検索条件

キーワード
タグ
ツール
開催日
こだわり条件

タグ一覧

JavaScript
PHP
Java
Ruby
Python
Perl
Scala
Haskell
C言語
C言語系
Google言語
デスクトップアプリ
スマートフォンアプリ
プログラミング言語
U/UX
MySQL
RDB
NoSQL
全文検索エンジン
全文検索
Hadoop
Apache Spark
BigQuery
サーバ構成管理
開発サポートツール
テストツール
開発手法
BI
Deep Learning
自然言語処理
BaaS
PaaS
Iaas
Saas
クラウド
AI
Payment
クラウドソフトウェア
仮想化ソフトウェア
OS
サーバ監視
ネットワーク
WEBサーバ
開発ツール
テキストエディタ
CSS
HTML
WEB知識
CMS
WEBマーケティング
グラフィック
グラフィックツール
AR
マーケット知識
セキュリティ
Shell
IoT
テスト
Block chain
知識

AI x WebAR: MediaPipeのハンドトラッキングを使ってみよう

  • JavaScript
  • 機械学習
  • AR
2021/10/30(土)
13:00〜17:00

主催:ARコンテンツ作成勉強会

イベント内容

MediaPipeとはGoogleが提供する、映像や時系列データを用いた機械学習の流れを構築するためのフレームワークです。
現在多くの機能やサンプルが公開されていて、ARでも多く用いられているハンドトラッキング(手の追跡)やフェイストラッキング(顔の追跡)、物体検知なども提供されています。
これらの機能の一部はjavascriptライブラリとして公開され、アプリをインストールする事なくWebブラウザ上で動作するARを提供できる様になってきました。

そこでAR FukuokaでもAIとARの組み合わせについて勉強してみようという事で、手をリアルタイムに検出するMediaPipe Handsに注目します。簡単なコンテンツを作りながらMediaPipeの活用方法を勉強してみましょう!

今回作るコンテンツのイメージ(クリックで動画再生)

対象者

・ARに興味のある人。(初心者OK!)
・AIも触ってみたい人
・MediaPipeのサンプルを動かしたことがあるけど、その先でつまっている人
※今回はプログラミング要素が大きいのでjavascriptの基礎の基礎を知っているとベター(必須ではありません)

事前準備

・PCのブラウザで下記のサンプルが動き、手の骨格が表示されることをご確認ください
https://hand-tracking1.glitch.me
または
https://hand-tracking-m1.glitch.me (主にM1 Mac)

・勉強会ではGlitchを使用します。必ずアカウントを作成しておいてください。
https://glitch.com/


会場

・インターネットがつながればどこでも

時間

13:00~17:00