MFIで検索はどう変わる?Web制作者がチェックすべき3つのポイント

ENGINEER

みなさんは「MFI(モバイル・ファースト・インデックス)」をご存知でしょうか?

Googleは、MFIへの切り替えを2016年に発表し、2018年3月より順次MFIの適用を開始し、検索結果に大きな影響を与えました。

今回は、このMFIとは何か、MFIに対応するためサイト管理者は何をすべきなのかを整理していきます。

MFI(モバイル・ファースト・インデックス)とは、Googleがモバイル向けサイトの評価を重視すること

MFI(Mobile First Index:モバイル・ファースト・インデックス)とは、Googleの検索結果においてモバイル向けページを優先することです。

これまでのGoogle検索は、PC向けサイトをクロールし、それをもとに検索結果のインデックスを生成していました。一方でMFI以後は、モバイル向けサイトをクロールし、それをもとに検索結果のインデックスを生成します。

端的にいうと、PC向けサイトよりもモバイル向けサイトのほうが検索結果に大きな影響を与えるようになるということです。

なぜGoogleはMFIを重要視するのか

MFIの背景には、モバイル端末からの検索数増加があります。Googleは、2015年時点で主要国におけるモバイル端末からの検索が、PCからの検索よりも多くなっていることを公表しました。(出典:Google)

その後、Googleはモバイルフレンドリーの推奨、AMP対応(ページスピードの改善)、インタースティシャル広告を導入しているサイトの評価を下げるといった、モバイル向けの仕様変更を次々と行っています。今回のMFIも、その一環といえます。

これまで検索結果の上位に表示されていたPC向けサイトでも、モバイル向けサイトでは軽量化のためにコンテンツを減らしていたり、逆にモバイルでは重くて表示できなかったりすることがあると、モバイルでのユーザビリティは低下してしまいます。

モバイルでの検索が主流になる時代に向けて、モバイルでの検索体験を向上させることを重視したGoogleの施策がMFIなのです。

MFIに対応するための3つのポイント

Googleは「MFIに準拠したサイトから順次対応している」という発表をしています。MFIへの移行により大きく順位が変動すると予想されるサイトはまだ対象になっていないようです。

なお、すでにMFIに移行しているサイトには、Search Console上に通知が来ています。

MFI通知

▲MFI移行の通知(出典:Google

まだ来ていない方は今のうちにMFIへの対応を行っておきましょう。

今回は、MFIへ対応するための3つのポイントをご紹介します。

1. PC向け/モバイル向けサイトが同じ場合、新たな対策をする必要はなし

まず前提として、以下の場合はもともとPC向け/モバイル向けサイトがそれぞれ同じように(またはレスポンシブに)表示されるため、MFIに対して新たな対策を講じる必要はありません。

  • Webページがレスポンシブデザインになっている
  • Webページが全てAMP HTMLで作成されている
  • もともとPC用ページしか作成していない

2. PC向け/モバイル向けサイトそれぞれのコンテンツを一致させよう

サイトのコンテンツがPC向けサイトとモバイル向けサイトで大きく異なる場合、評価対象がモバイル向けサイトに切り替わることで、Googleからの評価が大きく変わってしまう可能性があります。

もしPC向けサイトでの評価を引き継ぎたい場合は、PC向けサイトと同じテキスト・画像・動画コンテンツを表示させるようにしましょう。

また、構造化データやメタデータが、PC向けサイトとモバイル向けサイトで同じになっているかもチェックしましょう。

3. PC向け/モバイル向けサイトでURLが異なる場合、それぞれ別個にSEO対策を行おう

PC向けサイトとモバイル向けサイトでURLを出し分けている場合もあるでしょう。

その場合、以下のポイントを確認し、検索エンジンに最適化していきましょう。

  • PC版とモバイル版の両方をSearch Consoleに登録する
  • hreflangタグで多言語化している場合、モバイル版のhreflangにはモバイル版のURLを、PC版のhreflang
  • PC版のURLを指定する
  • モバイルからのクロール頻度が増えても対応できるサーバーを採用する
  • robots.txtがPC向け/モバイル向けサイトどちらも問題なく機能しているか確認する
  • canonicalとalternateは正しく指定されているか確認する

以上の点に問題がなければ、MFIに移行されても評価が下がる心配はありません。

まとめ:SEOの観点で重要なのは、モバイルとPCでコンテンツを揃えること

MFIに最適化するためには、いかにPCと同じコンテンツをモバイルで遜色なく提供できるかが重要になってきます。

また、以下のようなモバイルでのUXを意識したページも良い評価になるとされています。

  • アコーディオンメニューなどにより、余計なコンテンツを省略する
  • 画像/動画コンテンツを軽量化し、サイトスピードをあげる

本記事でご紹介したのは、あくまで全てのサイトがMFIに移行した時、直接的にMFIによって順位が下がってしまうことを避けるための方法です。MFI時代のSEO対策を考えることが、これからの課題になっていきそうです。

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ