リード顧客とは【意味/読み/英語表記】(りーどこきゃく、Lead Customer)

リード顧客の概要

リード顧客とは、将来的に取引が発生する見込みのある見込み顧客を指します。

リード顧客の詳細

インターネットの普及に伴って顧客が自ら情報収集するようになり、従来のプッシュ型のアプローチではなく、プル型のアプローチが好まれるようになりました。こうしたプル型のアプローチではなるべく早い段階から顧客と接点を持ち、関係を持続させる必要があります。そうして徐々にリード顧客を獲得し、ナーチャリングによって案件化につなげていく流れが生まれました。このリード顧客を獲得する活動をリードジェネレーションと呼びます。

企業においては、このリード顧客をさらに絞るために、一定の基準を決めてリードを区分しています。その基準や条件をクリアしたリード顧客をクオリファイドリードといいます。特にMQLとSQLと呼ばれるクオリファイドリードはMAツールなどでも設定されることの多い概念です。

MQL(Marketing Qualified Lead):マーケティング活動によって創出されたリード顧客。ニーズや予算、導入タイミングがまだ定まっていない
SQL(Sales Qualified Lead)営業活動によって創出されたリード顧客。ニーズが顕在化しており、予算や導入までのタイミングも明確化している。

リード顧客に関連項目

ナーチャリング

「リード顧客」の記事一覧

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ