Webデザイナーを使わずにECサイトやブランドサイトのデザインをはじめるとき、どのように進めますか? 今回は、デザインテンプレートを使用する6つのメリットと、購入できるWebサイトをご紹介します。

デザインテンプレートとは?

HTMLやCSS、アイコン、Javascriptなどをセットにした素材パックです。任意の文字や画像を変更するだけで、Webサイトが作れます。

使用用途や予算に合わせたさまざまなパッケージが販売されており、個人サイトや総合ショップから購入できます。特にWordPressのようなCMSにおいては、数多くのテーマが用意されています。デザインテンプレートやUIキットは、あなたに足りないスキルを補い、見た目や機能面の質を担保します。

テンプレートとは

デザインテンプレートを使う6つのメリット

1. 作業時間を短縮できる

WebサイトのデザインテンプレートやUIキットを使用する一番大きなメリットとは、作業時間を短縮できることです。デザインソフトを使用したり、HTML/CSS/PHPを使用してデザインをしなくても作れるので、学習コスト、作業時間を短縮できます。

テンプレートは購入する前にデモを見れるので、社内の意思統一もしやすいです。作ってからたくさんの修正が入っては、余分な時間がかかってしまいます。

2. デザインの一貫性を担保する

Webサイトの機能やデザインには一貫性が必要です。特に同じ会社や同じブランドでサイトを複数所有する場合に特に有効です。

ほとんどのデザインテンプレートやUIキットはカスタマイズ可能なので、必要に応じて要素のアセットを選べます。

3. 流行りのデザインテンプレートやUIキットからベストプラティクスを学べる

デザインテンプレートを使ううちに、アイコンや機能などそれぞれの要素がWebサイトでどのような役割を果たしているか理解できます。データからエレメントの作り方や、レイアウトなどデザインを構成するルールに至るまでを学ぶには十分な教材です。

再利用に強いデザインパーツの作り方を学びましょう。

4. プラグインや機能の追加不要

SEO最適化や分析などに精通していないデザイナーにとっては、クライアントの要望に沿ったアイテムを追加するのは骨折りな作業です。

組み込まれているアイテムの多くはユーザビリティが高く、初心者でも使いやすく作られたもの。また、このようなテンプレートには説明書やヘルプがついていたり、自動更新機能がついているので、運用もしやすいです。

5. お手頃価格なものも多い

安価なデザインテンプレートや無料のUIキットは数多く存在します。一度購入したら何度でも使用できるので、コストパフォーマンスも良好です。

値段が高ければ高いほど、デザインや機能が充実している傾向があるのは事実ですが、予算や規模に合うものを選びましょう。

6. コードがクリーンで軽量

口コミサイトで人気のデザインテンプレートは、コードの質も高いです。コードがクリーンで軽量だというレビューを受けている商品を探しましょう。

デザインテンプレートが買えるWebサイト

デザインテンプレートはどのような場所で購入できるのでしょうか。目的にあったテンプレートを探しやすい総合サイトをまとめました

TEMPLATE PARTY

テンプレートパーティー

個人サイト用、教育用、飲食店用、ビジネスなどに向けたレスポンシプテーマやCMS向けなど、さまざまなテンプレートが用意されています。

https://template-party.com/

無料ホームページテンプレート.com

無料

商用利用が可能な無料テンプレート集です。ライセンスを購入すれば、クレジットリンクを外すことができます。

http://f-tpl.com/

Webデザインテンプレート集

Webデザインテンプレート集

HTML/CSSを利用した、クールなデザインが特徴のテンプレート配布サイトです。個人利用なら自由、商用利用は要問い合わせ。

http://wdt.pekori.jp/

(翻訳:Yuri Tanaka)

 

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ