SNS戦略に最適なのはオーガニックマーケティング!有料広告との違いを検証

オーガニックマーケティングとは、広告を使わずに、検索エンジンやSNSの自然流入を利用した集客手法。SNS広告の種類が多様化してきた現在、ローコストで長期的な効果をあげられるオーガニックマーケティングに注目が集まっています。

トラフィックを集めたり顧客を獲得したりするチャンネルとして、効果的なのでしょうか。

オーガニックマーケティングとは?

オーガニックマーケティングとは、広告を使わずに、検索エンジンやSNSの自然流入を利用した集客手法。情報発信をするプラットフォームのアルゴリズムに沿った最適なコンテンツを作り、潜在顧客に見つけてもらいます。

そもそもオーガニックとは

農作物や化粧品などのキャッチコピーによく使われる「オーガニック」という言葉。

オーガニックという言葉は元々、「有機体の」「化学肥料を用いないで育てた」「器官の」「組織的な」「系統的な」という意味をもっています。

世間広くが認識している、「人工的な手を加えずに作ったもの」という意味以外にも、組織にまつわる意味合いも含んでいるようです。

最適なSNSマーケティング戦略は?ふたつの手法を比べてみよう!

オーガニックマーケティングと有料広告は、それぞれそのような条件下で最も効果を発揮するのでしょうか。ターゲット、コスト、トラッフィスクの種類、期間、ビジネスモデルの各視点で比較して見ました。

オーガニックマーケティング 有料広告
ターゲット層 フォロワー 性別や年齢、趣味などに基づいた特定の人
コスト 無料 投資が必要
トラフィック 長期継続的なトラフィック スポット的なトラフィック
期間 長期的に蓄積される 広告掲載中のみ向上
ビジネスモデル B2C B2B , B2C

上記の法則は、個人のアカウントにも適用されます。

オーガニックマーケティングを利用するポイント

SNSフィードのアルゴリズムを理解する

SNSのタイムラインや検索結果は、Google検索と同じく独自のアルゴリズムのもとに表示されています。まずはそのルールを把握しましょう。

各SNSのアルゴリズムは異なった働きをするため、仕組みを理解することは簡単なことではありません。ここでは3つのSNSにおけるヒントを解説します。

Facebook(2017年10月時点)

Facebookのニュースルームによると、重要視されていることは以下の4点です。

  • 家族や友人の情報が最優先される
  • 面白いアイディアだと感じる人が多い記事が優先される
  • ユーザー個人の関心事項に焦点が当てられる
  • 読み込みが早いページが優先される
  • スパムコンテンツは表示されにくい

シェアやいいね数が多ければいいという単純なものではありません。ユーザー個人のユーザーエクスペリエンスを深く考慮したアルゴリズムになっているのです。

YouTube(2017年10月時点)

Youtubeにおいては、次のようなコンテンツが上位に表示されます。

  • 視聴者の動画再生時間の平均が長い
  • 動画の概要欄やタイトルに、検索クエリが含まれている
  • 動画への高評価、低評価
  • 「興味なし」のフィードバックが影響している

Twitter(2017年10月時点)

Twitterでは、2016年から、タイムラインのトップにユーザーが関心をもつであろう投稿が優先的に表示されるようになりました。

  • 「話題のツイート」はキーワードとの関連性順
  • 嫌がらせツイートを下位に表示する

これらのアルゴリズムは随時更新されてしまいます。しかし専門家がいくつかのアルゴリズムを徹底的に分析した結果、Googleのアルゴリズムと同様に、SNSのアルゴリズムも基本的に可能な限り最大限のユーザエクスペリエンスを提供するように設計されていることを発見しました。

要するに、SNSアルゴリズムの目的は「最も関連性の高い人々に最高のコンテンツをオススメする」というとてもシンプルなものです。オーガニックマーケティングでトラフィックを拡大する鍵は、質の高いコンテンツのうち、ターゲットオーディエンスに関連するもののみを投稿することです。

オーガニックマーケティングの使いどき

Webサイトのトラフィックを生成するオーガニックマーケティングの利用ケースを見てみましょう。

ケース1:長期的な利益を得たいとき。サービスを長く続けるなら◎

潜在顧客に注目されるには時間がかかりますし、一夜にしてフォロワーをWebサイトに訪問させることは困難なことです。継続することこそで持続的なトラフィックを享受できます。

ケース2:ターゲット層が未特定の場合

特定のターゲットの客層を絞り込めていないときは、商品やサービスを販売するために、オーガニックSNSマーケティングをすることが理想的です。

ケース3:マーケティング予算がタイトなプロジェクトに

マーケティング予算が限られている会社では、有料の広告に投資し続けることは難しいでしょう。したがって、そのような企業はSNSのフォロワーをWebサイトへ促す為に、オーガニックSNSマーケティングを選択する必要があります。

有料広告を利用するポイント

多くのマーケターは、有料の広告が結果を出してくれると信じていますが、単に有料の広告に投資するだけでは上手くいかない可能性があります。

広告カードのクリエイティブが、クリックするのに値するレベルであるかを確認しましょう。

有料広告の使いどき

ブランドの認知度を高める

スタートアップの際、起業家のSNSチャネルにたくさんのフォロワーがいることはまずありません。したがって、短期間で注目を集めるためには、有料の広告を利用する必要があります。

期間限定キャンペーン

あなたはSNSユーザーに期間限定や特別なキャンペーンを期限前に知ってもらう必要があり、フォロワーがキャンペーンが終わった後にページを見ても、意味がないのです。そのため、期間限定の商品やサービスをマーケティングする場合は、必ず有料の広告を利用するべきでしょう。

瞬時にWebサイトにトラフィックを集める

オーガニックSNSマーケティングとは異なり、有料の広告はすぐに結果をもたらします。広告がSNSチャンネルに掲載されると、あなたのサイトにたくさんの人が訪れるでしょう。有料のSNS広告は、新しい告知の予定、ブランドの新商品やサービスを立ち上げるときに最適です。

特定の客層にターゲットを設定する

最適化された有料の広告では、ユーザー層や地域の詳細に基づいて特定のユーザーグループをターゲティングできます。あなたが提供している製品やサービスを探している見込み客である可能性が高く、このような人々は広告をクリックしてサイトを訪れることでしょう。

オーガニックマーケティングにおける勝利の手がかりは、統計データの測定と分析

SNSマーケティングに関して万能な解はありません。たとえば、ファーストフードチェーンのレストランではシンプルなオーガニックのFacebookの投稿だけで、お客さんが殺到するかもしれません。一方、小規模なモバイルアプリ開発会社では、プロモツイートで劇的な結果が得られるかもしれません。

一方で有効なことが、他の別のものに対しては有効でないかもしれません。

したがって、SNSからたくさんの訪問者を獲得するには、ユーザーがあなたのサイトをアクセスしたくなるような、とても伝染力の高いコンテンツを定期的に投稿する必要があります。

すべてのチャネル、キャンペーン、投稿を分析して、フォロワーとターゲットユーザーの興味を引く投稿の種類を探し、自分のブランドに最適なその特定のシナリオを見つけましょう。その上で成果を観測し、発信するチャネルやコンテンツを磨いてください。

2017年のSNSマーケティングを計画する際には、本記事を念頭に置いた上で、特定の状況に応じた適切な戦略を選択して下さい。

(翻訳:Kazunari Mino )

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ