BtoCとは【意味/読み/英語表記】(ビートゥシー、BtoC)

BtoCの概要

BtoCとは、Business to Consumerの略称です。企業が消費者に対して取引を行うことを意味します。

BtoCの詳細

BtoCには、店頭、インターネットでの買い物、食事なども含まれます。元々はIT用語であったものの、一般的に使われるようになりました。また、インターネット広告やWebサイトなどマーケティング施策の実施が重要視されるケースも多いです。

以下ではBtoC取引の特徴についてみていきましょう。

■商品の購入までの流れが速い
原材料ではなく、完成品が販売されることが多いといえます。自動車であれば、オプションサービスや部品によって差別化を図るケースもあります。また、購入までの期間が比較的短く、ブランド力や評判が売上に影響する点は1つの特徴です。

■インターネットの活用効果が高い
マーケティング施策の効果を図るためにツールを導入し、分析する動きが加速しています。Webメディア、メルマガ、広告などの費用対効果を測定できるツールが多く、顧客に対して数字を分析/改善していくマーケティングが大切です。

BtoCの関連項目

BtoB

「BtoC」の記事一覧

  • 広告主募集
  • ライター・編集者募集
  • WorkshipSPACE