検索条件

キーワード
タグ
ツール
開催日
こだわり条件

タグ一覧

JavaScript
PHP
Java
Ruby
Python
Perl
Scala
Haskell
C言語
C言語系
Google言語
デスクトップアプリ
スマートフォンアプリ
プログラミング言語
U/UX
MySQL
RDB
NoSQL
全文検索エンジン
全文検索
Hadoop
Apache Spark
BigQuery
サーバ構成管理
開発サポートツール
テストツール
開発手法
BI
Deep Learning
自然言語処理
BaaS
PaaS
Iaas
Saas
クラウド
AI
Payment
クラウドソフトウェア
仮想化ソフトウェア
OS
サーバ監視
ネットワーク
WEBサーバ
開発ツール
テキストエディタ
CSS
HTML
WEB知識
CMS
WEBマーケティング
グラフィック
グラフィックツール
AR
マーケット知識
セキュリティ
Shell
IoT
テスト
Block chain
知識

Amazon EKS Observability Workshop #CNDT2021

2021/11/02(火)
14:00〜17:00
Googleカレンダーに追加
参加者

16人/70人

主催:Containers on AWS

CNDT2021 Co-located Event - Amazon EKS Observability Workshop

こちらは、CloudNative Days 2021 の Co-located イベントとして開催される "Amazon EKS Observability Workshop" の参加登録ページです。

AWS から提供されるもう一つの Co-located イベントワークショップ「Security for Developers - DevSecOps on AWS」はこちらのイベントページから参加登録が可能です。

※ Amazon EKS Observability Workshop と Security for Developers - DevSecOps on AWS は同時間帯に開催されるため、どちらか一つのみ参加可能です。ご注意ください。

開催概要

  • 日時:2021年11月2日 (火) 14:00 - 17:00 (3時間)
  • 場所:オンライン開催(リモート)
  • 参加URL:参加登録済みの方に後日お知らせします

Amazon EKS Observability Workshop

システムを運用する中で、未知の事象に遭遇した経験はありませんか。何が起こっているのかを素早く把握するためには、そのシステムが “観測可能” な状態にある、すなわち Observability (可観測性) を確保している必要があります。

本ワークショップでは、Amazon CloudWatch Container Insights や AWS X-Ray を用いて、Amazon EKS クラスター上で稼働するシステムに対して Observability を確保する方法について学びます。

参加方法

参加者向けに後日ご案内します。

ワークショップで利用する AWS アカウントは本イベント用に専用の AWS アカウントを AWS 側で用意します。参加者ご自身で用意していただく必要はありません。 (ご自身で用意した AWS アカウントを利用いただくことももちろん可能です)

ホスト

TBU