『andwork渋谷』に行ってみた!英語とび交うチル空間【コワーキングスペース探訪 vol.1】

こんにちは、Workship MAGAZINE編集部のじきるうです。

今回から「コワーキングスペース探訪」と題して、都内各地のコワーキングスペースを実際に利用し、その体験レポートを書いていきたいと思います。

  • どんな雰囲気のコワーキングスペースなの?
  • 設備は揃っているの?
  • 電源やWiFiは充実しているの?
  • 空いてる時間はいつ?

など、実際にコワーキングスペース利用者が気になるポイントを網羅していく予定です。

記念すべきvol.1は、渋谷駅から徒歩6分のコワーキングスペース『andwork渋谷』。結論からいうと、ここはコワーキングスペースの枠には収まらない、めちゃめちゃエモいチル空間です。

『andwork渋谷(アンドワーク渋谷)』とは?

andwork渋谷

『andwork渋谷』は、外国人向けホテル『The Millennials Shibuya』併設のコワーキングスペースです。ホテルのロビーがそのままワークプレイスになっており、ホテル宿泊者以外でも朝6:30〜深夜1:00まで利用できます。

ニューヨークやポートランドでは、ラフで自由なワークスタイルを重視し、ホテルのロビーがクリエイターたちのワークスペースとして利用されています。そのスタイルを踏襲したのがandwork渋谷です。

ワークスペースにはチルアウト系BGMが流れ、上質で落ち着いた仕事空間を演出しています。

なお、コワーキングスペースは外国人利用客が半数以上を占め、英語が飛び交っています。海外留学に来たかのような雰囲気を醸しています。

施設 andwork shibuya(アンドワーク渋谷)
住所
東京都渋谷区神南1-20-13 3/4F
電話番号 03-6824-9412
アクセス JR山手線 渋谷駅 徒歩6分
営業時間 年中無休(6:30~翌1:00まで利用可能)※最終受付は21:00
wifi  ◯
電源設備  ◯
会員登録
ドロップイン
  • ¥800/1時間
  • ¥3,000/1日
その他 コーヒーサーバー、プリンター、会議室、電話ブース等
日経OFFICE PASS加盟店

andwork渋谷(アンドワーク渋谷)

▲エントランスにはandwork渋谷ではなく『THE Millennials』の文字が掲げられています。ご注意を!

▲エントランスにはandwork渋谷ではなく『THE Millennials』の文字が掲げられています。ご注意ください

【空間】洗練されすぎた、オシャレなホテルのロビースペース

4階

エントランス

andwork渋谷のエントランスは、THE Millennialsのホテルの4階。3階と4階がコワーキングスペースとなっています。

外国人のホテル利用者が多いためか、英語のできるスタッフが常駐している様子です。

andwork渋谷

家具や内装がもうね……ぜんぶオシャレ。

チェアやデスク、壁紙、天井、細かなオフィスグッズまで洗練されすぎてます。

デスク

▲わかりにくいですが、フル液晶のデスクです

4階窓際のテーブルは、まさかのフル液晶デスク。常にオシャレなグラフィック映像が流れ続けています。

普通のお店なら「お触り厳禁!」と言われそうなこの高価で未来チックなデスクですが、もちろん自由に利用できます。ちなみに触るとほのかに暖かいです。

インスタ映え

液晶デスクにMacbookを置くだけで……はいオシャレ。2019年インスタ映え大賞受賞ですおめでとうございます。

4F壁際

4階壁側はソファ席になっています。

改めて言いますが、家具がいちいちオシャレです。なんですかその照明は。パリで獲れるウニの仲間ですか?

3階

3F窓際

続いて3階の窓際席。

今風デザインのソファに座り、コーヒー片手に仕事をする。そんな日常が提供されています。

3階壁際

3階壁側はボックス席、中央には対面のワークスペースがあります。

アメリカにありそうなやつ

各ボックス席には「アメリカとかにありそうなやつ」が飾られています。

オシャレ感が限界突破しているのでそろそろいいかげんにしてもらって良いですか?(半ギレ)

会議室

ちなみに商談や会議など、周りの声を気にせずトークしたい人にはミーティングルームも提供されています。

【設備】キッチンスペースからコピー機、電話ブースまで充実

キッチン

コワーキングスペース内には広々としたキッチンにコーヒーメーカーが設置されています。

利用料無料で自由に使えるため、コーヒーはもちろん、ちょっとした軽食もここで作れちゃいます。

ちなみに食器もセルフサービスとなっています。使用後は各自ちゃんと洗って戻しましょう。

コピー機

コピー機とiMacも常設で用意されています。急な印刷物にも安心ですね。

電話ブース

コワーキングスペースで電話をするのはなかなかはばかれるもの。そんな人のために、電話ブースも設置されています。

トイレ

どんなにオシャレで設備が充実していても、「お手洗いが汚いのはちょっと……」ですよね。

ご安心ください。清潔なのはもちろん、謎にオシャレです。ちなみにお手洗いに入室すると、便器のフタが自動的に開きます。これが未来……(最近はこのタイプも増えてきたけど)。

【インフラ】全席届く!充実のWiFi、電源設備

コワーキングスペース利用の際に最も大事なのは、何といっても「電源」と「WiFi環境」ですよね。

andwork渋谷は、利用者なら誰でも使えるフリーWiFiが提供されています。実際に私も利用しましたが、通信はかなり高速で一切のストレスがありませんでした。なんなら自宅のWiFiより早い……。

電源

またandwork渋谷では、ほぼ全席手の届く距離に電源が設置されています。一部電源がない席もありますが、その場合はスタッフさんが延長コードを貸してくれるとのこと。自分の好きな席で自由に働けます。

【時間帯】空いてるのは「平日の10:00〜17:00」

andwork渋谷

コワーキングスペースの空いている時間も気になりますよね。日中に仕事したいのに、昼間は人でいっぱい……なんてこともしばしば。

スタッフさんいわく、andwork渋谷はそもそもが『THE Millennials Shibuya』というホテルのため、朝食(7:30~9:30)とフリービール(17:30~18:30)、夜の時間に混むことが多いとのこと。ただし、休日は昼間でも混み合うことがあるそうです。

つまり、一般的なワークタイムである平日の10:00〜17:00は比較的空いているといえます。ちなみに今回、私は平日の15〜19時に滞在しましたが、夕方を除き2〜3人しか人がいませんでした。めっちゃ快適……。

なお、ホテルエントランスがある4階よりも3階の方が空いていました。

おわりに

洗練された内装に充実の設備、チルなBGMを縫って飛び交う英語。欧風の自由な仕事空間が提供されているandwork渋谷。

andwork渋谷はコワーキングスペースというより、感性をふるわせるクリエイティブなチルスペースでした。

こんな最高の空間が、1日3,000円(1時間800円)で利用できちゃうのです。これはリピ確定だわ……。

andwork渋谷(アンドワーク渋谷)

 

それでは次回もまた、ステキなコワーキングスペースを求めて。

>>コワーキングスペース探訪シリーズはこちら

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ