未経験/新卒エンジニアがベンチャーってどうなの?スキルアップに必要な素質とは。

未経験/新卒エンジニアがベンチャーってどうなの?スキルアップに必要な素質とは。

こんにちは、ライターのエミリーです。

未経験や新卒で、ベンチャー企業にエンジニアとして入社したい方・未経験だけどエンジニアに挑戦してみたい方へ。大手企業ではなくベンチャー企業で、エンジニアとして成長することはできるのか?そして、成長するにはどうすれば良いのでしょうか?

今回は、身近なエンジニアに実際に聞いてみました。

↓インタビューに答えてくれたエンジニアはこのふたり

ヨシ
ヨシ

エンジニア。2012年米国フロリダ州のUniversity of South FloridaでWebアプリケーションからシステムセキュリティ、AIなど幅広い分野を学ぶ。2017年5月よりGIGに入社。

宇治
宇治

バックエンドエンジニア。高校を卒業後、2年間ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在し、バリスタとバーテンダーをつとめる。帰国後、エンジニアの専門学校を経て2017年7月、GIGに入社。

新卒エンジニアは現場未経験。スキルアップは実践あるのみ?

エミリーさっそく聞いていきたいんですが、現場での経験なしでも、エンジニアになれるんですか?
ヨシもちろん、未経験でもエンジニアになれますよ。
自分はアメリカでコンピューターサイエンスを専攻していて、ある程度の知識はありましたが、現場に必要な実践的なスキルは、最初は全然なかったんです。
エミリーそこから、どうやってスキルアップしたのか気になります!
ヨシ上司から課題を出してもらって、最初のうちはその課題をこなすことで基本的なスキルを身につけました。その後、すぐに武者修行期間に入りました。他の会社に常駐し、エンジニアとして実際に働きながら、スキルを身につけていったんです。
エミリー実践しながら学んでいくスタイルは、ベンチャーならではですね。宇治さんはいかがですか?
宇治実際に働きながらスキルを身につけられるというのは、本当にその通りだと思います。自分は入社前、エンジニア専門学校に通っていたんですけど、「仕事として実践しながら学んだほうがはやい」と思って、ベンチャーに入社したんです。実際に、現場でエンジニアとして働いていますが、実践しながらの学びはとても楽しいですね。
エミリーなるほど...。そうは言っても、現場でどうしていいかわからなくなったり、不安になることはないんですか?
宇治もちろんあります。最初のほうなんて、右も左もわからず、本当にどうしていいかわからないときとかありましたよ。(笑)当時は、現場にエンジニアが自分ひとりで、唯一その現場を知っている人も週に1度しか来ないという状況でしたので...。でも、最終的には自分がやるしかないですし、わからないことは、社内のベテランエンジニアに聞いて助けてもらっています。
エミリーベテランの先輩のアドバイスを聞いて、自分で学んでいくんですね。
宇治はい。技術的な話だけでなく、新しい言語のトレンドやおすすめの本なども教えてもらって、休日などに自分で勉強しています。土日で最低でも10時間。最近は仕事でSQLがわからなかったので、本を読んで勉強しました。エンジニアの仕事にはルーティンがないので、飽きることがなくて楽しいです。興味を持って、自ら学んでいく姿勢が大事ですよね。
エミリーありがとうございました!

未経験でもベンチャーで成長できるエンジニアの3つの行動習慣

1. 興味のあることを、とことん突きつめる

好きなことや興味のあることに、夢中になって取り組める人は、大手・ベンチャーを問わずエンジニアに向いています。なぜならエンジニアの仕事には、システム構築だけでなく、新しい言語を学びとっていくことも含まれるからです。

現在、メインで使われることの多いphp、java、Rubyなどの言語だけで10言語以上、これらの言語の応用版やまったく新しい言語が、きっとこの先も登場してくることでしょう。そのときに、どんどん新しい言語を学んでいく興味の持続性のようなものが不可欠になってきます。

たとえば、仕事のなかでわからない言語があれば調べたり、仕事では使っていなくても世の中のトレンドの言語を勉強することで、常に自分自身をアップデートでき、世の中に通用するエンジニアに近づくことができます。いま使っている言語に興味を持ってとことん取り組むこと、新しい言語を学んでいくこと自体を楽しいと思える好奇心を持ち続けることが、エンジニアに必要な特性です。

2. 変化に柔軟に対応する力と、自ら考える能力がある

変化に柔軟に対応する力と、自ら考える能力

ベンチャー企業で成長できる人の特性として、変化に柔軟に対応できる人・自ら考えて行動する力がある人が挙げられます。とくに創業間もないスタートアップでは、会社の仕組みも、ルールも、まだ何も決まっていません。型にはまらず、「こうしたらもっと良くなるのでは?」と考えてそれを実行できる人が求められています。

たとえば、エンジニアとしてコードを書いたりすること以外に、「こうしたらもっと、効率的になるのでは?」「こんなことがやりたい!」と自ら手をあげることができる人。決まったルールと流れのなかで仕事をしたい人よりも、試行錯誤しながら、さまざまな変化を遂げる組織の中で、変化に柔軟に対応しながら仕事ができるエンジニアは、どんどん成長していくと思います。

3. 明るく、コミュニケーション能力が高い

積極的にコミュニケーション

エンジニア以外にも言えますが、他人とコミュニケーションを取るのが得意な人は、エンジニアに向いています。なぜなら、エンジニアが関わるのは制作物をつくるという部分ですが、プロジェクトにはエンジニア以外にも、デザイナーやディレクター、マーケターなど、多くの人が関わっています。活発にコミュニケーションをとることで生産性が上がったり、より良いアウトプットが出て、結果的に自分自身の成長にもつながります。

4.常に新しい技術やトレンド、ツールの情報をキャッチアップする

開発にまつわる技術は刻一刻と進歩しています。数年前に登場した言語がもうオワコンと言われていたり、オワコンだったはずの技術がとつぜん力をつけて人気を復活させていたりと、ある意味予測不可能。現在であれは、Pythonのような機械学習向けの言語はどんどん需要が高まっていくでしょう。

こういった技術界隈の話題を常にキャッチアップするための行動を仕掛けましょう。たとえばconnpassでリアルのイベントに参加したり、schooでオンライン講座を受けたり、毎日更新されるWorkship MAGAZINEのTwitterをフォローして、最新の記事を読んだり……。著名なエンジニアのTwitterをフォローするのもおすすめです。

5. GitHubのようなコミュニティに入る

一定レベル以上のエンジニアは、GitHubQiitaのようなコミュニティで、フィードバックを与えあう機会をゲットしています。自分が書いたソースコードや、取り組みのエピソードを公開しましょう。

ベンチャーで働く先輩は皆大忙し。手取り足取り教わることはなかなか難しいので、自らフィードバックの場を見つけましょう。

 

まとめ

未経験でも、ベンチャーでエンジニアとして実際に活躍している人がいます。世の中に新しいものを作り出すエンジニアとして、ベンチャー企業で成長していきましょう。

SHARE

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ