ユーザーがに好かれている製品に共通している特徴は2つあります。

ひとつはシンプルであること。もうひとつは、使っていて楽しいこと。

楽しいと感じてもらうために、遊びの要素を加える手法がゲーミフィケーションです。この記事では、デザインにおけるゲーミフィケーションの手法とUX改善への役割をお伝えします。

ゲーミフィケーションとは?

ゲーミフィケーションはゲームのデザインと誤解されることがありますが、本当の意味はWebサイトやモバイルアプリなどの環境に遊びの要素を取り入れることを意味しています。
たとえば、ユーザーにもっとアプリを利用してもらいたい場合に、チャレンジという要素を加えます。チャレンジの例をあげると、ゲームによくある「ログイン報酬」が該当します。ユーザーを喜ばせ、継続的なアクセスを促せますが、チャレンジを成功させるには、明確なゴール設定と達成報酬が重要になります。

携帯電話を触る様子

UX改善に繋がるのゲームの種類

ゲーム的な要素を取り入れるには、製品とユーザーが対話をするようなUX設計が求められます。そんな高度な手法は、いくつかの種類に分類することができます。

1. ポイント

プレイヤーの達成度を測定できるポイントシステムは、多くの製品やゲームに利用されています。このシステムがあれば、プレイヤーは自分の業績を見れます。その上、開発者がWebサイトやアプリのエンゲージメントを測定するのにも有効な指標となります。

2. バッジとステッカー

ユーザーがチャレンジを成し遂げたり特定数のポイントを集めたりすると、バッジやステッカーが与えられる仕組みのこと。この仮想報酬はビデオゲームでよく利用されています。昔から多くの支持を得ている手法で、ユーザーのモチベーションの原動力になります。

3. リーダーボード

人のチャレンジ精神を掻き立てる要素が、競争です。多くのバッジを持っている順番などでランク付けしたリーダーボードは、ユーザーの熱意を高めることができます。一方、上位の人と自分のランクの差がやる気をそいでしまうかもしれないので、リーダーボードは慎重に使いましょう。

リーダーボードのイラスト

4. チュートリアル

これは、ユーザーがたどるべきプロセスを可能な限りシンプルでわかりやすくすることを目的にしたもの。チュートリアルがあることで、その製品はユーザーによりフレンドリーになります。たとえばチュートリアルで機能を紹介した場合、ユーザーは誤操作などのリスクを防げるので安心して利用できます。
チュートリアルが長くなる場合は、スキャフォールディングをお勧めします。スキャフォールディングとは、ユーザーの経験値にあわせて、徐々に機能を公開することです。一度に大量の情報を与えるよりは、ユーザーの混乱を避けられます。これとあわせてユーザーの進捗状況を提供すれば、ユーザーに継続を促すこともできます。

チュートリアルのイメージ

5. 制限

プレーヤーに時間的な制限を設ける手法のことです。ゲームのタスク完了までの時間を制限するケースが一般的で、時間内に完了できなかった場合、プレイヤーの負けとなります。このようなアプローチを製品に適用することで、ユーザーは今日だけ入手可能な何かを申し込むかもしれません。このような時間的な制約により、ユーザーを何らかの形で素早く反応させたり、行動を促すことができます。

タイム

UXデザインにおけるゲームの役割

ゲーミフィケーションは、正しく適用すれば製品のエンゲージメントとコンバージョン率を高めるための価値のあるツールになります。
Webサイトやアプリに、ビデオゲームに似た楽しさや挑戦、競争心などのインタラクティブなプロセスを追加し、ユーザーに楽しさをもたらしてくれます。楽しさは継続して利用してもらう理由になりますし、報酬があればユーザーの強いモチベーションになるでしょう。

多くのUXデザイナーがこの手法を学んでおり、その人気は急速に拡大しています。今後も主要なアプローチのひとつになっていくでしょう。

ユーザーからのリアクションがいまいちで思い悩んでいるなら、上記の方法は試してみる価値があります。ただし、ブランドイメージを損なわないように加減しましょう。

良いUXを実現し、エンゲージメントを向上させられますように。

(翻訳:Kazunari Mino)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ