主婦ライターが在宅で副業をするメリットとデメリット

主婦ライターとして、家事や育児の合間に副業ができたらなんて考えたことありませんか?

在宅で副業できる主婦ライターのメリットとデメリットを紹介します。

主婦ライターのメリット

1.副業で収入を得られる

一番のメリットは副業で収入を得られることです。

初心者のうちは簡単な仕事しか受けれず、1記事で数百円~1,000円ほどの報酬しかもらえませんが、スキルが高くなると1記事2,000~3,000円以上の報酬の仕事を請けられるようになります。

活動する時間にもよりますが、主婦ライターとして月間で数万円以上の収入を稼ぐのは稀ではありません。

2.家事や育児を優先できる

在宅で空いた時間に仕事ができるため、家事や育児を優先させることができます。

会社員であれば、オフィスで勤務時間は拘束されますが、主婦ライターの場合は違います。

家での時間を考えて、自分のペースで仕事を請けられます。

3.パソコンとネット環境のみで始められる

パソコンが苦手でなければ、パソコンとネット環境さえあれば気軽に誰でも始めることができます。

他のビジネスと違い、初期にかかる費用がないためお手軽です。

簡単に出来る点も主婦ライターが人気な理由の一つです。

4.未経験でも仕事できる

主婦ライターは未経験でもできるという魅力があります。

クラウドソーシングでは、口コミなどの簡単なタスクから記事構成をしっかりと考える記事まで、レベルに応じた仕事がたくさんあります。

自分に合った仕事をする中でスキルアップしていきましょう。

主婦ライターのデメリット

1.確定申告が必要になる

主婦ライターとして副業をする場合は、個人事業主となるため確定申告が必要になります。

確定申告をしなければ脱税となるため、必ず確定申告を行いましょう。

また、注意点として収入が一定以上になると扶養から外れる場合もあるため、報酬と控除額を計算して仕事を請け負いましょう。

2.子供がいるときは集中しにくい

主婦ライターとして在宅で育児の合間に仕事ができると言っても、やはり子供がいると仕事に集中しにくい場面があります。

子供が泣いてしまったり、飲み物をこぼしてしまったり、仕事に集中することが難しい場合は子供が保育園にいるときや寝ているときに仕事を進めましょう。

3.休憩の時間がなくなる

ただでさえ家事や育児で大変なのに、仕事をすると自分の休憩の時間が削られてしまいます。

副業で収入を得られるメリットはありますが、忙しくてつらくなってしまうと家庭にも影響がでてしまうため、自分の無理のないペースで仕事を請け負うようにしましょう。

4.仕事仲間がいない

主婦に限らず、ライターは基本的に仕事仲間がいません。

家の中、一人で作業をする寂しさは少なからずあるでしょう。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ