コワーキングスペースとは【意味/読み/英語表記】(こわーきんぐすぺーす、coworking space)

【コワーキングスペースの概要】

異なる職業や仕事を持つ利用者たちが共有・交流することを目的とした仕事場のこと。

【コワーキングスペースの詳細】

「コワーキング」とは、執務室、会議室、事務所などを複数の個人や事業者が共有し仕事を行うワークスタイルのことで、そのための仕事場のことをコワーキングスペースと称します。

机・椅子、プリンター、ホワイトボード、会議室などが整備されたコワーキングスペースも多く、カフェなどに比べて労働環境が整っており利便性が高いため、オフィスは持たないが働きやすい空間を求める人々が集います。

定額制や時間制など、料金形態は利用方法により異なります。

一般的なオフィスとは異なり、コワーキングスペースに集う人々は特定の企業・団体・組織などに所属していないことが多いのが特徴です。そのため、交流を目的にコワーキングスペースを利用する者も多く、独自のイベントなども開催されることがあります。そこから参加者同士の繋がりが生まれ、新しい知識を得たり、共同プロジェクトの機会を得られることもあります。

似た概念として「シェアオフィス」がありますが、シェアオフィスは企業やプロジェクト単位で利用されることが多い一方で、コワーキングスペースは個人での利用が多いという違いがあります。それに合わせて設備やサポート内容、開催されるイベントなども異なるため、自分に適したほうを選ぶのがよいでしょう。

【コワーキングスペースの関連語】

シェアオフィス

4 : 「コワーキングスペース」の記事一覧

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ