会計freeeに連携する勘定科目について

会計freeeとWorkshipを連携する方法はこちらをご確認ください。

■会計freeeに連携する勘定科目について

会計freeeとWorkshipを連携をすると、毎月の請求書の内容を会計freeeにも反映することができます。
連携したfreeeアカウントに紐付いた勘定科目をWorkshipにも設定することにより反映できます。

 ・お支払額→売上
 ・源泉徴収額→事業主貸
 ・営業交通費(※1)→立替金
 ・前払利用額(※2)→支払手数料

設定されている勘定科目は一般的に推奨されているものをデフォルトにしていますが、必要に応じて変更することも可能です。

※1 営業交通費…会計freee側では「支出」の「立替金」で登録してください。
  後日Workshipからの入金が会計freeeに反映される際に相殺されます。
  詳しくは会計freeeのヘルプ「交通費が発生した場合の記帳方法まとめ」をご参照ください。

※2 前払い利用額…報酬の前払いオプションをご利用した場合にのみ発生する手数料。
  前払いオプションについては「前払いオプションを利用したい」をご参照ください。

なお、前払いオプションを利用した場合、フリーランスへのお振り込みは「株式会社インベストデザイン」からとなりますが、会計freeeでは取引先は「株式会社GIG」が適用され、備考欄に「売上(株式会社インベストデザイン社からのお振込)」と記載されます。

■営業交通費について

営業交通費は、デフォルトでは立替金として登録、連携されるようになっています。
ただし、会計freeeに登録しているICカード機能付きクレジットカードで交通費を支払っている場合は、会計freeeの特性上、二重で計上されるため、Workship側で連携を解除してください。

勘定科目を「連携しない」にすると、該当の経費は会計freeeと連携されなくなります。
連携したままにすると、クレジットカードからとWorkshipの二重で計上されてしまうため、必ず連携を解除するようにしてください。