スタートアップとは【意味/読み/英語表記】(すたーとあっぷ、startup)

【スタートアップの概要】

新しいビジネス領域やこれまでにないビジネスモデルで急成長し、市場を開拓することを目指すこと、またはそのフェーズにある企業や事業のこと。

【スタートアップの詳細】

ただ真新しいビジネスであるだけでは不十分で、短期間で急成長し、これまでにないイノベーションを起こすことで社会課題を解決し、世の中を変革することを目的とすることが特徴です。

大企業では投資できないような未成熟で不確実性の高い市場で、他社に先駆けてビジネスを成長させ、莫大な利益を生み出すことを目指します。その過程で多額の資金が必要になるため、多くの場合、個人投資家や機関投資家、ベンチャーキャピタルなどから資金調達を行います。 投資を受ける場合、上場または事業売却が対外的なゴールとなり、安定的な成長よりも急激な成長を求められることがほとんどです。

日本では「ベンチャー企業」とほぼ同じ意味で使われることも多いですが、スタートアップは「社会課題を解決する」「不確実性の高い市場でビジネスを行う」「資金調達を必要とする」「急激な成長が求められる」などの特徴がより顕著です。

【スタートアップの関連語】

資金調達

「スタートアップ」の記事一覧

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ