Amazon Japan新オフィスは、”新しい働き方のテーマパーク”だった

2018年9月19日、Amazon Japan新オフィスおよびAWS公式コワーキングスペース『AWS Loft Tokyo』のお披露目イベントに参加してきました。

この度、Amazon Japanの新オフィスは「目黒セントラルスクエア」高層階に入居しました。目黒駅から徒歩30秒のところに位置しており、立地は抜群です。

本記事では、Amazon Japanの新オフィスの様子をお届けします!今の働き方にふさわしい、魅力的なオフィスでしたよ!

フリーアドレス制を導入。”ゆらぎ”を意識した緑豊かなオフィス

▲仕切り壁や天井など、あらゆる場所が流線型で構成されている

Amazon Japanの新オフィスは、全体的に流線型が意識されています。従来の定規で線を引いたような画一的なオフィスではなく、”ゆらぎ”をもたせた柔軟性の高いオフィスを目指して設計されたとのこと。

また、基本的には社員の仕事する場所は決まっておらず、フリーアドレス制が導入されています。個人の働き方にも”ゆらぎ”を持たせようとしていることがうかがわれます。

緑

オフィス全体には緑がふんだんに盛り込まれており、全体で600種類以上の植物が植えられているとのこと。

Amazon Japanの社員が気持ちよく働けるよう、快適な環境づくりがすすめられています。

集中スペース

緑に囲まれた集中作業スペースも。

この他にも集中スペースは随所に点在しており、コミュニケーションの場と集中作業の場がしっかりと分離されている印象を受けました。

ホワイトボード

こちらはデスク全体がホワイトボードになっている作業スペース。

Amazon Japanオフィス内にはホワイトボードがさまざまな場所に点在しており、いつでもどこでもMTGやブレストが行えるような仕組みが作られています。

びよーん

オフィス内にはゴムバンドを用いたストレッチ器具も点在しています。仕事の途中にいつでもリフレッシュできますね。

遊び心満載!Amazon社員の憩いの場、ダイニングホール

27F

同ビルの最上階には、Amazon社員が利用できるダイニングホールが用意されています。クオリティの高い料理が、カロリー表示付きで掲載されています。

日本語と英語の2ヶ国語で表記されており、ダイバーシティ(多様性)を意識したAmazonのスタイルが垣間見えます。

料理

サラダやフルーツバイキングなども用意されており、柔軟にその日の食事をカスタマイズできます。

パン

パンなどの軽食の販売も。価格設定は非常にお安くなっています。

みどりーん

オフィスフロア同様に、ダイニングホールも非常に緑豊かな環境となっています。リフレッシュには最高ですね。

リラックス

食事や休憩も自由なスタイルで。さまざまなデスクやチェアが用意されています。

セルフレジ

お会計は食後となっています。

お盆を規定の位置に置くことで自動的に会計が表示され、amazon payで支払いを完了できるシステムが導入されています。ダイニングホールでは、完全なキャッシュレスが実現されているとのことです。

マッサージ室や仮眠室、礼拝堂や授乳室まで。ダイバーシティを重視したさまざまな設備

Amazon Japanのオフィス内には、さまざまなレクリエーション施設や、個人の働き方に合わせたさまざまな設備が用意されています。

今回はその一部をご紹介します。

ヨガ

こちらはヨガルーム。主に終業後に夜景を眺めながらヨガを楽しむとか。ビルの最上階から眺める夜景はさぞ素敵なことでしょう。

バンド

完全防音の音楽ルームも用意されています。バンドなどの部活動によって頻繁に利用されているとか。

仮眠

業務中のリフレッシュ用に、静かな仮眠室も。なお、利用は一回につき20分までに制限されています。

まっさ

さらにはマッサージルームなんてものも。常駐のマッサージ師が適宜対応してくれるそうです。いいなぁ……。

シャワー

シャワールームは男性用、女性用、そしてユニセックスのものが設置されています。

Amazonはマイノリティ、宗教、障がいの有無、性同一性、性的指向などのダイバーシティに対応し、雇用機会均等の積極的な差別是正措置を推進しているとのこと。このような性を区別しない設備も、差別是正の一環と考えられます。

授乳

授乳室も完備。内部から鍵をかけられるため、お母さんには安心です。

礼拝室

シンプルではありますが、礼拝室も用意されています。

こちらは宗教・宗派に関わらず、誰でも自由に使えるそうです。

まとめ

いかがでしたか?

Amazon Japanの新オフィスは、さまざまな働き方やダイバーシティに柔軟に対応した、誰でも快適に働けるオフィスとなっていました。私もこんな環境で働いてみたいなぁ……!

取材に同行した編集部員が「まるでディズニーランドみたいな施設だ……」と絶句していたのが印象的でした。

よろしければAmazon Japanの新オフィスを参考に、あなたのオフィス環境も見直してみてはいかがでしょうか?


また本記事で紹介した以外にも、目黒セントラルスクエアの17FにはAWSが管轄するAWS Loft Tokyo(コワーキングスペース)が入居しています。

Workship MAGAZINEにはAWS Loft Tokyo潜入レポの記事も掲載しておりますので、よろしければご覧ください。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ