RPAとは【意味/読み/英語表記】(アールピーエー、Robotic Process Automation)

RPAの概要

RPAとは、デスクワークの定型・単純作業をソフトウェアに組み込まれたロボットが代行し、自動化すること及びその概念です。

RPAの詳細

RPAとは、ソフトウェアロボットによって、事務や経理などの決まった操作手順のある単純作業を自動化する仕組みのことです。
これにより、単純作業による人的ミスの防止や時間コストの削減、それによる業務の効率化を実現することが可能になります。

このように業務を肩代わりするソフトウェアロボットは「デジタルワーカー(仮想知的労働者)」と呼びます。

RPAと同じように、業務の自動化を行うシステムとして「AI(人工知能)」「マクロ」は混同されることがありますが、3つは以下のように異なります。

■RPA
自身の意思を持たず、ユーザーが設定したルールに沿って指示した作業のみを正確にこなす。
プログラミングが必要なく、操作や導入が比較的容易。

■AI
学習能力を持ち、今までのデータを元に業務の改善・見直しなど、状況に応じ異なる行動が可能。
開発・導入にコストがかかり、操作に求められる能力が高い。

■マクロ
Officeなどマクロ機能を持つアプリケーションのみ自動化が可能で、マクロに対応していない場合では使用できない。
プログラミング知識が必要となるが、基本的な操作のみであれば不要。

RPAの関連項目

・ソフトウェア
・プログラミング
・機械学習

「RPA」の記事一覧

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ