(オンライン開催)Authleteで体験する認可サーバー & リソースサーバーの構築(AWS編)

  • Java
  • AWS Lambda
  • AWS
  • AMP
  • セキュリティ
  • OpenID
  • IoT
2021/04/21(水)
16:00〜18:00

主催:Authlete, Inc.

このイベントは終了しました

注意事項

※ エンジニア/アーキテクト向けのイベントです。「非技術者でもわかる OAuth/OIDC!」的な内容ではありません。
※ OAuth/OIDC クライアントについての説明は行いません。

オンライン配信について

以下の URL (Authlete の YouTube チャンネル) に、時間になりましたらアクセスをお願いします。(念のため、事前にチャンネル登録をいただければ幸いです)

Authlete - YouTube https://www.youtube.com/authlete

この勉強会について

OAuth 2.0 / OpenID Connect (OIDC) は、API 提供のためのアクセス認可に欠かせないオープン標準ですが、 API アクセス認可に関わる数多くの仕様に準拠した認可サーバーの構築には標準仕様に関する深い理解が必要になり、多くのサービス事業者にとって容易ではありません。

これらの問題を解決するために、Authlete は、Web API のセキュリティには欠かせない OAuth/OIDC サーバーを実装するために必要な機能を、すべて Web API として提供しています。認可サーバーに関する複雑な処理を Authlete に任せることで、簡単にかつセキュアな認可サーバーを構築することが可能になります。

今回の勉強会では、AWS の Amazon EC2 上への認可サーバー(java-oauth-server)の構築と、 Amazon API Gateway + AWS Lambda を用いた簡易的なリソースサーバーの作成を行います。アクセストークンの取得から、保護されたリソースへのアクセスまで、デモを交えて動作をご紹介します。

OAuth/OIDC サーバーに興味のある方や、OAuth/OIDC 仕様における実際のリクエスト・レスポンスの流れを知りたい方、AuthleteをAWSと組み合わせて使ってみたい方、ぜひこの機会にお気軽に勉強会へご参加ください。
皆様のご参加をお待ちしております。

※Authlete とは
Authlete は、Web API のセキュリティには欠かせない OAuth/OIDC サーバーを実装するために必要な機能を、すべて Web APIとして提供しています。Authleteを採用したお客様は、開発言語やフレームワークに縛られずに、OAuth/OIDC サーバーを自由に設計・実装できます。
これまでに、銀行、保険、ヘルスケア、教育、IoT などさまざまな分野のサービス事業者に、ID 連携・API 認可機能のコアサービスとして採用していただいています。

その他、Authlete の詳細はこちらをご確認ください。

想定参加者

  • OAuth / OIDC サーバーに興味のある方
  • OAuth / OIDC サーバーを実装する方
  • Authlete に興味のあるエンジニア/アーキテクト

タイムテーブル

時間 メニュー
16:00 - 16:30 Authlete 概要説明
16:30 - 17:30 認可サーバー & リソースサーバーの構築/動作デモ
17:30 - 18:00 Q & A
18:00 終了