Webマーケティング初心者におすすめの本12選まとめ

Webマーケターになりたい方はもちろん、エンジニアやデザイナー等のクリエイターの方も、Webマーケティングを理解しておくことはビジネスを成功させるために大切です。

そこで今回は、Webマーケティングの勉強におすすめの本を、Webマーケターの私が12冊ご紹介します!実際に私が読んだものばかりのため、自信をもっておすすめできます。

(なお、本記事に記している価格はAmazonにて2018年11月現在の価格であり、変動する可能性があります。あらかじめご了承ください)

Webマーケティング初心者向けのおすすめ本12選

1. はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義

Amazonより

この本ではWebマーケティングについてイチから丁寧に解説しています。具体的な手法ではなく、Webマーケティングの基礎の部分が書かれています。

そもそもWebマーケティングとは何か?といった初歩的な内容から、最終的にはWebページやSNSを活用したマーケティングの仕組みまで学習できます。Webマーケティングの概観を知りたい方にぴったりの一冊です。

Webマーケティングに馴染みのない方でも、本書に記されているWebマーケティングの具体的な活用例や図解による解説を読むことで、Webマーケティングがいかになされているのかをイメージしやすいでしょう。

Webマーケティングについてこれから勉強を始める方は、まずはこの本から始めることをおすすめします。

タイトル はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義
著者 押切 孝雄、上田 大輔
価格 2,570円
購入URL Amazon

2. マンガでわかるWebマーケティング Webマーケッター瞳の挑戦!

Amazonより

Web担当者Forum発の人気漫画『Webマーケッター瞳』が書籍化されたものです。

漫画のため、ひょっとすると「内容が薄いのではないか?」と考えてしまうかもしれませんが、決してそんなことはありません。

Webマーケティング基礎的な知識から、現場で役に立つノウハウまで効率よく学べます。

ただし、広告運用やSEOなど、一つひとつの実践的な内容については他の本で補充すると良いかもしれません。

短時間で実務で役に立つWebマーケティングを学ぶ必要がある方におすすめです。なお、本書は続編もあります。本書の続きが気になる方は、続編もおすすめです。

タイトル マンガでわかるWebマーケティング
著者 村上 佳代 (著), ソウ (イラスト)
価格 1,944円
購入URL Amazon

3. いちばんやさしいデジタルマーケティングの教本

Amazonより

この本ではWebを活用したマーケティングの概要を「トリプルメディア」という考え方に沿って解説しています。

トリプルメディアとは、オウンドメディア(自社Webサイト)、ペイドメディア(広告)、アーンドメディア(ソーシャルメディア)の3つのメディアを利用してWebマーケティングを行おうという考え方です。

トリプルメディアの関係性、それぞれの活用法を学ぶことでWebマーケティングを俯瞰的に理解できます。

Webマーケティングの知識を一通り学び、実践に活用したい方におすすめです。

タイトル いちばんやさしいデジタルマーケティングの教本 人気講師が教えるメディアと販促の新しい基礎
著者 田村 修
価格 2,138円
購入URL Amazon

4. すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング123の技

 

Amazonより

Webマーケティングの具体的な手法を網羅した本です。

ウェブコンテンツ制作、SEO施策、広告運用、SNS運用とWebマーケティングの実践的なノウハウが盛り込まれています。

前提知識がなくても一通り読めて、すぐに実践できるような手法が多く書かれています。Webマーケティング初心者は、この本に書いてある内容から施策を始めると良いかもしれません。

「Webマーケティングが大切なのは分かったけど、具体的に何をすればいいのかわからない!」とお悩みの方は一読して損なしです。

タイトル すぐに使えてガンガン集客! WEBマーケティング123の技
著者 山田 竜也
価格 2,462円
購入URL Amazon

5. 沈黙のWebマーケティング

Amazonより

Webマーケティングで重要なWebページ上のコンテンツの作り方や、SNS運用の原則がわかりやすく学べます。

Webマーケティングを行うためにはSEOや広告運用の技術が重要であることはもちろんですが、その前段階として自社のSWOT分析(自社商品やサイトが他社に比べてどのような強み、弱みを持っているのかを分析する手法)を行ったり、サービスを購入してくれるようなWebサイトとコンテンツを作る必要があります。

本書では、SWOT分析を行い、自社の特徴をマーケティングの施策に活かす方法や、ユーザーのニーズに刺さるWebサイトの作り方が、小説形式で楽しくわかりやすく解説されています。

これからWebページを作ってマーケティングを行う方におすすめです。

タイトル 沈黙のWebマーケティング
著者 松尾 茂起 (著), 上野 高史 (イラスト)
価格 2,376円
購入URL Amazon

6. ネット広告運用“打ち手”大全 成果にこだわるマーケ&販促 最強の戦略102 できるMarketing Bible

Amazonより

本書は、Webマーケティングの中でも広告運用に特化しています。

広告運用でつまづきやすいポイント、成果が思うように上がらない時に改善すべきポイントが簡潔にまとめられています。

また、Web広告は2018年現在、Facebook広告とGoogle広告の2つが主流です。本記事ではこの2つの広告運用を中心に解説されています。

タイトル ネット広告運用“打ち手”大全 成果にこだわるマーケ&販促 最強の戦略102 できるMarketing Bible
著者 寳 洋平 (著), 辻井 良太 (著), 高瀬 順希 (著)
価格 2,700円
購入URL Amazon

7. いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本

Amazonより

書名の通り、コンテンツマーケティングの基本が一通り学習できる本です。

コンテンツマーケティングは「ブログを書けば良い」と考える方が多いかもしれませんが、必ずしもそれだけではありません。

コンテンツマーケティングは下記のような事項を踏まえた上でコンテンツを制作し、サービスの購入まで繋げることが重要です。

  • 適切なゴールを設定
  • ユーザーの集客からサービスの継続購入までの流れを計画
  • 最適なコンテンツは何かを検討

本書では、コンテンツマーケティングの全体像から、具体的なプランに沿ったコンテンツマーケティング手法まで包括的に学べます。

タイトル いちばんやさしいコンテンツマーケティングの教本 人気講師が教える宣伝せずに売れる仕組み作り
著者 宗像 淳 (著), 亀山 將 (著)
価格 1,922円
購入URL Amazon

8. 10年つかえるSEOの基本

Amazonより

Webマーケティングの中でもSEOについて丁寧に解説されています。

SEOとは、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略で、Googleの検索結果の上位に自社のサイトを表示させるための施策のことです。

SEO対策は成功すれば集客コストの削減や長期にわたる集客など、Webマーケティング活動の大きな助けとなります。

本書では「そもそもSEOとは何か」といった基本的な内容から丁寧に解説されているので、これからSEOをイチから学ぶ方にぴったりです。

タイトル 10年つかえるSEOの基本
著者 土居 健太郎
価格 1,598円
購入URL Amazon

9. SEO対策のための Webライティング実践講座

Amazonより

本書ではWebコンテンツを制作する上で大切なwebライティングのノウハウを学べます。

SEO対策を行うためにはGoogleに評価されやすく、ユーザーが読んで得をするコンテンツを作成する必要があります。

そのため、SEOによってWebマーケティングを行うならば、Webライティングについての知識を一通り学んだ上でコンテンツ制作を行うことが重要です。

本書ではWebライティングにおけるコンテンツ企画から作成したコンテンツの改善までの全行程を詳しく解説しているので、本書を読みながら記事制作を行ってみましょう。

ただし、SEO対策はGoogleのアップデートと共にその手法も日々変わっていきます。そのため、本書にてSEOライティングの基本的なノウハウを学んだ後は、ブログや書籍を通して最新のSEO情報を常にキャッチアップしましょう。

タイトル SEO対策のための Webライティング実践講座
著者 鈴木 良治
価格 2,138円
購入URL Amazon

10. これからはじめるSEO内部対策の教科書

Amazonより

本書はSEOの内部対策について解説されています。内部対策とは、Googleに評価されやすいサイト構造を作り上げることです。

WebマーケティングのためのSEOというと、Webライティングについて解説しているブログや書籍が多いです。そのため、SEOの内部対策についてはあまり学習していない人も多いです。

しかし、内部対策を怠ると、いくら良質なコンテンツを作ってもGoogleからの評価は一向に上がらない……なんてこともあり得ます。

本書の内容を参考に、Googleに評価されやすいサイト作りを行ってください。

タイトル これからはじめるSEO内部対策の教科書
著者 瀧内 賢
価格 2,030円
購入URL Amazon

11. 現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書

Amazonより

本書はwebマーケティングの中でもWebサイトの分析について焦点を当てています。

Webマーケティングは、単に広告運用やSEO対策をすれば良いわけではありません。マーケティングの効果が出ているかを正しく検証し、改善を繰り返すことが大切です。。

本書では、Webマーケティング施策についての基本的な知識や分析方法から、データをもとにしたマーケティング改善方法まで詳細に解説されています。

Webマーケティング初心者でデータ解析に慣れていない方は、本書を読みながらサイトの分析・改善を行ってみましょう。

タイトル 現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】
著者 小川 卓
価格 3,218円
購入URL Amazon

12. SNSマーケティングのやさしい教科書

Amazonより

Facebook、Twitter、Instagramをはじめとした主要SNSを使ったWebマーケティング手法がまとめられた本です。

SNSアカウントの運用方法、マーケティングへの活用方法は、身近なようで意外と方法がわからないものです。

本書では、ビジネス用としてSNSアカウントを運用する際のノウハウが網羅されています。

「SNS運用担当になったけど、何をすればいいの?」
「フォロワーは増やしたけど、マーケティングのためには次に何をすればいいの?」

という方におすすめの一冊です。

タイトル SNSマーケティングのやさしい教科書。 Facebook・Twitter・Instagramーつながりでビジネスを加速する技術
著者 清水将之
価格 2,268円
購入URL Amazon

おわりに

いかがでしたか?

今回はWebマーケティング初心者におすすめの本を12冊紹介しました。

Webマーケティングといっても、扱う内容は非常に多岐に渡ります。

本記事で紹介した本の中から自分に必要なものを選び、Webマーケティングについて効率よく学んでください。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ