SEOの対策キーワード数は1ページに1つ!メタタグは効果なし!

SEOでの対策キーワードの数は1ページに1キーワードが最適です。

他にもタイトルやh1、使用比率、メタタグなど、SEOのキーワード数について紹介します。

SEO対策は1ページに1キーワード

SEO対策をする際の対策キーワードの数は、必ず1ページにつき1キーワードのみ設定しましょう。

SEOはキーワードに対してユーザーニーズを考えてコンテンツを作成する必要があるため、複数のキーワードを設定するとページが中途半端になり、順位が上がりづらくなります。

例えば「SEO キーワード 選定」「SEO キーワード 数」の2つのキーワードを設定した場合、「選定」に注力すれば1番に選定方法を伝えることになり、「数」で検索するユーザーが求めているものではなくなります。

タイトルとh1にはキーワードを1回

タイトルタグとh1タグは、SEOの中でも重要と言われているタグの1つです。キーワードの数は1回ずつ入れましょう。

テクニックではありますが、本質として対策キーワードを考えたページであれば、ページの内容を説明するためにキーワードを入れる事が最も内容を伝えやすいはずです。

注意点として、キーワードの入れすぎやキーワードを意識しすぎて日本語のおかしい文章になるのは順位の上がらない原因となるので気を付けましょう。

ページ内キーワード使用回数は適当

SEOでは、ページ内のキーワードの使用回数や比率といった内容が話題になりますが、あまり気にせず適当に使用するくらいがちょうどいいです。

変に意識しすぎると、日本語がおかしくなったり、キーワードの詰め込みすぎとなり順位が上がりません。

もちろん対策キーワードを全く使用しなければ、同様に順位が上がりませんが対策キーワードに対しての内容で対策キーワードが入らないことはまずありません。結果としてほどよく使用されている状態になります。

メタタグはSEO効果なし

SEOに関係あるメタタグとして「meta keywords」「meta discription」がありますが、現在はSEOの効果は全くないのでキーワードの数を考える必要はありません。

昔は、meta keywordsにキーワードを詰めれば順位が上がるなんて事もありましたが、現在は無意味でタグを空にしているサイトも数多くあります。

また、meta discriptionはスニペットに表示されるくらいでSEOの効果はほぼないと言われているので、キーワードは意識せずに魅力的なスニペットになるように設定しましょう。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ