「フリーランスとして活躍し始めたは良いものの、なかなか高単価の案件に巡り会えない……。」

そんな悩みを抱える人も多いでしょう。

とくにフリーランスとして独立した当初は、経験の少なさから低単価の仕事ばかりに落ち着いてしまい、焦りから余計なストレスを生んでしまうことも……。

そこで今回は、フリーランスとして生きていくために必要な単価交渉術についてご紹介します。単価が思うように上がらなくて悩んでいるという方は、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスとして生計を立てていくために必要なことは?

生計

フリーランスとして生計を立てていくためには、自分の能力レベルを見ながら案件を選ぶ必要があります。

なかでも特に重要なのが「顧客単価」と「物量」の関係。「1案件当たりの単価を上げる」のか「案件量を増やす」のかということです。

収入を高く保つためには、2つの要素をバランス良く満たす必要があります。とはいえ、1日に割り当てられる仕事の時間も限られているため、案件量ばかりを増やすのはあまり得策とはいえません。

したがって、フリーランスが収入を上げるためには、顧客単価を徐々に高めていく必要があります。

今日から使える!駆け出しフリーランスのための単価交渉術

駆け出しフリーランスのための単価交渉術

経験が少ないうちから、高単価の案件に巡り会えることは多くありません。というのも、お仕事を割り振ってくれるお客さんがいないことはもちろん、経験の少なさから作ったものへの商品価値をお客さんが感じられないからです。

駆け出しフリーランスのうちは、自分で商品価値を付けて売り出す必要があります。そこで最も有効な手段が単価交渉です。単価交渉では、自分で商品の価値を売り出し、お客さんへ提案することによって、商品に魅力を感じてもらいやすくします。

単価交渉の進め方

単価交渉は大きく分けて3つのステップに沿って進められます。

  1. 商品に与えられる付加価値(交渉材料)を考える
  2. 商品に与えられる付加価値を提案し、お仕事の単価を上げてもらえるかどうか、お客さんに直接尋ねる
  3. 単価維持or単価アップ成功

ここでポイントとなってくるのが、商品に与えられる付加価値です。内容がお客さんにとって優れているかどうかで単価交渉の成功が決まるといっても過言ではありません。

したがって、単価交渉を成功させたければ、お客さんにとって魅力的な付加価値を提案する必要があります。

単価交渉材料になるもの・ならないもの

単価交渉の材料になり得るものはさまざまですが、交渉材料となるものの特徴は大きく分けて2つ。

  • お客さんが価値を感じられるか?
  • 価値をある程度保証できるものかどうか?

前者は「有名企業での就業・取引経験」「SNSのフォロワーが1万人超」など、フリーランスとしてのブランドイメージ(権威性)が、後者は「納品の速さ」「作業量」など、仕上げる成果物に対しての労働的価値・結果がそれぞれ該当します。

単価交渉の際はこれらのことを意識して、賃金を上げてもらう交渉が必要になります。

とはいえ、駆け出しのうちから個人のブランドイメージが確立されているケースは極めて稀です。また成果物に対して、PVや問い合わせ数といった結果を条件に交渉するのは「成果が保証されていない」ものであるため、付加価値として相手に売ることは難しいです。

以上のことから、駆け出しのうちはできることを増やしつつ、作業量で単価交渉を行いましょう。

単価交渉のタイミング

交渉のタイミングは決められていません。

とはいえ、発注側の支払いの都合もあるので、プロジェクトを数サイクル回したあとや、月終わりに交渉して月初めに交渉結果をもらうなど。

お互いにとってキリの良いタイミングで交渉を進めましょう。

単価交渉を最速で終わらせるたった一つの方法

単価交渉を最速で終わらせるたった一つの方法

ここまでで簡単に単価交渉のやり方をご紹介しましたが、単価交渉は何度も提案できるものではありません。とくにプロジェクトの参画歴が長い案件ほど、お客さんは商品レベルを見慣れてしまっており、クオリティに変化を感じづらいため、必要以上に高い金額を支払う理由が見い出せないのです。

したがって、単価交渉は最速で終わらせる必要があります。

単価交渉を最速で終わらせる方法は、いたって単純。案件開始前にお客さんが支払える上限ギリギリの価格で提案・交渉を持ちかけることです。

納品量が多くなれば、次第にお客さんの中で「高い・安い」という価値基準の格付けがされてしまいますが、案件開始前ならば価値を正確に測れません。とくに、お客さんの要望に合わせたオーダーメイドの品を用意する案件では、商品を作り終えるまで実物を目にする機会がないため、お客さんが相場観を掴むまでに一定のタイムラグが発生します。

そこで高い価格で商品を買い取ってもらうために、お客さんが正確な相場観を掴むまでのタイムラグを利用して、案件開始前に単価交渉を仕掛けます。これにより、何度も緊張感漂う交渉のテーブルに立つことなく、余裕を持って仕事だけに注力できるため、良質なパートナー関係を結び続けることにも繋がります。

したがって単価交渉に尻込みせず、早いうちから納得のいく相場観で仕事を取れるよう努めましょう。

おわりに

今回は、フリーランスの単価交渉術についてご紹介しました。

単価交渉というと何かと高いハードルを感じてしまいがちですが、個人事業主としてやっていく以上、自らの売り込みや魅せ方はよく考えるべきでしょう。

何より仕事の単価をあげることは、自らの生活レベルを引き上げることにも繋がります。安定した暮らしをしたいならば、いち早く単価交渉をしてフリーランスとしてのレベルを上げていきましょう。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ