Googleしごと検索(Google for Jobs)が正式リリース!求人情報を検索結果画面に載せよう

MARKETER

2019年1月23日、Googleしごと検索(Google for Jobs)が正式にリリースされました。

Googleしごと検索の日本上陸は、採用市場に大きなインパクトを与えると言われています。

そこで本記事では、

  • Googleしごと検索とは何か?
  • Googleしごと検索は採用市場にどう影響を与えるか?
  • 採用担当者はGoogleしごと検索にどう対応すべきか

をご紹介します。

Googleしごと検索とは、Google検索結果画面に求人情報を掲載する機能

Googleしごと検索は、Googleで求人を検索すると、検索画面に求人情報の一覧を表示する機能です。アメリカではGoogle for Jobsの名で2017年6月からサービスを開始しており、その後は英語圏を中心にサービスを拡大していました。

実際の表示画面は以下のようになっています。基本的にはリスティング広告とオーガニック検索の間に表示されますが、オーガニック検索の途中に挟まれるケースもみられます。

Googleしごと検索1

▲青枠以下に表示されているのが「Googleしごと検索」

「エンジニア 東京」のキーワードで検索すると、東京都内に拠点を置く企業のエンジニア向け求人が並びました。このように、Googleの検索エンジンが「このユーザーは求人を探している」と認識すると、Google しごと検索が表示されます。

現在は多くの場合、「地域+職種」で検索するとGoogleしごと検索が表示されるようです。キーワードによっては、「採用」「求人」「転職」などのキーワードと組み合わせると表示されるものも(例:「フリーランス 求人」)。

検索画面に表示された求人をクリックすると、求人の詳細が見られるリストに移動します。

Googleしごと検索2

この詳細リストから、企業の採用ページまたはGoogleしごと検索と提携している求人サイトの応募ページにジャンプできます。

また、カテゴリ・地域・投稿日・形態・企業といった条件での絞り込みや、キーワードを変えての再検索も可能です。

Googleアカウントと連携して、気になる求人を保存しておくこともできます。

Googleしごと検索が採用市場に与える影響

Googleしごと検索に求人情報を最適化することで、Googleの検索画面という人々の目に触れやすい場所に求人を直接掲載できます。

これは求職者にとっても、Googleしごと検索は大きなメリットです。さまざまな求人情報サイトに散らばっている募集をGoogleで検索するだけで集約できるため、便利なことこの上なし。いちいち各求人情報サイトを検索して見比べながら求人を探す手間が省けます。

企業はGoogleしごと検索に最適化することで多くのインプレッションを獲得でき、求職者もさまざまなサイトの求人情報を検討可能です。お互いのマッチングを高められるでしょう。

Googleしごと検索に対応する3つの方法

それでは、Googleしごと検索に求人を掲載するにはどうすればよいのでしょうか。

現在、3つの方法があります。

  1. Googleが「そのページは求人掲載ページである」と認識できるように構造化データを設定する
  2. Googleしごと検索対応の採用管理システム(ATS)を利用する
  3. Googleが提携している求人サイトに求人を掲載する

それぞれ順に解説します。

1. 構造化データ「JobPosting」を設定する

自社の求人ページをHTMLで製作している場合、構造化データ「JobPosting」を設定することで、Googleしごと検索に表示できるようになります。

構造化データにより、「このページが求人情報である」ということや、職種・募集期間・勤務形態といった求人の詳細情報を検索エンジンに伝えられます。

詳しい設定方法については、こちらをご覧ください。

2. Googleしごと検索対応の採用管理システム(ATS)を利用する

求人作成や応募者情報、選考状況といった採用活動のフローを一括管理できる「採用管理システム(ATS)」を利用している企業も多いでしょう。

ATSの中には、すでにGoogleしごと検索に対応しているものがあります。Googleしごと検索に対応しているATSは以下のとおりです。(編集部調べ、2019年1月23日現在)

  • ハイソル
  • リクオプ
  • サポリク
  • HITO Manager
  • HRMOS
  • JOB!BASE
  • engage
  • スタンバイカンパニー
  • REC-CMS
  • Jobmaker
  • ジョブプロCMS

また、Googleは自社ATSである「Hire by Google」をアメリカで先んじて公開しています。こちらは当然Googleしごと検索に対応しており、日本でも今後リリースされる可能性があります。

3. Googleと提携している求人サイトに求人を掲載する

Googleしごと検索に対応するもっとも簡単な方法として、Googleと提携している求人サイトに求人を掲載するという手もあります。

提携が確認されている求人サイト(アルバイト含む)は以下のとおりです。(編集部調べ、2019年1月23日現在)

  • DODA
  • GREEN
  • Recruit.net
  • engage
  • A-STAR
  • パソナキャリア
  • キャリアインデックス
  • マイナビエージェント
  • 求人ボックス
  • IT転職ナビ
  • バイトル
  • フロムエー
  • マイナビバイト
  • ニフティアルバイト
  • イーアイデム
  • エン派遣
  • はたらいく

競合するIndeedとの違いは?

いま、もっとも影響力の高い求人サイトであるIndeed。「採用サイトをクローリングし、Indeed内の検索結果画面に表示する」という仕様は、Googleしごと検索の仕様とも似ています。

しかしGoogle for Jobは、Indeedと異なり無料の機能です。お金をかけずに、多くの人の目に触れる場所に求人を掲載できる可能性があります。ただ、Googleしごと検索に求人を掲載する際には、構造化データを設定し直すか、従来どおり求人情報サイトに費用を支払って掲載してもらう必要があります。

また、Googleしごと検索は、現状は「広告費を支払って自社の求人を上位に表示させる」という戦略が取れません。そのため、SEO最適化によって検索上位を目指すのと同じように、「よりユーザーフレンドリーな求人情報を提供する」ということが求められそうです。例えば「給与額や勤務時間などの情報が明確に記載してあるか」「構造化データのプロパティが適切に書かれているか」といった要素で順位が決まってくる可能性があります。

今後、IndeedとGoogleしごと検索がそれぞれどのように差別化されていくのか、引き続き注目していきたいです。

まとめ:求人情報を充実させよう

いよいよ人材分野にまで手を広げたGoogle。

Googleしごと検索に求人情報を載せられるよう、今のうちに対策してはいかがでしょうか?

 

あわせて読みたい!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ