位置情報を活用したジオフェンス技術とは?GPSやビーコンが消費者にもたらすもの。

位置情報を活用したジオフェンス技術とは?GPSやビーコンが消費者にもたらすもの。

今、位置情報を使ったマーケティングは、技術の進展を背景に大きな変動期を迎えています。注目ワードのひとつが、ジオフェンス。街を歩いていると、スマホアプリに目の前にあるお店からクーポンが配信された……。近頃はそんな経験をした人もいるのではないでしょうか。

位置情報は、2017年は注目ワードにランクインしましたが、多くのマーケターにとってはまだ実感のないもの。

しかしターゲティング技術が豊富になり、ノウハウも蓄積され始め、実用化が進んでいます。今回は位置情報を使ったジオフェンスという技術に注目。どのようなことができるのか、ご紹介します。

ジオフェンスとは?

ジオフェンスは、地上に仮想の境界線を張り、その圏内に出入りすることであらかじめ指定された作業を自動で行うという技術です。

帰宅途中に指定のポイントを通過すると自動で家族に連絡が行くアプリや、スーパーマーケットの近くで特売のクーポンを受け取るアプリなどに、応用が進んでいます。

スマートホームにもその技術は使われています。例えばWink hubは、自宅と家主の距離を感知し、Nest社のサーモスタットとLutron社のライトを自動で点けてくれます。設定された地点を超えたら、システムが起動します。

ユーザーは位置情報についての技術を知らなくても、簡単な設定だけでジオフェンス連動デバイスを動かせるのです。日々の生活はより便利になって行きます。

ジオフェンスと、位置情報(ジオロケーション)はどのように違うの?

ジオフェンスは、位置情報(ジオロケーション)をアプリやデバイスに応用した技術です。

そもそも位置情報とは、端末の所在地をGPSやビーコン、Wi-Fiなどの技術で特定した情報のことです。行動の履歴をたどることで、その人がどんな生活をしているのかがわかります。

例えば月曜日から金曜日の日中は新橋に、夜は荻窪にいたという情報があれば、新橋で働くサラリーマンだということが特定できます。また、土日を使って八ヶ岳まで出かけた行動履歴があれば、登山が趣味だとわかるし、定期的に遊園地へ足を運んでいるのであれば、小さな子供がいると推定できます。東京駅から新大阪まで2時間半で移動した形跡があれば、新幹線を利用したということも突き止められます。

このように、位置情報データはターゲットの詳細趣味嗜好を把握できるのです。

そのテクノロジーを生かしたジオフェンスは、趣味嗜好や行動を把握した上でアプリにクーポンを配布したり、スマートホームデバイスの一機能として搭載したりと、私たちの生活の中にすでに浸透しつつあります。

ジオフェンス技術を使ったソリューション提供

ジオフェンスを活用するには、シナリオの設計が重要になります。

スターバックスの前を通りかかったドライバーに、クーポンが届いたとします。コーヒーを飲みたいという気分だった場合、とても喜ぶでしょう。しかし運転中にはスマートフォンが見れません。助手席に誰かを載せていなければ、来店してもらうのは難しい可能性が高いのです。

歩行者であればクーポンを見てもらいやすいですが、スターバックスの店舗は多いため、近くを通るたびに通知を行うと迷惑になります。

位置情報をマーケティングに使う場合は、ユーザーのシチュエーションを熟考してからアクションを起こすタイミングを決めましょう。

アメリカで400人を対象に行われたアンケートでは、84%が位置情報連動型アプリの通知をきっかけにサービスを利用した経験があるとわかりました。

引用:loyalzoo

ジオフェンスを導入するときに大切な3つのポイント

ターゲットのペルソナを明確にする

ターゲットを絞って通知を行います。ユーザーごとに異なる体験や交流を考慮して、通知方法を変更してください。通知に対してあなたの求めた反応が返ってきている場合は、通知が適切に行われています。

ジオフェンスはユーザーに価値を提供しなければなりません。頻度が高い、迷惑、役に立たないと感じた場合は通知を止められてしまうことがあります。通知を止められてしまうと、ジオフェンスは無駄になってしまいます。

信頼性を獲得する

77%のユーザーが位置情報を取得できるように設定しています。しかし、位置情報は時にユーザーを怖がらせることがあります。プライバシーを侵害されているという気分にさせないよう、特にバックグラウンドで位置情報を利用する場合は、ユーザーを注意深く観察して信頼を失わないようにしてください。

位置情報アプリを提供する企業は、業界全体の責任を負っているのです。

通知頻度や内容を最適化する

ジオフェンスの技術だけで、素晴らしい結果や経験を与えられるわけではありません。ユーザーへの過度な通知は控えてください。多くの通知よりも、適切な通知の方が効果的です。ユーザーが不快に感じないインタラクションを心がけてください。

ジオフェンスのこれから

ジオフェンスが実用化に向かったのは2014年のこと。当初は、開発メンバーの行動を時間軸と共にトラッキングし、情報を正確に取得・集計するためのテストを続けていました。取得した情報と、実際の地点が一致しているかを確認し続けました。

ユーザーのプライバシーを守れないのではないかと疑われていた時期もあります。今でもその考えを持っている人は少なくありません。

位置情報データを活用する意義を世間に伝えていく必要があるのです。単なるコマーシャルではなく、よりその人の日常に最適化された情報を発信するのですから、生活が豊かになる可能性もあるのです。家や車をリアルタイムでトラッキングすることが可能になれば、あなたが休暇を取って出かけているときに誰かが家へ侵入したら通報してくれるような未来だって実現可能です。

ジオフェンスは進化し精度も上がっていますが、発展途中の技術には変わりありません。
ユーザーの役に立つように位置情報と、今までの情報や想定される行動も上手く組み合わせてジオフェンスの技術を使用してみてください。

SHARE

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ