WordPressはとても使いやすいCMS(ブログシステム)です。

コンテンツの作成だけでなく、Webサイトのメンテナンスなども簡単に行えます。また、数回クリックするだけで、プラグインのインストールやソフトウェアのアップデートなども可能です。

しかしメモリを大量に消費するタスクや、きめ細かなコントロールには、あまり向いていないという欠点もあります。こうした問題をカバーしてくれるのが、コマンドでWordPressを操作するWP-CLIです。

今回は、WP-CLIの概要や特徴などをご紹介します。

WP-CLIとは?

wp-cli-01

WP-CLIはWordPress用のコマンドラインインターフェースです。

ダッシュボードにログインせずに、WordPressのWebサイトを操作できます。

まずはインストールしてみよう

WordPressと同じく、WP-CLIもフリーソフトウェアです。まずはリモートサーバーまたはローカルマシンにインストールしましょう。

WP-CLIはとても強力なツールです。だからこそ、操作を間違えてしまうと簡単には回復できないバグが発生する可能性もあります。まずはテスト環境を作り、基本的なコマンドをマスターしてから本番サイトに取り組むのがおすすめです。

コマンドラインに慣れていないと、WP-CLIはとっつきにくく感じるかもしれません。しかし、Web上にはWP-CLIに関するさまざまなドキュメントが存在しています。まずはクイックスタートガイドをチェックしてみましょう。

WP-CLIの機能は?

WP-CLIはダッシュボードの代替を目指しているため、とてもたくさんの機能を備えています。新しいプラグインのインストール、既存のインストールの更新、マルチサイトのネットワークの管理などが可能です。

1. データベースの検索・置換

WP-CLIには、ダッシュボードでは利用できないコマンドも組み込まれています。

もっとも強力な機能のひとつが、データベース内を検索し置換する機能です。テスト版のURLを製品版のものに書き換える場合などに活用できますね。実例を見てみましょう。

$ wp search-replace 'http://development.mysite.com' 'http://www.mysite.com' --dry-run

「development.mysite.com」 がテスト版のURL、「www.mysite.com」が製品版のURLにあたります。

コマンドの最後の「–dry-run」によって、データベースに変更を加えることなく置換の結果を確認できます。結果が問題なければ、今度は「–dry-run」無しで実行してみましょう。

2. カスタムコマンドが作成できる

WP-CLIには、オリジナルのコマンドを作成する機能もあります。サードパーティーのプラグイン、テーマ、またはオリジナルの機能などが使用可能です。

子テーマの作成、Gutenbergエディタ、カスタムプラグインのスターターコードなどのタスクは「wp scaffold」コマンドで実行できます。

もちろん、これらの機能は全体のほんの一部にすぎません。

無限の可能性をもつWP-CLI

WP-CLIの機能には実質的な制限がありません。基本的なタスクを管理するためにも使えますが、とてもニッチな機能を組み込むことも可能です。小規模な個人のWebサイトから大規模な企業のWebサイトまで、あらゆるユーザーにおすすめしたい存在です。

もちろん、コマンドラインに苦手意識を持っている人もいますよね。私もWP-CLIを使うことにはかなり不安を感じていました。しかし、何度か失敗しながらコマンドを理解していくと、どんどん快適に操作できるようになります。

WordPressをフル活用したいと思っているなら、WP-CLIを使ってみましょう。新たな可能性がひらけるはずです。

(原文:Eric Karkovack 翻訳:Asuka Nakajima)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ