潜在顧客とは【意味/読み/英語表記】(せんざいこきゃく、Potential customer)

潜在顧客の概要

潜在顧客とは、まだ自分自身の課題を解決する商品やサービスを知らないが、その商品やサービスを知ることで、見込み客となる可能性がある顧客を指します。

潜在顧客の詳細

潜在顧客は自分のニーズについて正しく認識できていないケースも多くあります。企業はそのニーズを正しく認識してもらい、その解決法として商品やサービスを知ってもらうための働きかけを行います。オウンドメディアや広告、SNSなどを用いて情報を発信する施策などが有効です。

この潜在顧客に対して正しく情報を提供し、商品やサービスを認識してもらうと、その顧客はリード顧客となります。潜在顧客に対してリード顧客はすでに商品やサービスを知っており、一定の興味関心を持ちながら情報収集を行っている顧客のことです。

こうして順を追って顧客をナーチャリングしていくことで、最終的な取引へ繋げていきます。

インターネットの普及に伴って顧客が自ら情報収集するようになり、従来のプッシュ型のアプローチではなく、プル型のアプローチが好まれるようになりました。こうしたプル型のアプローチではなるべく早い段階から顧客と接点を持ち、関係を持続させる必要があります。

そうして徐々に潜在顧客からリード顧客を獲得し、ナーチャリングによって案件化につなげていく流れが生まれました。このリード顧客を獲得する活動をリードジェネレーションと呼びます。

潜在顧客の関連項目

ペルソナ

リード顧客

オウンドメディア

「潜在顧客」の記事一覧

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ