コワーキングスペースのメリットとデメリットを考えた上でのおすすめの選び方

コワーキングスペースのメリットとデメリットを考えた上でのおすすめの選び方

コワーキングスペースの利用を考えたことはありませんか?

利用する前にメリットとデメリットを理解した上で、あなたに合ったコワーキングスペースを探してみてください。

コワーキングスペースのメリットとデメリット、おすすめの選び方を紹介します。

コワーキングスペース5つのメリット

1.圧倒的なコストの安さ

コワーキングスペースの1番のメリットは、オフィスを借りるよりもコストを安く抑えることができることです。

中には、1万円未満の安いプランで利用できる場所もあり、だいたい1~3万円ほどが費用の相場となっています。ドロップイン(一時利用)ができる場所も多く、数時間~1日だけの利用も可能です。

賃料以外でも、水道光熱費やオフィス機器台など、通常オフィスを借りるよりも圧倒的に安いです。ただ、中には高級な作りや複数名利用のコワーキングスペースもあり、費用が高い場所も存在はします。

2.新たなコミュニティ

同じようにビジネスをしている他の利用者がいるため、新たなコミュニティを築きやすいです。様々な職種の方がいるので、情報交換や取引に発展するケースもあります。

また、勉強会・セミナー・交流会などのイベントを開催している場所もあるため、参加することでよりコミュニティを広げやすくなります。

3.自分に合わせた利用プラン

利用時間や業務スペースなど、自分の働き方に合わせたプランを選べるメリットがあります。

個室スペースや週末だけの利用、オープンスペースでフルタイム、ドロップイン(一時利用)など、コワーキングスペース毎にさまざまなプランが用意されているため、自分の働き方に合わせて利用できます。

4.会議室やオフィス機器など整った環境

コワーキングスペースには、様々な環境が整っています。

例えば、MTG時に使用できる会議室や印刷に必要な複合機、机やイス、他にも店舗ごとに本来ならば自分で揃えなければならない物がいろいろと用意されているためとても便利です。

5.駅近物件など便利な立地条件

多くの人が利用するため、立地条件の良いコワーキングスペースが多いです。

また、複数の店舗を運営しているコワーキングスペースだと、好きな拠点のコワーキングスペースを利用できるプランが用意されているというメリットもあります。

コワーキングスペース5つのデメリット

1.機密漏洩のリスク

最も注意しなければならないデメリットは、オープンスペースでの機密情報の取扱いです。

場合によっては損害賠償が必要になる可能性もあるため、リスクのある場合は個室での利用がマストです。

2.他の利用者の雑音

多数の利用者がいるため、電話や話し声など周りの音が気になり集中できない場合があります。

裏を返せば、PCからの音声や音楽再生機器等、自分側も配慮する必要があるという点もデメリットです。

3.コミュニティの面倒さ

他の利用者との関係性を築きやすい反面、その関係が面倒になったり、コミュニティ内でトラブルが起きてしまうケースがあります。

コミュニティやコワーキングスペース内の雰囲気は事前に分からないことが多いため、意識はしておきましょう。

4.作業スペースの狭さ

コワーキングスペースによっては、作業スペースが狭い場合があります。

作業スペースが狭いことで業務効率が下がることは、デメリットにしかならないので事前に確認して回避しましょう。

5.女性利用者の割合の少なさ

場所にもよりますが、比較的に女性の利用者の割合は少なめです。

そのため、女性の方で利用する場合は、あらかじめ認識しておくと良いでしょう。

コワーキングスペースのおすすめの選び方

1.事前に自分に必要事項を確認する

コワーキングスペースのメリット・デメリットを考えると、事前段階では下記事項を確認して、自分好みの場所を選ぶと良いでしょう。

  • 費用は問題ないか?
  • 自分に合った利用プランが存在するか?
  • 場所が自分やクライアントの行動範囲に合っているか?
  • 必要なオフィス環境が整っているか?
  • イベントの頻度は自分に適しているか?

2.ドロップインで実際に利用してみる

ドロップイン(一時利用)のあるコワーキングスペースであれば、まずはドロップインで実際に利用することをおすすめします。

事前に確認をしても、実際に利用してみると不都合な点がでてくることがあります。特に、雰囲気やどんなコミュニティがあるかは、事前に確認しづらい点なので、見ておきましょう。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ