン(出典:TTC Labs) 右:栄養指導サービス『Foodvisor』のアプリデザイン(出典:TTC Labs

ポイント3. 情報の使用方法を伝える

プライバシーに関わる情報の使用方法を、ユーザーに適切に伝えましょう。

AI健康アシスタントの『Ditto』は、ユーザー情報の活用方法や情報連携のメリットを以下のように開示しています。

Designing App for PrivacyDesigning App for Privacy

▲AI健康アシスタント『Ditto』のアプリデザイン(出典:TTC Labs

ポイント4. 情報を提供するメリットを伝える

プライバシーに関わる情報を求めると、ユーザーはリスクを考え躊躇します。そのため、情報を提供するメリットを明確に伝えましょう。

『Oink』と『Gigagig』は、オンボーディングでメリットを丁寧に説明しています。

Designing App for PrivacyDesigning App for Privacy

▲左:資産管理アプリ『Oink』のアプリデザイン(出典:TTC Labs) 右:マイクロタスクで人をつなぐ『Gigagigs』のアプリデザイン(出典:TTC Labs

ポイント5. 情報の管理権限を与える

機能と情報の関連性を明らかにした上で、活用する情報を選ぶ権限をユーザーに与えましょう。

『Friendlee』では、ユーザーはアプリにどの情報を提供するかを選択できます。

Designing App for PrivacyDesigning App for Privacy

▲ソーシャルシェアリングアプリ「Friendlee」のアプリデザイン(出典:TTC Labs

ポイント6. 透明性で信頼を獲得する

アプリが把握している情報をユーザーと共有し、透明性をもたせましょう。情報を分析したプロファイリングを共有するのもおすすめです。

さきほどご紹介した『Friendlee』は、情報分析のアルゴリズムさえもユーザーに伝えています。

Designing App for PrivacyDesigning App for Privacy

▲ソーシャルシェアリングアプリ『Friendlee』のアプリデザイン(出典:TTC Labs

ポイント7. いつでも情報提供を停止できるようにする

ユーザーがいつでも情報提供を停止できるようにして、ユーザー自身がプライバシーを管理している実感を与えましょう。

『Vouch』は、情報を提供するかどうかの判断をユーザーに委ねています。

Designing App for Privacy

▲AIチャットボット『Vouch』のアプリデザイン(出典:TTC Labs

ポイント8. 許可プロセスを親しみやすくする

ユーザーから情報活用の許可を取る際に、わざわざ難しい言葉を使う必要はありません。くだけた表現を使って、親しみやすい印象にしてみましょう。

オンライン音楽サービスの『Jam』は「一緒にjam(セッション)して初期設定をしよう」と、カジュアルな表現でユーザーに呼びかけています。

Designing App for PrivacyDesigning App for Privacy

▲オンライン音楽サービス『Jam』のアプリデザイン(▲出典:TTC Labs

ポイント9. 情報はわかりやすく伝える

ユーザーに情報を伝える際は、わかりやすさと親しみやすさを意識しましょう。重要な情報であるほど、わかりやすく伝えることが大切になります。

『Finwizr』は以下のように、イラストを活用して金融情報を伝えています。シンプルで親しみやすいデザインは、ユーザーにストレスを感じさせません。

Designing App for PrivacyDesigning App for Privacy

▲投資プラットフォーム『Finwizr』のアプリデザイン(出典:TTC Labs

ポイント10. プライバシーポリシーを消費者フレンドリーに

プライバシーポリシーは多くの場合、固い言葉で長々と書かれていますよね。しかも、すべてを受け入れるか、すべてを拒否するかの二択がほとんど。

消費者フレンドリーなプライバシーポリシーにするために、わかりやすい表現・短い文章を意識しましょう。また、部分的に同意/拒否できるようにするのもおすすめです。

おわりに

ユーザーのプライバシーを守ると同時に、プライバシーが守られている実感を与えることも重要なポイントです。

センシティブな内容だからこそユーザーの目線に立ち、アプリデザインを考えましょう。

(執筆:Parallel 翻訳:Asuka Nakajima 編集:イズミカズキ 提供元:Muzil

いまの働き方に悩んでいるあなたへ。

「フリーランスとして、もっと大きな仕事にかかわりたいな……」
「企業で働いてるけど、副業でキャリアを広げていきたいな……」

新しい働き方が加速するいまこそ、キャリアの選択肢を広げるフリーランス・複業・副業向けお仕事マッチングサービス『Workship(ワークシップ)がおすすめです。

  • 20,000人以上のフリーランス、パラレルワーカーが登録
  • 朝日新聞社、mixi、リクルートなど人気企業も多数登録
  • 公開中の募集のうち60%以上がリモートOKのお仕事
  • 土日、週1、フルタイムなどさまざまな働き方あり
  • 万一のトラブル時にも無料で賠償責任保険つき
  • お仕事成約でお祝い金1万円プレゼント!

登録から案件獲得まで、お金は一切かかりません。一度詳細をのぞいてみませんか?

>フリーランス・複業・副業ワーカーの方はこちら

>法人の方はこちら

Workship CTA

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ