エンジニアが英語を学習する3つの方法!最新テックをキャッチアップしながら学習しよう

エンジニアにとって、英語の習得はますます重要になっています。その理由として、

  • 今後も成長が続くアメリカや中国・インド・東南アジアなど、外国でのビジネスが活発化していること
  • 最新技術の発信や議論の多くは英語で行われており、最新のテクノロジーをキャッチアップするためには英語が必須であること

などが挙げられます。英語が苦手なエンジニアには厳しい環境ですが、英語を習得することでチャンスをつかむ機会が多い環境ともいえます。

本記事では、エンジニアがネットを活用して英語を習得する方法を紹介します。

特にエンジニアが情報収集や業務で使うことが多い「ヒアリング」「リーディング」そして「テキストコミュニケーション」の3つの能力を高めていく方法を紹介します。

ヒアリング

エンジニアが英語のヒアリング能力を高めていくには、Tech系のニュースラジオを聴いたり、Tech系カンファレンスの動画を視聴するのが効果的です。最新の技術情報も得られて一石二鳥の方法です。

Tech系Podcast

無料で公開されているPodcastの中には、Tech系のニュースを定期的に更新しているコンテンツが多数あります。気になるものをいくつか聞いてみて、お気に入りのチャンネルを聞く習慣をつけると良いでしょう。

1. Player fm:Best Tech Podcasts (2018)

Tech系のPodcastがまとまったページです。

https://player.fm/featured/tech

2. Asia Tech Podcast

中国、インド、東南アジアなど、アジアに特化したTechニュースを配信しています。

http://www.atp.show/

Tech系YouTtubeチャンネル

最近は講演のアーカイブがYouTubeなどで公開されるケースが増えています。YouTubeには字幕生成機能があり、また英語での発表は字幕の精度もかなり良いため、聞き取った内容と照らし合わせながら視聴すると効果的です。

1.Coding Techチャンネル

ITの最新技術を中心に、Tech系の講演や講義の動画がまとまっています。

https://www.youtube.com/channel/UCtxCXg-UvSnTKPOzLH4wJaQ/videos

2. Bloomberg Technology

金融情報サービスで有名なブルームバーグが提供する技術系のYoutubeチャンネルです。テクノロジー系のニュースを映像付きで見ることができます。

https://www.youtube.com/channel/UCrM7B7SL_g1edFOnmj-SDKg/videos

リーディング

エンジニアが最新のテクノロジーを学び続けるために欠かせないのが、英語文書のリーディング。英語で書かれたTech系ニュースや特許などの技術情報を読むことで、リーディング能力を鍛える方法を紹介します。

Tech系Webメディア

テキストニュースサイトでも最新のTech系ニュースを読むことができます。有名メディアは日本語に翻訳されることも多いため、日本語と英語で読み比べてみるのもよいでしょう。

1. TechCrunch

TC

日本でも有名なTech系Webメディア。記事が日本語に翻訳されることも多いので、日英で見比べながら英語の学習を進めやすいです。

https://techcrunch.com/

2. Tech in Asia

Tech in Asia

アジアのスタートアップ情報に特化したテキストニュースサイトです。今後注目の中国、インド、東南アジアなどのTech系スタートアップ企業の情報を通じて、英語の学習をしましょう。

https://www.techinasia.com/

英語の特許

日本企業は日本でも特許出願をしているケースが多いので、ほぼ同じ内容の特許を日本語と英語で読み比べながら、英語の学習をすることができます。

1. Google Patetns

Google検索と同じインターフェースで、無料で読める英語で書かれた特許を検索することができます。

https://patents.google.com/

テキストコミュニケーション

Slackなどコミュニケーションツールの普及に合わせて、チャット形式でのテキストコミュニケーションの重要性が増してきました。本項では、英語のテキストコミュニケーション能力を鍛える方法を紹介していきます。

Tech系Slackコミュニティ

Slackには技術分野や地域など、共通の関心を持ったエンジニアが集まるコミュニティが多数存在します。自分が関心のある英語のコミュニティに参加することでして議論に参加することで、テキストコミュニケーションに徐々に慣れていくでしょう。

1. 46 Slack groups for developers

gazou

エンジニアが集まるSlackコミュニティを、テーマとの相関性、コミュニケーション頻度などレーティングしてまとめられたページです。

https://techbeacon.com/46-slack-groups-developers

2. The Full List of 400 Slack Communities

gazou

製品開発に関するコミュニティを中心に、400ものコミュニティが紹介されているページですています。

https://medium.com/startupsco/the-full-list-of-400-slack-communities-5545e82cf65d

Tech系の質問サイト

リアルタイムでのチャットに自信のない人は、まずはエンジニア向けQ&Aサイトを利用してみるのがおすすめです。ビジネスメールのような固い回答をする人や、一言で回答する人などさまざまなコミュニケーションが飛び交っています。リアルタイムでのやりとりではないため、テキストコミュニケーションの第一歩としてはに慣れるはのにちょうど良いでしょう。

1. Slack Overflow

gazou

プログラマー向けのQ&Aサイトです。日本語サイトもありますが、ユーザーの絶対数が多い英語版を活用するほうが、英語の学習とともに情報の質量の点でも有意義です。

https://stackoverflow.com/

まとめ

本記事では、英語の「ヒアリング」「リーディング」「テキストコミュニケーション」の能力を高める方法をお伝えしました。英語を習得することで、エンジニアの今後の活躍の場面は間違いなく増えていきます。

本記事で紹介したサイトを活用して、英語能力を高めていきましょう。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ