フリーランスエンジニアがエージェントを利用するメリット/デメリット

終身雇用に限界が見えてきた昨今。これからは会社を辞めて、フリーランスエンジニアとして働いてみようと考える方も多いはず。

とはいえこれまでエンジニアの仕事に注力してきた方は、自分で仕事を見つけられるか不安に思う人もいますよね。

そこでご提案したいのが、フリーランスエンジニア向けのエージェントを利用することです。今回はエージェントを利用するメリットやデメリット、おすすめのエージェントなどをご紹介します。

フリーランスエンジニアがエージェントを利用する5つのメリット

メリット

1. 営業の手間が減る

どんなに優れたスキルがあっても、まずは自分のことをクライアントに知ってもらわなければ仕事はもらえません。そこでフリーランスは、自分から仕事を取りに行く活動、つまり営業が必要です。営業はどうしても手間がかかる上、営業そのものに苦手意識を持っている方も多いでしょう。またもちろん、営業そのものにかけた時間が直接お金になるわけでもありません。

エージェントは、あなたの代わりに営業を行ってくれるサービスといえます。エージェントには日々たくさんの案件が舞い込むため、フリーランス個人が普通に営業しても見つけられないような案件に巡り合えることもあります。

2. 案件と収入が安定する

フリーランスという立場上、収入を安定させるのはなかなか難しいことです。運良く割のいい仕事を見つけ、会社員時代の数倍の収入を得られたとしても、その案件がいきなり終了となってしまうことも珍しくありません。そうなれば次の仕事を探すためにまた営業に時間を費やす必要がありますし、そもそも仕事を見つけられない可能性もあります。

一方でエージェントを利用していれば、案件終了が分かった時点で次の仕事を探してもらえます。営業の時間や手間が減るため、エンジニアの仕事に注力でき、収入も安定しやすいでしょう。

3. スキルに合った報酬が得られる

フリーランスエンジニアが仕事を探す手段として、エージェント以外にもクラウドソーシングサービスを利用する方法もあります。クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と仕事を探している人をマッチングさせるサービスです。すぐに仕事を見つけられる一方で、クライアントもエンジニアもその質が玉石混交という側面があります。そのため実力の高いエンジニアでも、スキルを安く買い叩かれてしまうことも……。またクラウドソーシングは単発の案件が多く、収入はなかなか安定しません。

一方でエージェントは、エンジニア一人ひとりのスキルをしっかりと評価し、担当者の責任のもとマッチングが行われます。そのため、相場からかけ離れた待遇になる心配は少ない傾向にあります。

4. 福利厚生を受けられることもある

会社員とは違い、フリーランスに福利厚生はありません。

一方でフリーランスエンジニア向けエージェントの中には、スポーツクラブやホテルの優待券、税理士の紹介制度や人間ドックの受診料割引といった福利厚生を設けていることもあります。これは自分で仕事を探していると得られない、エージェントならではのメリットです。

5. 現在のエンジニア市場を把握できる

変化の激しいこの時代において、エンジニアに求められるスキルは常に変化しています。もし割の良い案件を見つけられたとしても、似たような仕事をこなしているだけでは時代の変化についていけません。新しいスキルを身につけられなければ次第にこなせる案件が減り、収入もだんだん減っていきます。エンジニアにとって技術力が停滞することは、市場の中で相対的に価値を落とすことにつながるのです。

といっても日々の仕事に追われていると、これからどういったスキルを学べばいいのかは分かりにくいもの。付き合いのあるクライアントとのやり取りだけでは、なかなか先の状況が見えてこないでしょう。

一方でエージェントとの付き合いがあれば、現在のエンジニア市場について相談できます。エージェントはたくさんのクライアント、エンジニアと話をしているため情報量が豊富です。相談をとおして今の自分に足りないものを知り、今後に向けて効率よく勉強しましょう。

フリーランスエンジニアがエージェントを利用する3つのデメリット

デメリット

1. 仲介料が発生する

エージェントも事業として案件の紹介を行っているため、サービスを受けるにあたっては仲介料が発生します。

一般的な仲介料は、報酬の10%~20%ほど。ここまで説明してきたようなメリットがあるとはいえ、フリーランスとして高い収入を得られるようになってくると、仲介料で損をしている気分になるかもしれません。

2. 柔軟な契約がしにくい

フリーランスといえば「場所を選ばず自由な時間で働ける」というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。しかしエージェントで扱っている案件は、クライアント企業への出社が条件だったり、週5日で働くことを前提にしていたりなど、決して自由とはいえない案件も多くあります。

もちろん自分がこのような案件を選ばなければいいのですが、柔軟な働き方のできる案件はまだまだ少ないのが現状です。働き方に柔軟性を持たせたい場合は、選択肢が狭まるでしょう。

3. 実際のスキルよりも経験年数が見られることが多い

エージェントを利用した仕事探しでは、エンジニアとしての実際のスキルよりも、経験年数が評価されやすい傾向にあります。なぜなら経験年数は、誰にでも分かりやすい指標だからです。

フリーランスエンジニア向けのエージェントといっても、必ずしも担当者がITに詳しいとは限りません。またエンジニアを探している企業も、担当者が現場を知らない人事ということも多々あります。そのため、自分よりもスキルの劣る、経験年数だけが長いエンジニアに案件を取られてしまうこともありえます。

フリーランスエンジニアにおすすめのエージェント 3選

フリーランスエンジニア向けのエージェントはすでにたくさんありますが、選択肢が多いだけにどこを選ぶべきか混乱してしまう方も多いはず。

そこでここでは、数あるエージェントの中からおすすめのエージェントを3つご紹介します。

1. レバテックフリーランス

レバテックフリーランス

レバテックフリーランスは、月間の新規案件数が400件以上と非常に豊富です。案件がたくさんあるということは、それだけ自分に合う条件の案件を見つけやすいということです。とりあえず登録しておく価値はあります。

ミスマッチを避ける体制が整っているのも魅力のひとつ。先ほどエージェントのデメリットでも紹介したとおり、専門知識のないエージェントから紹介された案件ではミスマッチが発生する確率が高まります。レバテックフリーランスには専門知識を学んだコーディネーターが在籍しており、クライアント企業の現場で働いているマネージャー等へ直接ヒアリングを行っています。

レバテックフリーランス

2. Midworks

Midworks

Midworksはフリーランスでも安定を求めたい人におすすめのエージェント。

社会保険料の半額負担や、勉強会やセミナーへの参加に月1万円までの補助が出るなど、サポートの充実したサービスを展開しています。また万が一仕事が見つからなかった場合でも、スキル見合いで手当てを受け取る制度もあります。

Midworks

3. W-AGENT

W-AGENT

時給4,000円以上の案件ばかりを集めたハイスキルフリーランス向けエージェント。スキルを活かして大きな収入を得たい人におすすめです。

エージェントで紹介される案件は常駐・週5日などの案件が多い中、W-AGENTでは週2,3日の案件やリモート案件が豊富に揃えられています。「パラレルワークでいろんな案件に関わりたい」「自分のサービスを作りながら会社でも働きたい」という方にも人気。

勉強会やセミナーも多く開催しており、クライアントとだけでなくエンジニアの仲間など横のつながりを作る機会があるのも魅力です。

W-AGENT

まとめ

フリーランスエンジニアとして初めて仕事を獲得するまでに、高いハードルを感じる方は多いでしょう。そんな時、営業を代行してくれるエージェントの存在は非常に心強く感じるはずです。

まずはエージェントを利用して仕事を獲得し、デメリットが気になるようであれば次第に自分からも営業をはじめていくと良いでしょう。

実際に使ってみなければ分からないことも多いエージェント。まずは登録だけでもしてみてはいかがでしょうか。

 

あわせて読みたい!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ