拡張現実(AR)におけるSEO対策で成功するための4つのポイント

MARKETING

拡張現実(AR)とSEOが同時に語れることはあまりありませんが、実はこのふたつはとても密接に関わっています。

YelpWikitudeなどにおけるARアプリは、消費者に拡張現実という新しい世界を提供しながら、位置情報に基づいた体験を提供しています。そしてこの拡張現実の世界は、新しく生まれたマーケットプレイスであり、ローカルSEOが成果を発揮する場所でもあります。

この記事では、拡張現実におけるマーケットプレイスとはどんなものなのか、そしてこの市場を活用してビジネスを進めるためにはどうすれば良いのか、見ていきたいと思います。

拡張現実(AR)は、ビジネスにどんな影響を与えるか?

拡張現実(以下、AR)とは、デジタルな情報と、ユーザーを取り巻くリアルな環境を重ね合わせる技術です。

たいていの場合、その重ね合わされたイメージは、デバイスを通してユーザーと直接インタラクションし、ユーザーとユーザーのいる環境において生み出される新しい体験のことを指します。

AR技術は、デジタル情報をユーザーのいる環境に重ね合わせる前に、さまざまなセンサーによってその環境がどんな場所かを見抜きます。

ビジネスにおける拡張現実の活用

Pokémon GOは大きな社会現象となり、ARが将来どのようなものになるかを人々に想像させました。特にあらゆるビジネスにおいて、ARの活用方法を検討する際に参考となる成功例となりました。

例えば、ポケモンを捕まえるためにあるエリアを歩いていた人が、その近所のカフェや飲食店に立ち寄り、地元のビジネスに富をもたらすというようなことが現実に起きるようになったのです。

しかし、これは拡張現実の力の一例であり、そのほかにもさまざまな可能性があります。

ARSEO

オンラインの世界において、ビジネスの成功はSEO(検索エンジン最適化)に大きく依存しています。これはARにおいても例外ではなく、ARにおいて成功するためには正しいローカルSEO対策を実施することが鍵になるのです。

ローカルSEOは、そのビジネスの検索結果がディスクリプションや5つ星レビューと共に現れることによって、その他の近所のお店との差別化をはかるというものです。もちろん、早く対策をしたアーリーアダプターであるほど、SEOにから大きな利益を得られています。

想像してみてください。みんながまだGoogle検索を使いだす前に、誰よりも早くSEO対策を実施していたとしたら……。

まさに今が、AR SEO対策をいち早く始められる絶好のタイミングなのです。ARが本格的にビジネスツールやライフスタイルにおいて普及する前から対策しておくことで、ARのマーケットプレイスにおいて将来大きくリードできるでしょう。

広がるAR産業

2017年、30億ドルもの費用がARVRに投資されたといわれています。そしてそのうち、15億以上がQ4タームのみに投資されました。今後の展開についてRetail Perceptionsは、ARによる収益は2020年までに1200億ドルに上昇すると予想しています。

現在、ほとんどのスマートフォンがARに対応しているデバイスであり、また現状はほとんどのユーザーがARを十分には使っていないことを考えると、この予想は決して的外れではないと思います。

Wikitube

ARに対応したビジネスはすでに世界中のユーザーの手の中にあることを考えると、ARは全てのブランドやビジネスにおいて、とても現実的な投資なのです。それは同時に、マーケティングの世界が大きなシフトを迎えること、そしてまたビジネスに最新のトレンドを取り入れることが大切であることを意味しています。

ARにおけるSEOの役割とは

通常のSEOは、サーチエンジンで検索されやすいキーワードを準備しておくことで対策します。一方で、ARにおけるSEOのルールは、ウェブに存在するあなたのビジネスに関連する全ての情報を含むため、サーチエンジンbotとキーワードの関連性を超えたものにまで広がります。

例えば、レビュー内容や、評価、リンクやコメント等もSEOに関連してきます。これを全てが、あなたのビジネスの検索による見つかりやすさに関わってくるのです。

拡張現実(AR)においてSEOはどのように効果を発揮するのか?

ARで見る街

ユーザーにとっては、ARにおけるSEOはとてもシンプルです。デバイスを自分の目の前にかざしてARの世界を見たとき、何か評価の高いレストランがないか、従業員募集をしているところはないか等がすべて簡単にわかるようになります。

しかしビジネスにとっては、少しややこしいことになります。このスペースについて知ってもらうためには、創造性、想像力、そして新しい一歩を踏み出す勇気が必要です。

拡張現実(AR)のためのSEO対策 4つのポイント

ARで見る店内

1. 信頼度の高いプロフィールを作る

ローカライズされたARSEOは、あなたとあなたの顧客の間における高いレベルでの信用が必要になります。Web上において、あなたのビジネスについてユーザーが言及した数が、レビューサイトにおけるパフォーマンスにとても重要になるのです。

それらのサイトコンテンツはGoogleの検索結果に大きく影響するので、オーガニック検索におけるあなたの会社の見つけやすさに大きく繋がります。さまざまなサイトで言及されるようなプロフィールを作ることが、AR SEOにおける一番良い対策です。

2. 良質なレビューを獲得する

ARにおける成功は、ユーザーによって作られたコンテンツに大きく影響します。レビューコメントや評価は、すでに顧客の意思決定において大きな影響を与えています。ARによって、この影響はさらに大きなものとなり、リアルタイムに結果が表示されたり、物理的に現実世界に表示されるようになったりするかもしれません。

良いお店、悪いお店は、あなたのデバイスによって即座に見れるようになります。ポジティブなレビューを得ることは今後ますます重要になっていくでしょう。

3. Googleマイビジネスを最適化する

Googleは、AR世界の創造において大きな影響力を持っています。そのため、Googleマイビジネスリスティングにおいてあなたのビジネスを最適化することはとても重要になります。 これは、ユーザーがあなたのビジネスや団体について検索をしたときに見る最初の情報になります。

これに備えるために、あなたのリスティングが高品質な写真と最新の情報が含まれたプロフィールになっているか確認しましょう。ARはすぐに飽和状態になるため、素晴らしいリスティングを作ることはあなたのビジネスを差別化するために欠かせません。

4. 位置情報を利用してプッシュ通知を送る

仮想現実(AR)は仮想現実(VR)と異なり、現実世界の位置と密接に関係しています。位置情報を利用したSMSマーケティングと同じように、ARマーケティングは顧客が特定の場所を通過した時に何らかのアクションを送ることができるのです。

プッシュ通知のようなものを送信し、ユーザーの現在地付近にあるお得な情報を教えてあげましょう。面白い斬新なアイデアであればあるほど、よりあなたのエリアにバズを起こすことができます。

ARバズを引き起こせ!

Googleプレイスは、最新のテクノロジーを活用した面白いコンテンツに価値をおきます。これは『ARバズ』が現実に起こる可能性を示唆しています。

インタラクティブでビジュアルインパクトのあるコンテンツを重要視することは、Googleのミッションである「ユーザーの問いに対して適切な答えを提供する」ということに通じています。GoogleAR開発ツールであるAR Core、そしてDaydreamTangoのようなARプラットフォームへの大きな投資によって、ARは私たちが検索する方法にもっと取り込まれ、普及していくことでしょう。

この環境において競争に勝っていくためには、クリエイティブなSEOを考えていかなくてはいけません。多分野に強みがある革新的なデジタルマーケティングエージェンシーと共に、ARマーケティングコンテンツやキャンペーンを展開していくのもひとつの手でしょう。

まとめ

今こそ、拡張現実について対策を始め、そしてあなたのビジネスをそれにおいてどのように差別化していくかを考えはじめましょう。

良いSEO戦略をいま行えば、AR時代の検索に万全に備えることができ、あなたのビジネスの大きな恩恵をもたらすでしょう。

(著者:Daniel Cooke 翻訳:Akiko Ogita)

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ