SEOに影響する被リンクとは?バックリンクを集めるための3つのポイント

被リンクとは、あるWebページを対象に、他のWebサイトがハイパーリンクを設置することです。バックリンクとも呼ばれています。Googleが正式に被リンクを評価指標として認めているため、SEO対策において、重要な基準です。

今回、米広告代理店のFractl社が行った調査をもとに、被リンクを多く得るキャンペーンの特性をご紹介します。

調査の背景

この調査は、2013年〜2017年の間に行われた、759の広告キャンペーンデータを基にしました。調査の指標は、下記の通りです。

  1. 被リンクの数
  2. SNSにおけるシェア数
  3. 広告キャンペーンがターゲットしているユーザーの量

Fractl社は、広告キャンペーンの成功率とはなにか、下記のように定義しました。

  • 成功率が高い: 被リンクを100個以上を獲得し、もしくはSNSでのシェアを20,000 個以上獲得する
  • 成功率が普通: 被リンクを20〜100個を獲得し、もしくはSNSでのシェアを1,000〜20,000 個獲得する
  • 成功率が低い: 被リンクを20個未満を獲得し、もしくはSNSでのシェアを1,000個未満獲得する

被リンクを多く得るWebコンテンツの特徴とは?

被リンクを多く得たキャンペーンの中に、3つの内容がありました。

1. 感情的に訴えかえる

感情を揺さぶるような内容が込められているキャンペーンは、普通のキャンペーンよりも多くの被リンクとSNSでのシェア数を獲得できました。

感情的要素

こちらは、感情的な内容が含まれているキャンペーンの成績をまとめていた比較表です。

シェアなどエンゲージメントの結果がかなり異なりますね。

次のような施策が効果的です。

  • ポジティブなワードを伝える。ユーザーにポジティブな感情を感じさせると、ユーザーが他人にコンテンツをシェアする確率が上がるためです。
  • 複数の感情を感じさせ、考えさせられる内容を作る。
  • ネガティブな感情よりも、ポジティブな感情と驚かせる内容を組み合わせること。

2. 驚きを与える

驚きを与える内容が込められているキャンペーンも、被リンクの獲得に役立ちます。

驚き様素

こちらは、驚き要素が含まれたキャンペーンの成績をまとめている比較表です。

大きな衝撃を受けなくても、新しい情報を提供すると、「驚き」に似たような感情を感じさせます。よって、ユーザーの関心を引き出せ、キャンペーンから学んだ情報を他人にシェアしてもらいやすいです。

さらに、新しい情報を伝えることにより、マスコミの注目を集められます。したがって、被リンクや、マスコミの注目を得るには、新しい情報を発信するのが効果的です。

3. 共感させる内容

感情的要素と驚きの要素と比較する場合、共感させる内容のほうがキャンペーンの成績につながっていないなか、ユーザーに共感してもらえるのかは、成功におけるファクターのひとつです。

共感させる要素

こちらは、共感させる要素が含まれたキャンペーンの成績をまとめている比較表です。

ニッチのユーザーに広告を配信すると、ターゲットしたいユーザーに届くのに、マスにアピールをしないと、リーチできるユーザーが限られます。

被リンク集めに向いているコンテンツとは?

ご覧のとおり、感情的要素と驚き要素が含まれたキャンペーンのほうが、被リンクを多く入手したキャンペーンの特性です。

「成功率が高い」キャンペーンにおいて、70%ほどは「感情的な内容」があり、76%ほどは「驚かせる内容」があります。

一方、「幅広く同感できる内容」において、被リンクの成功率はさほど異なりません。かといっても、96%ほどの「成功率が高い」キャンペーンには、「幅広く同感できる内容」がありました。

感情的要素と驚き要素が含まれていたキャンペーンは、平均的に、被リンク199個とSNSの共有23,730個を獲得しています。一方、共感させる要素に加えると、平均で被リンク207個とSNSの共有25,017個を獲得しました。

それぞれの要素を組み合わせると、結果を最大化できる傾向にあります。

広告キャンペーン結果に影響を与えるその他のファクター

他にも成功に影響を与えるファクターがあります。

1. 正確なユーザーのターゲティング

幅広くメディアに連絡を取るよりも、広告キャンペーンにふさわしいメディア媒体と記者を選ぶほうが効率的であり、ターゲットのユーザーにリーチできる可能性が上がります。

2. 企業としての信頼性

広告キャンペーンにおいて、信頼性が高い情報を引用すると、ユーザーやメディアから信用を得られます。

信頼性が高い引用は、政府の調査や教育機関、論文審査のある専門誌、世間に評価されている編集方針のある雑誌などです。

信頼性が低い引用は、ユーザーが編集なしで投稿できるサイトやブランドのWebサイト、企業が投資した自社商品に関する調査などです。

被リンクが少ないサイトはGoogle検索で上位に表示されにくい

被リンクがない限り、Google検索で上位表示の確率が低いです。

検索エンジン(GoogleやYahooなど)が、被リンクの多いWebページに対して、ユーザーにとっては価値のあるとページとして判断しています。一方、検索エンジンが被リンクの少ないサイトは価値が低いと判断しているため、検索結果の上位に表示されるのは困難です。

しかし、不正に被リンクの数を増やそうとする場合、Googleが開発した技術により、正確に被リンクとしてカウントされるのが不可能に近いです。

まとめ

SEO対策において、被リンクを得るのが重要です。したがって、SNS対策のために被リンクを得るには、3つの内容を使うと、望ましい結果を入手できます。

今後、広告キャンペーンにこの記事の戦略を実施してみてはいかがでしょうか?

(翻訳:Jordan Colston)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ