事故による損害に備える
保険がついてきます

お申し込み不要

Workshipでご成約すれば無料で賠償責任保険が自動付帯されるので万が一のときも安心です。例えば、次のようなケースが対象になります。

  • 情報漏洩

    PCがウィルスに感染し、発注先の個人情報が漏洩してしまった。

  • サイバー攻撃

    納品物の不具合が原因で、提供先の企業に営業損害が発生した。

    (※1) 納品後14日以内に発生した不具合については補償対象外

賠償損害だけでなく
費用損害も補償対象です

サイバー攻撃時の費用損害の場合...

  • 不正アクセスの経路や被害範囲を専門的な技術を用いて調査を行い、その調査費用請求を受けた。
  • 再発防止のために最新のウィルス対策ソフトを導入した。

支払い限度額

  • 1事故かつ1保険期間中の補償限度額
  • 自己負担額
  • 賠償損害
  • 500万円
  • 0円(なし)
  • 費用損害
  • 100万円

賠償損害

1事故かつ1保険期間中の補償限度額
500万円
自己負担学
0円(なし)

費用損害

1事故かつ1保険期間中の補償限度額
500万円
自己負担学
0円(なし)
  • ※ 当社は保険会社との保険契約に基づき、Workshipで成約・稼働した会員に対して補償を提供します
  • ※ 当社の、会員に対する1保険期間中の支払い限度額は、全ての会員を合算して5,000万円を限度に支払われます

引受保険会社 : 三井住友海上火災保険株式会社

留意事項

保険金をお支払いしない主な場合

次のいずれかに該当する事由により発生した事故に起因する損害

  • ① 偽りその他不正な手段により取得した情報の取扱い
  • ② 国または公共団体の公権力の行使(法令等による規制または要請を含みます。)
  • ③ 被保険者によるサイバー攻撃、マルウェアの作成・意図的配布、ゲリラ活動等の侵害行為

その他

その他にも、保険金をお支払いしない場合がありますので、
詳細については株式会社アークライフ、当社または引受保険会社にお問い合わせください。

損害賠償請求がなされた場合のお手続きについて

損害賠償請求がなされた場合の当社へのご連絡等

損害賠償請求がなされた場合または損害賠償請求がなされるおそれのある状況を知った場合には、直ちに次の事項を株式会社アークライフ、当社または引受保険会社にご連絡ください。

  • ①損害賠償請求を最初に知った時の状況
  • ②申し立てられている行為
  • ③原因となる事実

なお、上記のご連絡をいただいた後に、遅滞なく引受保険会社に書面によりご通知いただく必要があります。

保険金のご請求時にご提出いただく書類

被保険者または保険金を受け取るべき方(これらの方の代理人を含みます。)が保険金のご請求を行う場合は、事故受付後に当社が求めるものをご提出いただきます。詳細は、株式会社アークライフ、 当社または引受保険会社にご相談ください。

示談交渉は必ず当社とご相談いただきながらおすすめください

この保険では、保険会社が被保険者に代わって損害賠償請求権者との示談交渉を行う「示談交渉のサービス」を行いませんが、万一、被保険者に対して損害賠償請求がなされた場合には、賠償問題が円満に解決するよう、ご相談に応じさせていただきます。
なお、あらかじめ引受保険会社の同意を得ないで損害賠償責任を認めたり、損害賠償金等を支払われた場合には、損害賠償責任がないと認められる額等が保険金から差し引かれることがありますのでご注意ください。

その他補償内容の詳細について

当該商品に付帯される保険の詳細については株式会社アークライフ、当社または引受保険会社にお問合わせください。