LINE株式会社は2018年11月1日、『LINE公式アカウント』と『LINE@』を統合し、名称を「LINE公式アカウント」に統一することを発表しました。その後2019年2月7日には、サービス統合を2019年4月18日から開始することをアナウンス

この変化は単純なサービス統合にとどまらず、LINEのビジネス運用が促進されるきっかけになりそうです。

本記事では、新しいLINE公式アカウントの変更点や注意点をまとめ、今後のLINEを用いたプロモーション活動を有利に進めるためのポイントをご紹介します。

『LINE@』が『LINE公式アカウント』に統合。変更点は?

統合前の料金体系・機能

統合前のLINE公式アカウント・LINE@の違いを見ていきましょう。

LINE比較表

『LINE@』は無料から試すことができ、中小企業〜個人経営店、個人クリエイターにも手が出しやすいものでした。しかし、フリープランでは機能制限が多く、効果的なプロモーションには有料プランにせざるを得ないという側面も。

対するLINE公式アカウントは初期費用が大きくかかる一方、機能が非常に充実しており、大規模なメッセージ配信も可能。予算の豊富な中〜大企業向けのプランでした。

統合後の料金体系・機能

LINE公式アカウント統一後の料金体系は以下のとおりです。

新LINE公式アカウント料金・機能表▲出典:LINE(月額料金は税抜)

料金体系はLINE@に、機能はLINE公式アカウントに」というイメージで、非常にお得になりました。

今まで有料プランでしか利用できなかったリッチメニューやリッチメッセージなどが、全ての機能がフリープランにも解放されます。タイムライン投稿の制限も全プランで廃止されるため、料金プランによる差は毎月のメッセージ配信数上限だけになりました。

旧プロプラン(月額税込21,600円)に相当する「スタンダードプラン」が、月額16,200円(税込)に値下げされているのも魅力です。

このほか、アナウンスされている変更点は次の通りです。

  • プレミアムIDの初年度料金を値下げ
  • Message API(Reply API/Push API)を全プランで利用可能に変更
  • メッセージ配信を配信通数に応じた従量課金制に変更
  • 1通=ターゲットリーチ1人へ1回のメッセージ配信に統一

なお、現在のLINE公式アカウントの料金はすでに新料金体系に更新されています。「これから新しく企業アカウントを作りたい」という方は、はじめからLINE公式アカウントで作成するのがよいでしょう。

『LINE公式アカウント』統合スケジュール

『LINE公式アカウント』への完全統合までのスケジュールは、以下のように発表されています。(参考:LINE@公式ブログ

2019年3月1日 LINE@認証済みアカウント申込受付終了
2019年4月18日
  • サービス統合開始
  • LINE公式アカウント認証済みアカウント申込・未承認アカウント作成受付開始
  • LINE@一般アカウント作成受付終了
  • 一部のLINE@アカウントでLINE公式アカウントサービス移行が可能に(移行可能アカウントは管理画面に通知)
2019年4月26日〜5月7日 サービス移行一時休止
2019年5月中旬〜下旬頃 全てのLINE@アカウントでLINE公式アカウントへのサービス移行が可能に
2019年8月19日〜9月30日 強制サービス移行開始(LINE@の料金プランに関わらず、LINE公式アカウント・フリープランに移行)

『LINE公式アカウント』へ移行する際に注意すべきこと

本記事では、移行の際に特に注意すべき点として以下の2つを抜粋してご紹介します。

  1. 移行時の料金プラン選択
  2. 移行できないもの・再設定が必要なもの

さらに詳しい情報が必要な方は、公式資料をご参照ください。

1. 移行時の料金プラン選択

『LINE@』から『LINE公式アカウント』へ移行する際の料金プランは、以下のようになります。

  • 「フリープラン」でLINE@を運用していた人は、移行後も自動的に「フリープラン」が適用される
  • 有料プランでLINE@を運用していた人は、移行時に「フリープラン」「ライトプラン」「スタンダードプラン」のいずれかを選択する

選択した料金プランで課金が開始されるのは、移行完了の翌月からです。

2. 移行できないもの・再設定が必要なもの

  • メッセージの投稿予約が解除され、下書きに保存された状態でデータが引き継がれる。移行後に予約を再設定する必要あり
  • LINE@の「1:1トーク」履歴は移行されない。履歴のダウンロードを推奨
  • ショップカードのリッチメニュー内表示が解除される。再設定が必要。
  • リッチメニューのテンプレート「テキスト+アイコンタイプ」、デザインガイドのサイズ「400×270」を廃止。使用しているコンテンツは引き継がれない
  • LINE@・LINE公式アカウント同士の友だち登録が解除される。公式アカウント同士の友だち登録は今後も不可能
  • 統計情報の取得先が変更され、移行後はLINE@で集計されていた数値は確認できなくなる。移行前にダウンロードを推奨
  • リッチメニューのキーワードが削除される。キーワード応答メッセージの再設定が必要

『LINE公式アカウント』統合後のメリット

全てのプランで「リッチメッセージ」が無料作成可能に

リッチメッセージ▲リッチメッセージ(出典:LINE@マニュアル

今回の統合で最も大きなメリットは「リッチメッセージ」がフリープランにも解放された点でしょう。リッチメッセージは「大きな画像に外部リンクを設定できる」のが強みです。

画像を用いてビジュアルで強く訴求できるのは、LINEのプロモーション運用において非常に魅力的といえます。その窓口が広く開かれたことにより、多くの個人・企業がLINEでのコンテンツマーケティングを展開するにつながるでしょう。

LINEで読まれるコンテンツを作るコツ

LINE公式アカウントを用いたコンテンツマーケティングでは、リンク先のコンテンツがスマートフォンに最適化されているかどうかも重要です。いくらリッチメッセージでクリック率を上げても、コンテンツのスマートフォン対応が不十分だったり、そもそもクオリティが低かったりしては十分な効果が得られません。

そこで、クリエイティブ作成の上で参考にしたいのが『LINE MOOK』。モバイル時代の新しい出版の形としてLINEが提唱する「スマートフォンで読む雑誌」です。LINE MOOKのデザインは記事コンテンツに限らず、スマートフォン上で見られることを前提にしたコンテンツデザインのお手本といってもよいでしょう。

LINE MOOKのデザインにおける注目ポイントは、以下の記事で解説しています▼

リッチメッセージの画像はいわば表紙。配信するコンテンツと一貫して制作するのが望ましいでしょう。

新しいLINE公式アカウントによって、より気軽に効果的なコンテンツマーケティングを実現できます。ぜひこの機会にLINE公式アカウントの導入を検討してはいかがでしょうか。

まとめ:記事コンテンツ型LP制作のすすめ

ユーザーのLINEアカウントに直接、定期的にコンテンツを配信できるのが、LINE公式アカウントを用いたプロモーションの利点です。

LINE公式アカウントが気軽に作れるようになり、LINEを利用したマーケティングは加熱しそうです。ここで一歩先を進むために、クオリティの高いコンテンツマーケティングを行い、ブランドイメージの向上・浸透を目指しましょう。有効なのが、スマートフォンで読みやすい「記事コンテンツ型LP」です。

なお『Workship MAGAZINE』を運営する株式会社GIGでは、体制構築からコンテンツ配信まで、コンテンツマーケティングをトータルサポートしています。LINE MOOKのデザイン性を取り入れたハイクオリティなコンテンツの制作実績もあり、既存のリード顧客に対するロイヤリティ向上やキャンペーン効果の底上げを大きくサポートしました。

flora▲制作例『flora』

GIGでは、編集部構築からアカウント運用まで、一貫したお手伝いが可能です。

  • 「LINE公式アカウントを用いたコンテンツマーケティングに興味がある」
  • 「そうは言ってもノウハウがない……」

とお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

>>コンテンツ型LP制作の資料ダウンロードはこちら

>>お問い合わせはこちら

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ