インターネットが普及しきった今、新しい顧客を探し既存顧客を維持するためには、良質なWebサイトが不可欠です。

Webサイト作りにお金がかかる時代は終わりました。WordPressのテーマを使えば、誰でもプロ並みのWebサイトを作れます。

今回は、ビジネスパーソンのニーズを満たす海外のWordPressテーマを8つまとめました。

1. Be Theme

ワードプレステーマ

選べるレスポンシプレイアウト

Be Themeに格納されている260のテーマは、すべてレスポンシブに設計されています。また、そのほとんどがマルチページ構成です。ヘッダーやサイドバーは好きなように配置できるし、フォントや背景も選び放題。イチからコーディングしたような、オリジナリティ溢れるテーマを完成させられます。

さまざまなプラグインとの互換性

Eコマース用プラグインの『WooCommerce』やイベントカレンダー、SEO対策ツールなどと互換性があります。テーマの作成者が、自分たちが欲しいと思う機能を内蔵しいるので細かな設定は必要なく、最短4時間でサイトが完成します。

ダウンロードも楽々

トップページには260以上のテーマが並んでおり、ワンクリックでプレビューを確認できます。お気に入りを見つけたら、『Muffin Builder』と『Options Panel』が引き受けます。Be のLayout Configuratorを使って、一からページを作ることもできます。そして、自分でコードを書く必要は一切ありません。

Be Theme

2. theme fuse

ワードプレステーマのページ

お目当のテーマを探しやすい

theme fuseの45以上のテーマは、「医療」、「eコマース」、「子供向け」、など30の用途に分類されています。すべてのテーマをプレビューしなくても、どんな機能が備わっているかわかるのは効率的ですね。

一押しパッケージは『The Core

『The Core』は、スタートアップビズネスのサイトを作るのに最適なソリューションです。20種類のテーマがパッケージとして売られており、ThemeFuseから6ヶ月のサポート を受けられます。

直感的な操作で要素の追加が可能

ドラッグ&ドロップで、写真や機能を追加できます。コードは一切書かずに、ヘッダーやフッターのカスタマイズも可能。お問い合わせフォームのバリエーションも豊富で、あなたのビジネスにあったレイアウトを選ぶことができます。

theme fuse

3. Oshine

写真メインなワードプレステーマ

写真を生かしたサイトを作るなら

フルスクリーンで写真を使ったり、写真をコラージュしてトップページに貼り付けたりと、すべてのテーマがビジュアルに訴えかけるようなテーマです。クリーンで近代的なデザインは、ファッションやクリエイティブ業界のスタートアップやスモールビジネスのブランディングに大いに役立つでしょう。

スタイルが選べる

パッケージには27種類のテンプレートが含まれてます。オプションパネルでは、ページレイアウトやカラースキーム、タイポグラフィーなどを変更可能。ヘッダーやメニューのスタイルは10種類以上用意されています。

Oshine

4. Houzez

ワードプレステーマの不動産

不動産関連のWebサイトに最適なテーマ

物件検索機能、評価・レビューシステム、オンライン支払システムなどの機能をもつほか、仲介者や仲介会社との連携もできます。管理業者、仲介業者、オーナーの誰もが使えるようカスタマイズもできます。ワークフローにあわせて機能を選びましょう。

さまざまなヘッダーオプション

スライダー、ビデオ、画像、またはGoogleマップのいずれかを選択できます。地域密着型ならその町の風景を映し出すのもいいし、ラグジュアリー不動産なら、豪華絢爛な物件のビジュアルで来訪者のハートを掴んじゃいましょう。

Houzez

5. Themify

ワードプレステーマ

ドラッグ&ドロップビルダーを採用

すべてのテーマに、クラス最高のドラッグ&ドロップビルダーが搭載されており、ライブプレビューを確認しながらレイアウトを作成できます。視差スクロール、背景ビデオ、アニメーションなどのエフェクトが付属しているので、高いオリジナリティを実現できます。

一押しのパッケージは『Ultra』

『Ultra』に含まれる34種類テーマはすべてレスポンシブ対応で、あらゆる業種、業界のサイトに応用可能です。ヘッダーから飛び出すメガメニューや、セクションスクロールなど、最新のデザイントレンドも取り入れられています。

Themify

6. Uncode

uncodeワードプレステーマ

細かいところまでこだわりたいなら

1px単位で調整が可能なピクセル・パーフェクト、幅や高さを統一する高度なグリッドシステムなどが搭載されています。ビジュアル編集ソフトの『Visual Composer』も付いているので、どんなクライアントにも納得してもらえる美しいWebサイトを構築できます。

ナレッジベースやチュートリアルが充実

はじめ方からオプションのくわえ方、ヘッダーの変更方法などが、Web上に掲載されています。ビデオチュートリアルもあるので、Wordpressに慣れていない人でもとっつきやすいはず。

Uncode

7. Kallyas

ワードプレステーマ50

5年も人気を維持するベストセラーテーマ

『KAILLAS』は、WordPressテーマのベストセラートップ15に5年近く入っている人気プロダクトです。50種類以上ある中から選んだテーマをワンクリックでインストールできます。『Zionビルダー』もいちからデザインしたい場合もこのパッケージを活用できます。

サービスが手厚い

SEO、レスポンシブ、『WooCommerce』対応など様々な機能を満載しており、アップデートは無料。専門のサポートチームによる指導も受けられます。これまでに18,000人以上のWebプロフェッショナルが『KAILLAS』を利用しました。

KALLAS

8. THEGEM

thegem

メニューレイアウトが豊富

PC向けでは幅広メニューやハンバーガーメニュー、オーバーレイなど。モバイル端末向けでは、スライド式やスライドトップ、オーバーレイなど、動きがあって楽しいデザインが含まれています。サイトが強調したいことに合わせてカスタマイズしましょう。

 SEOやページスピード関連の機能も標準搭載

見出しと画像の適切な使用をサポートします。SEO結果を出すのに便利なショートコードも多数。Yoastや他のSEOプラグインとの互換性もバッチリで、Facebook、Google+、Twitterのシェアボタンも簡単に設置できます。他には価格表、事例紹介など、CTAに貢献するようなコンテンツも多数用意されている優れものです。

THEGEM

(翻訳:Nobuo Takahashi)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ