フリーランスエンジニアに年齢って関係あるの? 【現役と目指す人向けに解説】

FREELANCE-ENGINEER

フリーランス _エンジニア_年齢_アイキャッチ

「フリーランスエンジニアに年齢制限ってあるの?」
「フリーランスエンジニアがもっとも活躍できる年齢が知りたい!」
「年代別にフリーランスエンジニアになる方法が知りたい!」

未経験でこれからフリーランスエンジニアを目指す人、もしくは現役のエンジニアからフリーランスとして独立したい人はこのような悩みをお持ちだと思います。

結論から言うと、フリーランスエンジニアになるのに年齢制限はなく、何歳からでもフリーランスエンジニアとして活躍することができます。

しかし、年代やキャリアごとに活躍できる幅は異なり、予めどの年代ではどれくらい活躍できるのか知っておくことで、フリーランスエンジニアとして成功できます。

そこで本記事では、フリーランスエンジニアがもっとも活躍できる年齢や、何歳から最大何歳まで活躍できるのか、年代別に現役と未経験でどのようにしてフリーランスエンジニアになれるのかまで網羅的に解説します!

<本記事を読むとわかること>

  • 20代、30代、40代それぞれでフリーランスエンジニアになれるのかどうか
  • フリーランスエンジニアがもっとも活躍できる年齢
  • 自分がどのタイミングでフリーランスになるのが最適なのか

フリーランスエンジニアの年齢について

フリーランス _エンジニア_年齢

フリーランスエンジニアの年齢層に関してですが、もっとも多いのが30代前後の人です。

フリーランスエンジニアに年齢の制限はありませんが、年齢によって活動できる範囲や、できる仕事、収入の面が異なってきます。

もっともフリーランスエンジニアとして活躍できる年齢と、年齢制限については以下のとおりです。

  • もっとも活動できる年齢:30歳前後。若い体力と豊富な知識を活かして活躍できる
  • 何歳から働ける?:何歳からでも可能。しかし経験が浅いので収入は低い
  • 何歳まで働ける?:年齢制限はない。ただし、若い人材に負けない体力と行動力が必要

これらの年齢別の特徴を深掘りして解説します。

もっとも活動している年齢層

フリーランスエンジニアとしてもっとも活動している年齢層で多くを占めるのが30歳前後です。

30歳前後でフリーランスエンジニアとして活動している人の特徴は以下の3つです。

  • 会社員としてエンジニアの実務経験がある
  • 若く体力があり、行動力がある
  • 即戦力となるプログラミングスキルを持っている

30歳前後でフリーランスエンジニアになる人の特徴としては、元々IT系の企業で3年〜5年ほどエンジニアとして働き、退職した後にフリーランスとして独立する人が多いです。

つまり、実務経験が豊富で、即戦力となるプログラミングスキルを持っているので、フリーランスとして独立しても成功しやすいというわけです。

マッチングサービス『Workship』の案件ページの募集条件

フリーランスエンジニア向けの高単価な案件を紹介している『Workship』でも、実務経験が必須の求人が多いので、このようなエージェントサービスを利用して活躍する人も実務経験豊富な30歳前後の利用者が多いです。

何歳からフリーランスエンジニアになれる?

何歳からフリーランスエンジニアになれるのかという疑問に対しての答えは、何歳からでもフリーランスエンジニアになれます。

ただし、20歳以下の未成年の場合は「未成年者登録簿」という書類を「開業届」と一緒に提出する必要があります。

最近では、20代の若者のフリーランスエンジニアが増えてきています。

理由としてはフリーランスとして働きつつTwitterやYouTubeで情報発信している人が多く「フリーランスは自由!」といった風潮があるので、憧れて独立する人多いためです。

20代の若者でフリーランスエンジニアになっている人の特徴は以下の3つです。

  • Web系のプログラミング言語を得意とする
  • ビジネススキルがそもそも高い
  • 情報発信力を持っていることが多い

20代のフリーランスエンジニアは、比較的習得が簡単なWeb系のプログラミング言語を習得している人が多く、Webサイト制作や、Webアプリケーションの開発の仕事を行なっています。

また、実務経験がないのにも関わらず20代で成功しているフリーランスエンジニアがちらほらいますが、その人達の特徴としては圧倒的にビジネススキルが高いです。

プログラミングスキル+付加価値をつけて上手く営業をしたり、情報発信を通じてそこから信頼を獲得し仕事に繋げるタイプの人もいます。

何歳までフリーランスエンジニアで働ける?

何歳までフリーランスエンジニアとして働けるのかというと、年齢制限はありません。

50代、60代、70代になってもフリーランスエンジニアとして活動することができます。

比較的高年齢の人で、フリーランスエンジニアとして活躍している人の特徴は以下の3つです。

  • 会社を退職し、長年の経験を武器に活動している
  • コーディング業務というよりはコンサルティング業務に携わる場合が多い
  • 人脈を使って仕事を簡単に受注できる

このような特徴があります。

IT業界は若い活力のある人材を必要としているので、高年齢のフリーランスが活躍できる場は少ないですが、長年の経験や人脈を活かして活動している人もいます。

また、実際にコーディングをするというよりかは、コンサルティング業務の仕事に就く人が多く、企業の若手エンジニア教育など、多岐に渡る業務ができます。

年齢別でフリーランスエンジニアのなり方を解説

フリーランス _エンジニア_年齢

次に20代、30代、40代と年齢別にフリーランスエンジニアになれる方法をご紹介し、現役エンジニアと未経験者それぞれのなり方についても解説します。

年代別によって、できる仕事の幅や、仕事を受注するルートも異なるので、これからフリーランスエンジニアになる人はぜひ参考にしてください。

20代からフリーランスエンジニア

20代からフリーランスエンジニアになるのは比較的簡単で、現役エンジニアの人で、そこそこ実務経験がればWorkshipなどのスキルシェアサービスを利用すれば簡単に仕事を受注できると思います。

20代の現役エンジニアの人は、とにかく若い力が魅力で、これからのポテンシャルにも期待できるので、フリーランスエンジニアとして成功しやすいです。

しかし、フリーランスエンジニアとして独立したとしても常に勉強をしてスキルアップしなければなりません。

IT業界は成長が著しいので、会社であればその流れをいち早くキャッチして、エンジニア教育の環境を設けてくれる場合がありますが、フリーランスは自分で行動する必要があります。

いまは、フリーランスエンジニアとして成功していても、将来的に成功する為には、日頃の勉強は欠かせません。

20代で未経験からフリーランスエンジニアを目指す人も、他の年齢層と比べるともっとも難易度は低く、まずはプログラミングスクールでWeb系のプログラミング言語を習得します。

  • 習得期間の目安:約8週間〜12週間
  • スクールの受講料:20万円前後

その後に、クラウドソーシング系のサイトで実績を作り、Workshipで仕事の幅をどんどん広げていけば、未経験でもフリーランスエンジニアとして成功できます。

<20代からフリーランスエンジニアになる方法>

  • 現役エンジニア:ある程度実務経験があれば、求人サイトで簡単に仕事が見つかる
  • 未経験者:プログラミングスクールでWeb系の言語を習得し、簡単な案件で実績を作り、仕事の幅を広げていく

30代からフリーランスエンジニア

30代からフリーランスエンジニアになるのも簡単で、とくに実務経験が5年以上ある現役のエンジニアの人であれば、いまの会社の年収よりも高い給料を得られるようになります。

 

たとえば、フリーランス向けの求人サイトのWorkshipではこのような、会社員の給料よりも高い案件が多く募集されており、実務経験が豊富であれば、十分仕事を受注できます。

30代の現役エンジニアがフリーランスになるのが一番安全で成功しやすく、かつ高単価な案件を受注できるので、おすすめです!

30代でフリーランスエンジニアとして活躍されている人で、Nemoto Tatsuro さんがいらっしゃいます。

Nemoto Tatsuro さんは中小のSIer系の企業でエンジニアとして働き、ベンチャーに転職し、2017年にフリーランスエンジニアとして独立されました。

実務経験が豊富なので、サーバーサイドとフロントエンドの両方のスキルを持っていて、Web制作を主な仕事にされているそうです。

▲ポートフォリオ:https://hardworkers.dev/

30代で未経験の人がフリーランスエンジニアを目指すには、少しハードルが高く、まずは転職サポート付きのプログラミングスクールに通います。

転職サポート付きのスクールでは、実務で通用する即戦力となるスキルを身につけることができ、スクール卒業後にそのままエンジニアとして転職できます。

そして、転職先で2年ほど実務経験を積めば、フリーランスエンジニアとして独立することが可能です。

フリーランスエンジニアは前職や学歴などは関係なく、スキル次第で収入を増やせるので、前職がIT系と関係なくても問題ありません。

<30代からフリーランスエンジニアになる方法>

  • 現役エンジニア:Workshipなどのサイトを使えば簡単に独立できる
  • 未経験者:転職サポート付きのスクールに通い、IT企業で2年ほど実務経験を積めばフリーランスになれる

40代からフリーランスエンジニア

40代からフリーランスエンジニアになるのは丁度よいタイミングだと思います。

エンジニア職は若い柔軟な思考力が求められており、社内も若い人材が比較的多いので、40代でフリーランスにキャリアチェンジするのはおすすめです。

40代となると、実務経験も豊富で、スキル的にも十分であり、人脈もそこそこあると思うので、フリーランスエンジニアとしては成功しやすいです。

知人の紹介から仕事を受注することもできるので、フリーランスエージェントや求人サイトを利用しなくても十分仕事を受注できると思います。

しかし、40代で未経験からフリーランスエンジニアを目指すのは、かなりハードルが高いです。

そもそも転職サポート付きのプログラミングスクールに通ったとしても、若い人材を求めているIT企業に40代から転職するとなると厳しいのが現実です。

事実、一部の転職サポート付きのプログラミングスクールでは年齢制限を設けていることも少なくはなく、30代未満という年齢制限が設けられたスクールなどもあります。

ですので、40代からフリーランスエンジニアを目指す人におすすめなのが、プログラミングスクールでWeb系の言語を習得し、クラウドソーシング系のサイトで少しずつ実績を作ることです。

<40代からフリーランスエンジニアになる方法>

  • 現役エンジニア:長年の実績を活かし、求人サイトを使わなくても独立ができる
  • 未経験者:即フリーランスエンジニアになることは難しいが、Web系のフリーランスなら可能性はある

まとめ

  • フリーランスエンジニアになるのに年齢制限はない
  • 年代ごとにフリーランスとして活躍できる幅は違う
  • 30歳前後がフリーランスエンジニアとしてもっとも活躍できる年代

執筆:HikoPro
編集:Workship MAGAZINE編集部
アイキャッチデザイン:T

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ