CSSとは【意味/読み/英語表記】(シーエスエス、Cascading Style Sheets)

CSSの概要

CSS(Cascading Style Sheets)は、WebページにおいてHTMLとセットで使用される、スタイルを一元管理する言語です。

CSSの詳細

Webページを開発する際に習得しておくべき言語の1つ。HTMLで文章やページ構成を構築した後に、それらの文字に対するスタイルを定義する言語を指します。

例えばHTMLで「sample」という文字を構築したとき、この文字を青地にしたり文字サイズを変更したり、という作業をこのCSSで記述します。

記述方法はいたってシンプルで、HTMLのどんなタグに対して(セレクタ)どのような項目を(プロパティ)、こうする(値)という記述方法となります。

たとえばHTMLで、<h1>タグの全文字色を青にしたい場合は以下のように記載します。

h1 { color:blue;}

現在主流となっているHTML5では、必ずしもCSSを作成しなくても、ある程度HTMLのタグにCSSを直接書き込むことができます。しかしWebページ管理の後任者や後でコードを他人に見せる際にわかりやすい、エラー時に切り分けが容易という理由から、現在でもHTMLとCSSは分けて記述されるのが一般的です。

CSSの関連項目

・HTML
・Webエンジニア
・Bootstrap

「CSS」の記事一覧

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ