教育は基本的人権のひとつであり、社会において最も重要な役割を担っています。

揺るぎない社会的基盤を築くために、教育システムは常に効果的なものでなければなりません。そのためには、最新技術を十分に活用していくことが重要です。

しかし現在の教育機関には最新技術に精通した人が少なく、また教育リソースや予算も限られています。これらの問題は、これからの社会におけるリテラシー成長を妨げる原因になりかねません。

今回は教育に拡張現実(AR)技術を取り入れ、教育システムをアップデートする6つの方法をご紹介します。

教育における拡張現実(AR)活用の有効性

拡張現実(AR)が教育システムに役立つポイントとして、以下の4つが挙げられます。

  • コンテンツ充実:より深く、多角的に観察できる学習リソースを提供できる
  • 学習効率の良さ:より効果的かつ理解しやすい方法で教えられる
  • スムーズな提供:教育プロセスを簡素化できる
  • 結果につながる:生徒のパフォーマン向上に貢献できる

それでは学習をより効果的なものにするために、拡張現実(AR)が与える6つの可能性を以下で見ていきたいと思います。

拡張現実(AR)が教育・学習をアップデートする。6つの注目すべきポイント

1. 指導方法の選択肢を広げられる

拡張現実(AR)はより分かりやすく、インタラクティブな教育コンテンツを提供できます。

たとえば先生たちは拡張現実(AR)を使うことで、人体の内側がどのように動いているかを動的かつわかりやすく伝えられるでしょう。通常は抽象的な話にとどまってしまう内容でも、拡張現実(AR)を使えば視覚的に解説できます。

Biology

また拡張現実(AR)は、学習のなかで生徒に考える余地を与えられます。インタラクティブな説明を見せることで、生徒は自らの力で物事の仕組みを探れるのです。これはとりわけ、生物の機能を学ぶのにふさわしいでしょう。

2. 誰にとっても受けやすい教育を提供できる

身体的な障害がある生徒にとって、全ての学習プロセスを他の生徒と同じように体験するのは、時に難しいことがあります。拡張現実(AR)はこのような問題を軽減し、障害を持つ生徒がスムーズに学習を行うことにも貢献します。

たとえば近視の生徒が、アプリを使って画面上の物体のコントラストを調整したり、テキストのサイズを変えたり、オーディオによる解説を聞いたりすることが考えられます。拡張現実(AR)技術は、よりアクセシブルな教育環境を作れるのです。

3. より多くの人へ教育を提供できる

拡張現実(AR)アプリケーションは、より多くの人に教育機会を提供できます。特にさまざまな理由で学校や大学に出席できない人にも、教育プログラムを受けてもらえるでしょう。

Smartphone

拡張現実(AR)は、実際の教室における学びの体験を、部分的に代替できるのです。

4. 学習意欲を向上できる

現代において、生徒の学習意欲の低さは大きな問題のひとつです。

その理由として、以下のようなことが挙げれます。

  • 学習内容の説明が十分ではない
  • 勉強が生徒にとって面白いものでない
  • 生徒の集中を削ぐ勉強以外の要素が多い

拡張現実(AR)アプリは、これらの問題を解決するための手段にもなります。拡張現実(AR)の学習コンテンツは、従来の教育よりもワクワクするものが多く揃っています。生徒がその教科にあまり興味がなかったとしても、拡張現実(AR)でより詳しくわかりやすく説明することで、生徒を惹きつけられます。

5. 邪魔になる要素を最小限に留められる

先生にとって、生徒を授業に集中させることは大きな課題のひとつでしょう。

生徒の中には、以下のような集中力の続かないさまざまなタイプがいます。

  • そもそも勉強に興味のない生徒
  • 勉強以外のことに注目してしまう生徒
  • 学習を続けていてもすぐに飽きてしまう生徒

生徒を授業に集中させるためには、集中力を妨げるものを最小限に留めることが大切でしょう。そして集中力の阻害原因のひとつとして挙げられるのが、スマートフォンです。

しかし拡張現実(AR)は、従来であれば勉強の妨げになるスマートフォンを、教育ツールへと変えます。生徒のスマートフォンで拡張現実(AR)アプリを使ってもらえば、生徒を学習へ集中させやすくなるでしょう。

6. よりインタラクティブな学習を提供できる

言葉のみによって授業を行うのは、とても難しいことです。とくに化学や物理、生物などの科目を言葉のみで教えるのは非常に難しいでしょう。

しかし拡張現実(AR)を利用すれば、インタラクティブなデジタル素材による解説が可能です。特定のプロセスの基礎的なメカニズムを見せたり、生徒が実際にそれらのメカニズムを操作できるツールを提供したりすることで、より理解しやすい学習体験を提供できます。

Interactivity

拡張現実(AR)技術は、先生が説明をする従来のアプローチから、生徒が自ら物事を探り発見していく方法へと、教育をアップデートできるでしょう。

まとめ

教室において、拡張現実(AR)技術が最大限活用されるようになるまでは、まだ少し時間がかかりそうです。

しかし拡張現実(AR)の技術が、教育の問題に対してポジティブな影響を与えることは明らかです。技術が普及し、世の先生たちにより多く利用されていくことを祈っています。

(原文:Aniket Anand 翻訳:Akiko Ogita)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ