IoTとは【意味/読み/英語表記】(アイオーティー、Internet of Things)

IoTの概要

IoTとは、身の回りのさまざまなものがインターネットに接続が可能になる仕組みのことです。

IoTの詳細

インターネットはパソコンやスマートフォンなどの「コンピューター同士」によって行われるものでした。それが技術の進歩により、今ではテレビやエアコンなどに通信機能を持たせることが可能になっています。

このように、身の回りのあらゆる物がインターネットに繋がる仕組みを「IoT(モノのインターネット)」と呼びます。

従来のネットワーク通信では、ユーザーがデバイスに入力などの操作を行うことでデータが蓄積されていました。それがIoTを導入することで、センサーを取り付けた「モノ」が情報を収集し、人を介さずにデータを送信可能になります。

これにより「モノ」の遠隔監視や操作が実現し、大量の実行データ(ビッグデータ)が集まります。このビックデータを分析し、集計・活用することで、社会の利便性の発展へとつなげられます。

一方で、IoTの普及が進むことでインターネットに繋がるデバイスが急激に増え、サイバー攻撃の対象になる機器が多くなるという懸念もされています。セキュリティ面が今後の課題です。

IoTの関連項目

・5G
・音声インターフェイス
・機械学習
・位置情報

「IoT」の記事一覧

1235
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ