p5.jsとは【意味/読み/英語表記】(ピーファイブドットジェーエス)

p5.jsの概要

p5.jsとは、ProcessingをJavaScriptで記述できるライブラリです。

p5.jsの詳細

そもそもProcessingとは、電子アートとビジュアルデザインを目的としたプログラミング言語(総合開発環境)を指しており、基本的にはJavaで記述します。

Processingを使用すると、図形や文字がなめらかにWeb上で動作するグラフィカルなコードが比較的容易に開発可能です。おもにメディアアートやインタラクティブデザインに活用されています。

しかし、これには専用のビジュアルコーディングエディターが必要となります。

そんなJavaベースのProcessingをJavaScriptに変換することでWeb上での開発を可能としたものがp5.jsです。

HTMLなどで記述する際にJavaScriptを読み込み、そのJavaScriptとしてp5.jsを呼び出して使用します。

p5.jsのライブラリには音声やゲームも取り扱うことができます。特に音声に関してはWebAudioAPIを使用すると複雑なコードになってしまいますが、p5.jsでは安易に扱えます。

p5.jsの関連項目

・JavaScript
・HTML
・Java

「p5.js」の記事一覧

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ