ホームページを無料で簡単に作れるHTMLテンプレート配布サイト厳選4選

商品やサービスをネットで販売しようとした時、プロモーションのためのホームページは重要です。ホームページがあれば検索エンジンからの集客に使えるだけでなく、SNSを中心に広告を出そうと考えている場合にも信頼感が増します。

といってもホームページをゼロから作るのは、素人には難しいものです。

そこでおすすめしたいのが、HTMLテンプレート。今回はHTMLテンプレートとはどういったものか、メリット・デメリットを紹介するとともに、本当におすすめできる配布サイトを厳選して4つご紹介します。

HTMLテンプレートとは

HTMLとは「HyperText Markup Language」の略で、マークアップ言語と呼ばれるものです。正確な表現ではありませんが、ホームページを構成しているプログラミング言語のようなものと認識していただいて構いません。

他にもホームページを作る上では、デザインを司るCSS、アニメーションなどを組み込む際に使われるJavaScriptなどの知識も適宜必要になります。

HTMLテンプレートとは、HTMLやCSS、JavaScriptやその他画像などのデータファイルがセットになったものです。自分でイチから作るよりも、手軽にホームページを作成できます。

HTMLテンプレートを使うメリット・デメリット

メリット

HTMLテンプレートを使う一番のメリットは、やはりホームページを簡単に作れること。

HTMLやCSSは、その他のプログラミング言語よりいくらか分かりやすいものの、基礎の基礎から学び始めるとなれば覚えることは決して少なくありません。完成するまでに時間もかかり、最後までモチベーションを維持するのがなかなか難しいという問題があります。

しかしHTMLテンプレートは、ある程度形になった状態で提供されている上に、その種類も豊富。まったく勉強する必要がないとはいえませんが、自分のイメージにあったテンプレートを適用するだけなので驚くほど簡単です。

後から知識を身につければ、工夫次第でより自分好みに近づけることも可能。まずは作る楽しさを実感し、「不便だな」「こうなったらいいな」という不満を感じた時に勉強していけば良いでしょう。

デメリット

パワーポイントを使ったプレゼンを受けている時、「前にも同じデザインを見たことがあるな……」と感じたことはないでしょうか。テンプレートを使っている以上、見る人に既視感を与えてしまう可能性があります。それはHTMLテンプレートを使う場合も同じです。

特に人気のテンプレートを使うと、それだけ他の数多くの人も同じデザインのものを利用していることになります。オリジナリティを重視したい場合は、やはり自分でイチからデザインする必要があるでしょう。

またHTMLテンプレートによっては、検索エンジンに最適化(SEO)されていないものがたまにあります。SEOとは検索結果画面の上位に表示させる施策のことですが、システム側でこれがおろそかになっていると検索エンジンからの評価を効率的に集められません。もちろん自分でイチからホームページを作る際にもSEOは意識すべきことですが、テンプレートを使うのであればSEOに強いかどうかはよく調べて判断すべきでしょう。

無料で使えるおすすめのHTMLテンプレート配布サイト4選

「HTMLテンプレート」と検索すると、たくさんの配布サイトを見つけられることでしょう。

とはいえ、たくさんありすぎてどれを選べばいいか迷ってしまう方も多いはず。

そこでこの記事では、無料で簡単に使えるおすすめのHTMLテンプレート配布サイトを、厳選して4つご紹介します。それぞれ特徴をピックアップしていきますが、利用の際は各サイトの利用規約・注意事項をよく確認しておきましょう。

1. Cool Web Window

趣味・商用問わず誰でも無料で使えるHTMLテンプレートを配布しています。レスポンシブデザインにも対応している上、テンプレートに同梱されている画像も改変可能です。無料サポートも行っているため、どうしても分からないことがあれば問い合わせてみましょう。

個人サイトでも企業サイトでも使えそうなデザインが揃っています。

Cool Web Window

2. Cafi Netつながる情報技術

こちらのWebサイトでは、100種類以上の豊富なHTMLテンプレートを無料配布しています。

ホテルのホームページをイメージしたもの、パン屋さんのホームページをイメージしたものなど、具体的なコンセプトをもとに作られたテンプレートも多く揃えられています。あなたが提供したい商品・サービスにピッタリなデザインが見つかるかもしれません。

Cafi Netつながる情報技術

3. デザインの参考になるランディングページ集

ユーザーの心をとらえるランディングページのHTMLテンプレートを配布しているのがこちらのWebサイト。全部で4つのテンプレートが公開されており、スマートフォンに対応したデザインもあります。

ページ末尾に「ランディングページ無料テンプレート」という著作権表示が入ってしまいますが、ライセンスコードを発行してもらうことで外すことも可能です(※無料で発行できます)。

またサイト名のとおり、ランディングページデザインの参考になるサイトがいくつも紹介されているため、興味があればぜひこちらも覗いてみてください。

デザインの参考になるランディングページ集

4. FOOL LOVERS

まぐろ。さんという個人の方が運営している無料HTMLテンプレート配布サイト。

どちらかというと個人のブログで使うデザインを提供していますが、アイコンなどもフリー素材も提供しているため、気になる方はこちらもチェックしてみてください。

FOOL LOVERS

HTMLテンプレートを選ぶ際に気をつけたい3つのポイント

1. サイトのコンセプトにあったデザインか

ひとことにHTMLテンプレートといっても、それぞれのデザインコンセプトは多種多様です。たとえば学習系サービスなど真面目なコンテンツを提供したいのあれば、装飾の華美なものよりも落ち着いたスマートな印象を与えるデザインが良いでしょうし、エンターテイメント性を重視するなら遊び心のあるテンプレートを選ぶべきでしょう。

ホームページのデザインは扱う商品・サービスの印象も左右してしまうので軽視はできません。

2. モバイルフレンドリーなデザインか

モバイルフレンドリーを言い換えると、「スマートフォンユーザーにも見やすいデザインになっているか?」という問いになります。

たとえば古いサイトへアクセスした際、パソコンの画面で見る用に最適化されており、文字が小さく読みにくいと感じたことはありませんか? これはそのサイトが、パソコンからのアクセスしか想定していなかったためです。

特に近年はパソコン端末からのアクセスより、モバイル端末からのアクセスが多数派となっています。使いたいテンプレートがモバイルフレンドリーなデザイン(レスポンシブデザイン)になっているかは要チェックです。また実際に自分のモバイル端末でも可読性が悪くないか、確認しておきましょう。

3. コンテンツは読みにくくないか

せっかくホームページを作るのだから、とことんデザインにこだわろうと考える人は多いでしょう。先ほども説明した通り、確かにデザインは重要です。

しかしホームページを作る最大の目的は、商品。サービスの魅力を伝え、顧客に購入してもらうことです。高級感溢れる凝ったデザインでも、肝心の文章が読みにくければユーザーはページから離脱してしまいます。

まとめ

まったくの初心者がイチからホームページを作ろうとすれば、さまざまな困難に直面します。体力が続かず、つい放り出してしまうこともあるでしょう。

とりあえず簡単にホームページを完成させるためには、HTMLテンプレートを使うのがおすすめです。物足りない部分があれば、HTMLやCSSなどの勉強も並行して進めていくとよいでしょう。

ホームページは本やチラシと違い、後からいくらでも修正できます。細かい部分は気にせず、まずはある程度完成させてみてはいかがでしょうか。

 

こちらもおすすめ!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ