2018年1月22日、Amazon社が一般ユーザー向けのコンビニをオープンさせました。シアトルにのみオープンし、日本への上陸は未定ですが、一体どのようなものなのか気になりますよね。

今回はAmazon Goの様子や、小売業界に及ぼすと考えられる影響などをまとめました。

Amazon Goに導入された「ジャスト・ウォークアウト」とは?

Amazon Go経由には「ジャスト・ウォークアウト」という買い物システムが導入されています。もっとも特徴的なのは、レジと使わずスマートフォンのみで決済を完了させる実店舗であるということ。

以下の動画はAmazon社が公開したディザー映像です。オープニングから衝撃的……。

入店から退店までの流れを解説します。

1. アプリをタップして入店する

ユーザーは事前にアプリをダウンロード。専用のバーコードを入り口でスキャンします。

スキャン

引用:WGR

2.商品を選ぶ

商品は普通のコンビニのように並び、棚は食べ物のジャンルと飲み物のジャンルによって分けられています。

Food 2

引用:Twitter

現在、種類は少ないなか、加工食品や飲み物、コップなどの商品が揃っています。

Food

引用:Twitter

3. 決済方法

「ジャスト・ウォークアウト・ショッピング技術」とは、無数にあるカメラやセンサーで顧客の動作を感知することで、顧客の買い物をAI分析し、自動的に顧客のアカウントに課金するシステムのことです。これを通して、スマートフォンのアプリ経由でAmazonのアカウントを使い、入手した商品がユーザーのアカウントに請求されます。そして、カメラとセンサを使うほか、無線ICタグという自動認識技術を組み合わせて、ユーザーの購入をトラッキングできます。

上記の写真の黒いマークは、カメラとセンサーを認識するためです。

スタッフはいるの?

Amazon Goの感想

引用:Twitter

レジのスタッフの代わりに、案内係や在庫品係、身分証明書を確認するスタッフなどもいました。

Amazonはなぜ実店舗を開店したの?

アメリカの食品業界規模は8千億米ドルです。Amazon Prime会員限定の食品配達サービスがあるものの、Amazon社の商品業界の市場占有率は1%にしか過ぎません。

そして、オフラインで買い物する人が多いのは、いくつかの理由があります。

  1. 食品を購入する前に、人が商品の状態を確認したいため
  2. 予算が合わないため
  3. 食材はすぐに必要な場合が多いので、実店舗のほうが便利であるため

これらの理由に基づき、Amazon社は食品業界への参入を加速するにあたって、実店舗を開店しました。

Amazon Goは小売業界にどのような変化をもたらす?

Amazon Goによって、レジ係のオートメーション化があり、アメリカの仕事の780万がなくなる可能性はあります。

日本の場合、野村総合研究所の調査によると、日本の仕事の49%を人工知能で代替できることが分かりました。レジ係もその職業のひとつであり、海外と比較すると、日本の労働環境のほうが自工知能仕事を削減される可能性が高いです。

しかし、日本銀行のレポートに書かれているように、2016年11月時点では、スマートフォン持ち主において、6%しかスマートフォン決済を活用していません。年々の普及率は徐々にしか伸びず、広く普及されるのはまだ先のようです。

Amazon Goの歴史と今後の展開

Amazon Goの紹介動画のリリースから現在に至る展開をピックアップし、Amazon Goの今後をご紹介します。

1. Amazon Goの社内におけるトライアル(2016年12月)

当時、Amazon GoはAmazon社の社員限定のコンビニであり、2017年前半にAmazon社が一般ユーザー向けの実店舗を開店する予定だったにもかかわらず、テクノロジーを改善するために、開店延期と告知していました。

2. ホールフーズ・マーケット社の買収(2017年8月)

2017年に、米食品スーパーであるホールフーズ・マーケット社がAmazon社の子会社になり、Amazon会員の割引や、Amazonによる生鮮品の宅配サービスなどを企業に導入しています。

現在、Amazon社は「ジャスト・ウォークアウト・ショッピング技術」をホールフーズ・マーケット社の店舗に導入する予定を発表していません。ホールフーズ・マーケット社をAmazon Goの店舗への変更も未発表です。

しかし、Amazon Goの店舗開店があるほか、Amazon社が小売業界のための「ジャスト・ウォークアウト・ショッピング技術」を開発しているため、ホールフーズ・マーケット社の方向性が変更するのかもしれません。

3. Amazon Goを開店(2018年1月)

2018年1月22日、シアトルに、Amazon社が一般ユーザー向けのコンビニを開店しました。多くの人が開店日に参加し、新技術も試されたなか、「ジャスト・ウォークアウト」の対応が評価されました。

4. 今後の展開

現在、Amazon社のAmazon Goに関する展開はまだ未発表です。「ジャスト・ウォークアウト」を開店することにより、技術を改善し、よりコンビニを展開していくのでしょう。

まとめ

Amazon社は、「ジャスト・ウォークアウト」を開店できました。今後、商品の買い方が変わる可能性はあり、技術の展開で仕事を削減される現象にもなれるため、Amazon Goの小売業界への影響に要注目です。

(翻訳:Jordan Colston)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ