SSLとは【意味/読み/英語表記】(エスエスエル、Secure Sockets Layer)

SSLの概要

SSLとは、インターネット上でのクライアントとサーバのデータ通信を暗号化するためのプロトコルです。

SSLの詳細

SSLとは、インターネット上で送受信された住所やクレジットカードの番号、ログインパスワードなどの情報を第三者によって盗聴され、悪用されることを防ぐためにサーバー間のやり取りを暗号化するために定められた規約(プロトコル)です。

SSL通信を成立させるには、以下の手順でやり取りを行います。

  1. サーバーがクライアントに「公開鍵」とその鍵が正しいものという証明になる「サーバー証明書」を送付する。
  2. クライアントはサーバーとの通信ルールである「共通鍵」を作り、公開鍵で暗号化する。
  3. クライアントは暗号化された共通鍵をサーバーに送付。
  4. サーバーは暗号化された共通鍵を「秘密鍵」で復号する。

これによって出来た共通鍵のルールに乗っ取り通信を暗号化するため、この共通鍵を持たない第三者からのデータ盗聴を防ぐことが可能になります。

ちなみに、SSLで暗号化されたWebサイトはURLの頭が「https://」となり、ブラウザには鍵のマークが表示されるようになります。

SSLの関連項目

・サーバー
・Chrome
・Safari
・Firefox

「SSL」の記事一覧

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ