仕事中のストレス発散方法とストレスが発散できない人の特徴

BUSINESS

仕事中の日々のストレス、溜まる一方でなかなか発散できないなんて方も多いと思います。

今回は、仕事中のストレス発散方法とストレスが発散できない人の特徴を紹介します。

仕事中の簡単なストレス発散方法

トイレに行く

一番自然に席をたつことができ、一人の時間を作れるストレス発散法です。

ずっと同じ席に座っているよりも、少しでも動くことで気が紛れます。

疲れた時は、用がなくてもトイレにでリフレッシュすると良いでしょう。

お菓子を食べる

自分の好きなおいしいお菓子を食べましょう。おいしいという感覚はストレス発散には効果てきめんです。

また、噛むことで、癒やし効果をもつセロトニンという物質が分泌されるので、お菓子を食べることで2重の効果を得られます。

会話する

歌ったり叫んだりできれば最高のストレス発散方法となりますが、仕事中では難しいので誰かと会話しましょう。

人は声を出すだけでもリフレッシュできます。同僚や部下に愚痴を聞いてもらうことができれば、より気持ちが楽になるでしょう。

ただ、愚痴を言うときは周りに気をつけましょう。

整理整頓する

仕事で使う机やPCのデスクトップを整理整頓しましょう。

仕事の環境がごちゃごちゃしていると、ストレスの溜まる原因になります。ずっと同じ仕事をしていると集中力が低下するため、他のことをして脳を休ませましょう。

手のマッサージ

本格的なマッサージは難しいので、手をマッサージするとちょっとしたストレス発散になります。

自分の気持ちいいと思う場所をマッサージしてみましょう。手のツボの中には、眠気を覚ますツボや肩こりに効くツボなど、様々なツボがあります。

ぼーっとする

何も考えずにぼーっとすると、ストレス発散になります。

目を閉じてもバレない環境であれば、目を閉じるとよりリラックスできます。ただ、あまりにぼーっとしすぎて眠りに落ちないように気を付けましょう。

タバコを吸う

喫煙者であれば、タバコを吸うのが一般的なストレス発散方法でしょう。

タバコを吸いながら会話をすることもできます。ただ、あまりタバコ休憩を取りすぎると良い目では見られないのでほどほどに。

仕事のストレスが発散できない人の4つの特徴

我慢をしがち

なかなか自分の意見が言えない人はストレスを溜めがちです。

仕事の環境下では我慢しなければならないことがたくさんありますが、意見を言える場面では素直に言いましょう。

時間に追われている

仕事の量が多いと、常に時間に追われてストレスを発散できません。

上司に仕事の相談をしたり、仕事を効率化を図りましょう。

趣味が無い

プライベートでの趣味がない人はストレスを溜め込みがちです。

仕事が好きであれば問題ありませんが、ストレスが発散できないと思う人は趣味を作ると良いでしょう。

友達や恋人がいない

友達や恋人がいないと心の拠り所がなく、ストレスを発散できる機会が少なくなります。

空いた時間を使って出会いの集まる場所に行ってみるのも1つの方法です。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ