私たちがふだん目にする画像のほとんどはなんらかのソフトウェアで編集されています。そして編集ソフトウェアのなかでもよく知られているのがPhotoshopです。

しかしPhotoshop以外の選択肢がないわけではありません。Photoshopには無料の画像編集ソフトウェアGIMPというライバルがいます。

今回は11のポイントから、GIMPとPhotoshopを比較してみましょう。

GIMPとは

Gimp vs Photoshop

GIMP(GNU Image Manipulation Program)は、無料で提供されているオープンソースの画像編集ソフトウェアです。WindowsやMacOSをはじめとした、ほぼすべてのOSで利用できます。

オープンソースなので、誰でも自由にプログラムのソースコードを変更可能。

オプションやサードパーティー製ツールが使える点も魅力です。

このようにGIMPは、自分の目的にあった画像編集環境を自由に構築できるのが魅力です。

Photoshopとは

Gimp vs Photoshop

Photoshopは、Adobeが提供・開発している画像編集ソフトウェア

もっとも汎用性の高い編集ソフトウェアのひとつです。Photoshopで処理できないタスクは、ほとんどありません。

世界でもっとも人気のある画像編集ソフトウェアです。

GIMP vs Photoshop 徹底比較

ここからは、11の側面から2つのツールを比較していきます。

1. 画像編集

Gimp vs Photoshop

GIMPもPhotoshopも基本的な画像編集についてはほぼ網羅しています。

どちらも基本的なツールから上級書向けのものまで取り揃えており、初心者から上級者まで使えます。

引き分け

2. 開発・サポート

Gimp vs Photoshop

Photoshopを作っているのは、世界最大の企業のひとつであるAdobeです。一方でGIMPは、多くの熱心なプログラマーとボランティアによって開発・サポートされています。

カスタマーサポートを使うことになったとき、PhotoshopであればはAdobe所属のプロチームによるサポートをすぐに受けられます。カスタマーサポートを受けながら利用したい人はPhotoshopがおすすめです。

勝者!Photoshop

3. 柔軟性

Gimp vs Photoshop

どちらも提供しているツール、ファイル形式、他のツールとの互換性に関してはとても柔軟です。

PhotoshopはGIMPよりも多くの機能を提供していますが、GIMPもまたサードパーティー製プラグインを使用すれば、簡単に機能を追加できます。

GIMPが柔軟な点は、Photoshopのファイル形式(.psd)をサポートしているところ。一方のPhotoshopはGIMPのファイル形式をサポートしていません。

勝者!GIMP

4. 使いやすさ

Gimp vs Photoshop

どちらのソフトウェアも「使いやすさ」「学習しやすさ」についてはほとんど差がありません。

強いていうならPhotoshopはGIMPに比べて操作画面がシンプルで、必要なツールを簡単に見つけられます。

GIMPもシンプルですが、操作画面を高度にカスタマイズできるので、やや中上級者向けです。

勝者!Photoshop

5. ツールキット

Gimp vs Photoshop

ツールキットは、カバーしている機能の幅広さだけでなく、ツールの品質も考慮しなければいけません。この点においては、PhotoshopがGIMPに優っています。

より正確な編集ができる強力なツールを備えている点では、Photoshopのほうが優位でしょう。ピクセル操作ツールなどがその例として挙げられます。

勝者!Photoshop

6. コスト

2つのおもな違いのひとつに、コスト面があげられます。

もしプロのデザイナーとして高品質なツールが必要なら、Photoshopを選べば間違いないでしょう。

ただし趣味やビギナーのお試しとして使うには、Photoshopはやや高額です。

Gimp vs Photoshop

一方でGIMPは完全無料で、ライセンスを購入する必要はありません。アップデートにもお金はかかりません。

予算が限られているならGIMPがおすすめです。

勝者!GIMP

7. RAMとOS

Gimp vs Photoshop

GIMPを適切に使うために必要なRAMは、たった256MB。古いプロセッサでも問題なく使えます。

これに対してPhotoshopは、すくなくとも2GHz以上のプロセッサが必要です。

またGIMPはWindows、Linux、MacなどほぼすべてのOSで使用できますが、PhotoshopはWindowsとMacのみに限られます。

勝者!GIMP

8. ポータビリティ

Gimp vs Photoshop

ポータビリティに関しては、軽量なGIMPが圧勝でしょう。Photoshopはファイルサイズが大きく、PSDはある程度のスペースを必要とします。

しかしPhotoshopのポータビリティの解決策として、モバイルアプリが提供されています。

2020年現在、GIMPにモバイルアプリはありませんが、将来的には期待されています。

引き分け!

9. CMYK

Gimp vs Photoshop

PhotoshopはCMYKに対応していますが、GIMPは対応していません。

印刷物の製作をするときは、Photoshopを使うのが無難でしょう。

勝者!Photoshop

10. 非破壊編集

Gimp vs Photoshop

Photoshopはこの数年、元のデータを上書きせずに画像を変更する「非破壊編集」に力を入れています。非破壊編集に関しては、Photoshopが優れているといえます。

簡単な編集や調整についてはGIMPでも問題ありませんが、さまざまなファイルタイプを使用したより高度な編集には、Photoshopを使うほうが安全でしょう。

勝者!Photoshop

11. バッチ処理

Gimp vs Photoshop

バッチ処理については、GIMPをおすすめします。

Photoshopもバッチ処理は可能ですが、時間がかかる点がネック。

一方でGIMPは、大きな画像や多くの画像を処理する点においては、Photoshopよりも優れています。

総合評価

ユーザーのニーズによって、どちらを使うべきかは異なります。双方の長所と短所を、改めて確認してみましょう。

GIMPの長所

Gimp vs Photoshop

  • カスタマイズ可能なインターフェース
  • ファイルの互換性とPSDファイルの読み取り機能
  • 完全無料
  • さまざまなOSで使用可能
  • 軽い動作

Photoshopの長所

Gimp vs Photoshop

  • プロフェッショナル向け
  • 信頼できるカスタマーサポート
  • 強力なツールキット
  • モバイルアプリあり
  • CMYKに対応
  • 非破壊編集

おわりに

GIMPとPhotoshopの長所と短所がそれぞれ伝わったでしょうか。総合評価からもわかるように、どちらを使うべきかは、その用途によって異なります。

プロ用のツールとして優秀なのはPhotoshopですが、カジュアルに使うならGIMPがおすすめです。

どちらを使うか迷っているなら、まず無料のGIMPを試してみるのがよいかもしれません。ぜひこの記事を参考に、どちらの画像編集ソフトウェアを使うか検討してみてください。

(執筆:Design your way 翻訳:Nakajima Asuka 編集:Sansui Riho)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ