エンジニアリングの知識や予算がなくても、クオリティーの高いWebサイトが作れることから、企業のページのみならず、ポートフォリオや個人のブログにまで幅広く応用されているWordpress。

その利便性の高さから、現在はWebサイトの30%以上にWordPressが使われています

本記事では数あるWordpressの無料テーマを目的別(コーポレートサイト、ポートフォリオサイト、ニュースサイト、個人ブログ向けなど)にご紹介します。

種類がありすぎてどのテーマを使用すれば良いか分からない!という方はぜひ参考にしてみてください。

WordPressのテーマの選び方

3. 2017_4_21-multilingual-wp-theme

1. スマホに対応している

近年はパソコンのユーザーよりスマートフォンのユーザーのほうが多く検索エンジンを使用しているため、スマートフォンに対応しているレスポンシブなWordpressテーマが良いでしょう。

有料のWordPressのテーマであれば、スマートフォンに対応しているサイトがあるものの、無料のWordPressのテーマの場合、パソコンのサイトにしか対応しないテーマもあるので注意してください。

2. サイトのテーマにあったUI

Webサイトのぱっと見の印象はもちろん大事です。しかしそれ以上に大切なのは、サイトの目的を叶えられるWebデザインであるかどうかです。

例えばSNSシェアを狙っているのに、SNSのボタンが下の方にあるようではいけません。ガジェットのニュースサイトなのに、ポートフォリオサイトのような余白多めのデザインだと情報量の多さを伝えられません。

Webサイトの目的に合ったテーマ選びを心がけましょう。

3. 他言語に対応している

テーマは他言語対応ができなくても、オープンソースの翻訳があるかどうかと、翻訳対応ののプラグインのサポートが可能かどうかを再確認すべきです。

4. SEO対策には有利かどうか

SEO対策がWordPressのテーマに導入されていない場合、検索エンジンで記事のキーワードを調べても検索結果の上位に表示されません。

WordPressテーマの中には、表示速度やメタタグの設定など最初からSEOに配慮された機能がついているものがあります。プラグインで後に追加できますが、WordPressに慣れていない人はSEO対策がセットになったテーマを選ぶのがおすすめです。

テーマごとにSEOの対応が異なるため、他のサービスでテーマのSEO対策のを確認しなければいけないときもあります。SEOへの対応度を確認するのに便利なアプリが、W3Cというサービスです。サイトの情報を記入すると、テーマはスマートフォンに対応しているかをチェックできます。

5. 第三者からポジティブな意見がある

WordPressのテーマのレビューを確認することが重要です。ユーザーの声によって機能の質や安全性などが明らかになるため、レビューをチェックすると良いでしょう。

6. テーマをカスタマイズできる

色やスタイルの変更、子テーマの設定、プラグインの増設など、カスタマイズが可能なテーマを選びましょう。

WordPressには複数のカスタマイズ方法があります。たとえば、「ドラッグ・アンド・ドロップ」という管理画面でサイトに望んでいる機能を画面上の枠に動かす操作はありますが、HTMLやCSSなどのコーディングでサイトをカスタマイズする方法もあります。

サイトのカスタマイズ性が高いほど、いくつかの方法でサイトの構成をカスタマイズできるため、事前にテーマの限界を確認しましょう。

7. 広告を設置できる

ディスプレイ広告やリスティング広告は、WordPressにも設置できます。広告のエリアもテーマによって異なり、広告を設定できないテーマもあるため、テーマを導入する前に確認しましょう。

8. 最新のアップデートが半年以内

テーマの更新の頻度を確認しましょう。半年以内に更新されていなければ、開発者はサポートを停止した可能性があります。セキュリティーの問題が発生し、他のプラグインに対応しなくなるケースもあるので注意してください。

9. サポートが手厚い

テーマにトラブルが起こったときや使い方がわからないときに、電話やチャットで解決してくれるサポートデスクがあると便利です。なかには365日・24時間対応なサポートデスクもあります。ユーザー同士が情報交換できるプラットフォームが備わっているWordpressテーマもあるので、一度確認してみると良いでしょう。

10. モバイルファーストでレスポンシブ

ユーザーニーズにあったサイトの構成が、SEO対策上でも重要視されています。モバイルファーストもそのひとつ。ユーザーが求める情報を、ユーザーが使いやすいフォーマットで発信する必要があるのです。

サイトのターゲットにもよりますが、多くの人はあなたのサイトをモバイルから閲覧します。ですから、モバイルで見たときの使いやすさをより考慮しなければならないのです。

コーポレートサイト向けのWordPressテーマ

1. AccessPress Parallax

視差効果を利用した背景画像

1枚ページのように見える視差効果(パララックス)を使ったWordPressテーマです。

背景画像に奥行き感があるWebサイトを作成できます。シンプルで文字の可読性も高く、レスポンシブ対応なためサービスサイトやLPにおすすめです。

AccessPress Parallax

2. BLDR

独自のテーマオプションで写真を魅力的に

BLDRのページビルダーを使用すると、簡単に精度の高いWebページを作成できます。

自由なカスタマイズができる独自テーマオプション設定に対応しているため、写真を魅力的にみせられる無料のWordPressテーマです。

レスポンシブ対応なのでスマホからの流入が多い企業でも安心ですね。

BLDR

3. Resonar

フルスクリーンでの画像表示が可能

フルスクリーンで画像を表示したい方におすすめのWordPressテーマです。無料でレスポンシブ対応もしています。

Resonar

4. WP Macchiato

パララックスコンテンツを表現できる

『WP Macchiato』はスクロールによる視差効果を最大限に利用した高度なパララックスコンテンツを表現できる無料のWordPressテーマです。

スクロールに合わせて流れるようなアニメーションでコンテンツを表示し、ユーザーの目線をつかむようにWebデザインされています。

レスポンシブ対応なため3コラムが崩れる心配もありません。

WP Macchiato

5. Twenty-Twelve

5. theme-reviews

初心者におすすめのWordpressテーマ

WordPress社が開発した無料のデフォルトテーマです。初期設定の段階でレスポンシブ対応しており、Webデザインのカスタマイズ性が高いです。『Twenty-Twelve』は毎年WordPress社によってアップデートされるため、初心者におすすめのテーマです。

Twenty-Twelve

6. Ward

太字のタイポグラフィで見やすいWebサイトを作成可能

HTML5やグリッドをフレキシブルに動かし、唯一無二なWebサイトを作成できる無料のWordpressテーマです。太字のタイポグラフィが特徴でレスポンシブ対応もしているので、どんなデバイスでも読みやすいWebサイトを作成できます。

Ward

ECサイト向けのWordPressテーマ

7. Shophistic Lite

シンプルな白背景がおしゃれなWordpressテーマ

EC機能付きのWordPressテーマで、シンプルで明るい白背景がおしゃれです。

レスポンシブ対応で、商品の写真を引き立たせてくれるクリックアクションがたくさん設定された無料テーマ。自社の商品を写真付きで販売したい方におすすめです。

Shophistic Lite

8. Receptar

レシピ本をイメージした写真とテキストのデザイン

多様なカスタマイズが可能な、レスポンシブでスタイリッシュな無料のWordPressテーマです。レシピ本をイメージした写真とテキストの組み合わせ方をしています。写真と説明文が隣合っており、ユーザーにとってわかりやすいWebデザインですね。

Receptar

9. SociallyViral

SNSマーケティングを行う際にぴったりな無料のWordpressテーマ

派手な色の組み合わせでユーザーの目をを引くことができますね。SNSへの拡散も重視しており、SNSマーケティングに力を入れている方におすすめのWordPressテーマです。

SociallyViral

ポートフォリオサイト向けのWordPressテーマ

10. Cordillera

見やすいポートフォリオサイトが作成できる

ポートフォリオサイトのトップページは印象的にしたいものですよね。写真やタイトル文字を大きく表示させられる無料テーマなので、見やすく印象に残るWebサイトが作成できるでしょう。

Cordillera

11. Minimaluu

カスタマイズ性が高いWordpressテーマ

『Minimaluu』は、写真などの作品集をポートフォリオサイトで紹介したい方におすすめの無料WordPressテーマです。

シンプルな白い背景は、ユーザーの視線を作品に集中させられます。レスポンシブで、マス目の数やサムネイルの表示方法も自由に設定できるため自分好みのWebサイトを作成できるでしょう。

Minimaluu

12. Maskitto Light

横幅いっぱいにコンテンツを表示できるWordpressテーマ

『Maskitto Light』はレスポンシブ対応なため、どんなデバイスでも横幅いっぱいにコンテンツを表示させられます。写真やイラストのポートフォリオなら、レスポンシブ対応はなおさら必要です。

無料テーマを使用すれば、シンプルさで完成度の高いWebサイトを作成できます。

Maskitto Light

13. Virtue

モダンなデザインが魅力

モダンなデザインで、HTML5とCSS3も対応可能のレスポンシブ性のあるWordPressテーマです。

固定ページテンプレートでPortofolio Gridを選べば、Portfolio用インデックスページが作成できます。

Virtue

14. Bearded

デザイナー向けポートフォリオサイトが作成可能

作品集を紹介できるポートフォリオサイト向けのWordPressテーマ。

SNSで拡散されやすいレスポンシブなWebデザインで、トレンドやプラグインなども実装されており、無料とは思えない機能性です。

Bearded

15. Magazine

雑誌を連想させるようなWebサイトが作成可能

雑誌をイメージした、ポートフォリオ向きの無料WordPressテーマです。

白を基調として情報は少なく、写真を大きく表示するためスタイリッシュなデザインになります。

投稿のリストが管理しやすく、レスポンシブ性も高いテーマです。テーマ専用のプラグインも含まれています。

Magazine

16. Quidus

Webサイトの色を自由にカスタマイズできるWordpressテーマ

『Quidus』はWebサイトの色を自由にカスタマイズしたい方におすすめの無料テーマです。写真やアート作品のポートフォリオサイトとしてはもちろんですが、レスポンシブ対応のためECサイトの作成も行えます。

Quidus

17. Kalium WordPress Theme

kalium

ポートフォリオのレイアウトが豊富

『Kalium』は視覚的要素に重点をおいた無料のWordPressテーマです。クリーンでシンプルな印象は、さまざまな用途に応用できます。

特にポートフォリオのレイアウトは30種類以上あり、ドラッグ&ドロップによるコンテンツビルダーで自身のセンスを生かしたサイトを作成できます。視覚的な美しさだけではなくプラグインも充実しているおすすめなテーマです。

Kalium WordPress Theme

18. Bubbly


個人のWebサイトや、デザイナーの自己紹介ページにおすすめのWordPressテーマです。読み込み速度が早いので、ユーザーにストレスを与えないWebサイトを作成できます。

Bubbly

ニュースサイト向けのWordPressテーマ

19. Morning Monday Lite

ページごとにレイアウトを変更できるWordpressテーマ

『Morning Monday Lite』は、ニュースサイトをテーマにして、ページごとにレイアウトを変更できます。無料でシンプルなWebサイトを作成したい方におすすめです。

Morning Monday Lite

20. ColorMag

記事コンテンツに適した無料のWordpressテーマ

レスポンシブデザインに完全対応したマガジン形式のWordpressテーマです。ニュース、新聞、マガジン、出版物などの記事コンテンツに適しています。

色づかいがポップなので、親しみやすいWebサイトを作成したい方におすすめです。

ColorMag

21. Smart Magazine

ブログやニュースサイト専用のWordPressデザイン

『Smart Magazine』ブログやニュースサイト専用の無料テーマです。レスポンシブ対応で、広告掲載をしたい方におすすめ。

Smart Magazine

22. Resolution

HTML5、CSS3、jQueryに対応したWordpressテーマ

記事コンテンツに適した、レスポンシブ対応のWordPressテーマです。HTML5、CSS3、jQueryにも対応しています。

Resolution

23. NewsAnchor

人より凝ったWebサイトが作成可能

テーマ専用のプラグイン、色の組み合わせ、Googleフォントなど、複数の機能が備わっており、レスポンシブにも対応しています。凝ったWebデザインにしたい方におすすめのWordPressテーマです。

NewsAnchor

24. Elazi Lite

タブロイド紙のようなWebサイトが作成できるWordpressテーマ

ニュースサイトがモチーフのWordPressテーマです。タブロイド紙のように、ぎっしりと情報を詰め込んだデザインがWebサイトを上質に見せてくれます。

レスポンシブ対応なので情報量が多くてもデバイスによって、Webデザインが崩れる心配もありません。

Elazi Lite

個人ブログ向けのWordPressテーマ

25. Matraman Lite 

旅行記にぴったりのWordpressテーマ

有料で提供されているMatraman Themeの無料版テーマです。レスポンシブ性が高く写真とテキストの両方を美しく魅せるので、旅行記を書きたい方などはぜひ利用してみてください。

Matraman Lite

26. Hueman

3カラムでもレスポンシブ対応しているWordpressテーマ

無料で3カラムのWebサイトを作成できます。PC版では充実したコンテンツ量を、モバイルでは記事の可読性を重視したブログ投稿をしたい方におすすめのWordPressテーマです。

Hueman

27. Moments

左右のカラムが特徴的なWebサイトが作成可能

左右にカラムがあるタイプの無料WordPressテーマです。レスポンシブ対応もしています。

縦長のスクロールは動画や記事コンテンツを公開するのにおすすめ。

Moments

28. Wilson

複数のウェジットエリアがあるWordpressテーマ

コンテンツを重視しながら、レスポンシブ性も高い無料のWordPressテーマです。

ウィジェットエリアが複数あり、コンテンツの投稿は4パターンから選べます。写真、動画、短文など、コンテンツの特性にあった投稿方法を選びましょう。

Wilson

29.Writr

1. writr-modern-clean-wordpress-theme

高いカスタマイズ性が魅力

個人ブログ向けの無料WordPressテーマです。6種類のカラーオプションがあり、投稿法も複数あるためカスタマイズ性に優れています。

Writr

30. DW Timeline

ブログや作品集に適したレスポンシブ対応のWordpressテーマ

ブログと作品集の両方に対応できる無料のWordPressテーマです。投稿形式は6種類から選べます。写真重視のWebサイトを作成したい方におすすめです。

DW Timeline

31. RokoPhoto Lite

無料でおしゃれなアニメーションを使用できるWordpressテーマ

写真と説明文を美しく魅せられるレスポンシブ対応のWordPressテーマです。サイトを開いた時のアニメーションがおしゃれでヘッダーも自由にカスタマイズできます。

RokoPhoto Lite

32. Yarn

エレガントなフォントが印象的なWordpressテーマ

『Yarn』はライター向けの無料テーマです。エレガントなフォントが印象的で、女性の方におすすめ。

Yarn

33. Hunter

モバイルファーストを意識したWordpressテーマ

『Hunter』は、モバイルファーストのフレームワークである「Bootstrap 3」をもとに作成されたテーマです。

投稿方法は複数あり、メタボックスによってテーマの色や投稿の見え方も自由にカスタマイズできます。無料でレスポンシブ対応もしています。

Hunter

34. Aventurine

大きな文字と派手な色を組み合わせた無料のWordPressテーマです。クリエイターの個人ブログにおすすめです。

Aventurin

35. Sobe

遊び心のあるWebサイトが作成可能

遊び心のある、個人ブログ用の無料WordPressテーマです。レスポンシブ性が高く、オリジナルで作成したような独特のデザインなので、人と被らないWebサイトを作成したい方におすすめ。

Sobe

36. Simplicity

6. Simplicity

SEO施策が備わっている無料Wordpressテーマ

レスポンシブ対応のシンプルなWordPressテーマです。テーマの構成によって、コンテンツが検索エンジンの上位に反映されやすくなります。広告を設置するためのエリアもあるため、ブログの収益化をしたい方におすすめです。

Simplicity

37. Libretto

レトロ風デザインが魅力

レトロ風のスタイルが可愛い無料のWordPressテーマ。タイポグラフィーが独特なため、短文の執筆におすすめです。レスポンシブ対応もしています。

Libretto

38. WpF Authority

複数著者でWordPressの管理が可能

複数のライターが所属するWebサイトの作成におすすめのテーマです。ヘッダーが大きすぎず、コンテンツをすぐに読めるのがいいですね。

WpF Authority

シンプルなデザインのWordPressテーマ

39. Ariwoo

シンプルで万人うけするWordpressテーマ

『Ariwoo』は、Webサイトを訪れたユーザーにクリーンな印象を与えられるシンプルなWordPressテーマです。無料でレスポンシブ対応もしています。

Ariwoo

40. AccessPress Root

はやく、シンプルなWordpressテーマ

最小限の機能に絞った、シンプルなWordPressのテーマです。レスポンシブ対応が可能で、より早くWebサイトの設定をしたい方におすすめ。

AccessPress Root

41. Ramza

シンプルでクリーンなWordpressテーマ

シンプルなデザインが魅力の無料テーマです。シンプルなWebサイトの中にグリーンが用いられており、ユーザーにクリーンな印象を与えられます。

Ramza

42. Lovecraft(ラブクラフト) 

大きなバナーが特徴

『Lovecraft』はシンプルな見た目のWebサイトが作成できます。大きなバナーによってユーザーの視線を掴める無料のWordPressテーマです。

Lovecraft

スタートアップビジネスに最適なWordPressテーマ

43. Be Theme

選べるレスポンシプレイアウト

『Be Theme』に格納されている260の無料テーマは、すべてレスポンシブに設計されています。また、そのほとんどがマルチページ構成です。ヘッダーやサイドバーは好きなように配置でき、フォントや背景も選び放題。いちからコーディングしたような、オリジナリティ溢れるテーマを完成させられます。

さまざまなプラグインとの互換性

Eコマース用プラグインの「WooCommerce」やイベントカレンダー、SEO対策ツールなどと互換性があります。テーマの作成者が、自分たちが欲しいと思う機能を内蔵しいるので細かな設定は必要なく、最短4時間でサイトが完成します。

ダウンロードも楽々

トップページには260以上のテーマが並んでおり、ワンクリックでプレビューを確認できます。お気に入りを見つけたら、「Muffin Builder」と「Options Panel」が実行してくれます。また『Be Theme』に搭載されている「Layout Configurator」を使って、いちからページを作ることもできます。自分でコードを書く必要はないので初心者の方でも安心です。

Be Theme

44. theme fuse

お目当のテーマを探しやすい

『theme fuse』内にある45以上のテーマは「医療」「eコマース」「子供向け」など30の用途に分類されています。プレビューせずに、用途がわかるのは効率的ですね。

一押しパッケージは『The Core

『The Core』は、スタートアップビズネスのサイトを作るのに最適なソリューションです。20種類のテーマがパッケージとして売られており、ThemeFuseから6ヶ月のサポートを受けられます。

直感的な操作で要素の追加が可能

ドラッグ&ドロップで、写真や機能を追加できます。コードは一切書かずに、ヘッダーやフッターのカスタマイズも可能。お問い合わせフォームのバリエーションも豊富で、ビジネスにあったレイアウトが選択できます。

theme fuse

45. Oshine

写真を生かしたサイトを作れる

フルスクリーンで写真を使ったり、写真をコラージュしてトップページに貼り付けたり、すべてのテーマがビジュアルに訴えかけるようなテーマです。クリーンで近代的なデザインは、ファッションやクリエイティブ業界のスタートアップやスモールビジネスのブランディングに大いに役立つでしょう。

スタイルが選べる

無料パッケージには27種類のテンプレートが含まれてます。オプションパネルでは、ページレイアウトやカラースキーム、タイポグラフィーなどを変更可能。ヘッダーやメニューのスタイルは10種類以上用意されています。

Oshine

46. Houzez

不動産関連のWebサイトに最適なテーマ

物件検索機能、評価・レビューシステム、オンライン支払システムなどの機能をもつほか、仲介者や仲介会社との連携もできます。管理業者、仲介業者、オーナーの誰もが使えるようカスタマイズもできます。ワークフローにあわせて機能を選びましょう。

さまざまなヘッダーオプション

スライダー、ビデオ、画像、またはGoogleマップのいずれかを選択できます。地域密着型ならその町の風景を映し出したり、ラグジュアリー不動産なら、豪華絢爛な物件のビジュアルを載せるなど、業務に合わせて幅広いヘッダーオプションが選択できるのが魅力です。

Houzez

47. Themify

ドラッグ&ドロップビルダーを採用

すべてのテーマに、クラス最高峰のドラッグ&ドロップビルダーが搭載されており、ライブプレビューを確認しながらレイアウトを作成できます。視差スクロール、背景ビデオ、アニメーションなどのエフェクトが付属しているので、高いオリジナリティを実現できます。

一押しのパッケージは『Ultra』

『Ultra』に含まれる34種類テーマはすべてレスポンシブ対応で、あらゆる業種、業界のサイトに応用可能です。ヘッダーから飛び出すメガメニューや、セクションスクロールなど、最新のデザイントレンドも取り入れられています。

Themify

48. Uncode

細かいところまでこだわりたいなら

レスポンシブ対応で、1px単位で調整が可能なピクセル・パーフェクト、幅や高さを統一する高度なグリッドシステムなどが搭載されています。ビジュアル編集ソフトの『Visual Composer』も付いているので、どんなクライアントにも納得してもらえる美しいWebサイトを構築できます。

ナレッジベースやチュートリアルが充実

オプションの加え方、ヘッダーの変更方法などが、Web上に掲載されています。ビデオチュートリアルもあるので、Wordpressに慣れていない人でもとっつきやすいです。

Uncode

49. Kallyas

5年も人気を維持するベストセラーテーマ

『KAILLAS』は、WordPressテーマのベストセラートップ15に5年近く入っている人気プロダクトです。50種類以上ある無料テーマの中から選んだものをワンクリックでインストールできます。

サービスが手厚い

SEO、レスポンシブ、WooCommerce対応などさまざまな機能を満載しており、アップデートは無料です。専門のサポートチームによる指導も受けられます。これまでに18,000人以上のWebプロフェッショナルが『KAILLAS』を利用した実績もあります。

KALLAS

50. THEGEM

thegem

メニューレイアウトが豊富

PC向けでは幅広メニューやハンバーガーメニュー、オーバーレイなど。モバイル端末向けでは、スライド式やスライドトップ、オーバーレイなど、動きがあって楽しいデザインが含まれています。サイトが強調したいことに合わせてカスタマイズしましょう。

SEOやページスピード関連の機能も標準搭載

見出しと画像の適切な使用をサポートします。SEO結果を出すのに便利なショートコードも無料で使用可能。Yoastや他のSEOプラグインとの互換性もバッチリで、Facebook、Google+、Twitterのシェアボタンも簡単に設置できます。他には価格表、事例紹介など、CTAに貢献するようなコンテンツも多数用意されている優れものです。

THEGEM

オールインクルーシブパッケージのWordPressテーマ

51. The Core

ユニークなデザインが魅力のWordpressテーマ

『The Core』には、ショップ、ワンページ、ブログのデモバージョンを含む20種類のWordPressテーマが装備されています。レスポンシブデザインに対応したユニークなデザインが、ニッチなテーマや業界などの需要を満たすでしょう。

主な機能は、ドラッグ&ドロップで操作できる「Advanced Visual Builder」、「Layers Slide」や『The Core』のカスタム構築スライダーなどがあります。また、ResponsiveRetinaCommerce等のテーマも使用可能です。

開発者プラン、もしくはライフタイムプランのいずれかを購入すると、すべての新規テーマが無料になります。

The Core – Multi Purpose WordPress Theme

52. Enfold

ThemeForest内のトップセラーテーマ

ThemeForest社の『Enfold』ThemeForest内のトップセラーテーマとして、人気を確立しています。世界各国のクリエイターが結成したチームにより制作されており、無料でおしゃれなWebサイトを作成したい方におすすめです。

素晴らしい品揃えのデモヴァージョンはワンクリックでインポートでき、必要に応じて複数のデモヴァージョン機能を組み合わせることもできます。

Enfold – Multi-Purpose Theme

53. Divi 3.0

インターフェイスから直接編集が可能

20以上の既成レイアウトが同梱されているWordPressテーマです。カスタマイズの際に、インターフェイスをリアルタイムで見ながらWebサイトを作成できます。

新しいコンテンツを作る際も、管理コンソールに入る必要はなく、インターフェイスから直接編集ができます。Webサイト作成に自信のない初心者にもおすすめです。

Divi 3.0

54. Hestia PRO

ハッとさせるデザインが特徴

スタートアップ、eコマース、ポートフォリオなどに最適な、ハッとさせるデザインが特徴の『Hesita PRO』。プリセットのマテリアルデザインを用いたテーマは、自身のサービスを最先端に魅せてくれるでしょう。SEO対策との親和性も魅力です。

サポート体制も万全で、ワンクリックでアップデートできます。無料でビデオチュートリアルも見れるため、WordPress初心者にもおすすめのテーマです。

Hestia PRO

55. KLEO

kleo

BuddyPress themeで第1位に輝いたWordpressテーマ

『KLEO』は2016年度のBuddyPressテーマで第1位に輝きました。Facebookログイン、ジオディレクトリ、価格表と比較表、eラーニング管理システムなど、多機能さが魅力です。

オンラインコミュニティも活発で、ユーザー同士でWordPressのノウハウを共有できます。

KLEO – Pro Community Focused, Multi-Purpose BuddyPress Theme

56. XStore

xstore

ユーザーフレンドリーなWordpressテーマ

オンラインショップサイトを簡単に作成したい方は『XStore』がおすすめです。ユーザーフレンドリーなWordpressテーマで、信頼性の高いオンラインショップサイトを無料で作成できます。オンラインにビデオチュートリアルと関連記事が11カテゴリーもあるので、Webショップ初心者にもおすすめです。

XStore – Responsive WooCommerce Theme

57. TheFox

thefox

シンプルながらも多用途なWebサイトが魅力

多用途WordPressテーマである『TheFox』は、ベストセラーテーマである「ThemeForest PSD」の作者が作成しました。無駄を省いたシンプルなデザインが30個以上備わっており、250以上のデザイン要素がカスタマイズ可能です。

TheFox Responsive Multi-Purpose WordPress Theme

58. Impreza WordPress Theme

impreza

インパクトのあるWebサイトを作成できる

『Impreza』は、記憶に残るようなインパクトのあるWebサイトを作るのにおすすめのテーマです。細部まで作り込まれているデザインは、Webサイト全体の印象を上げます。

楽しくデザインするための機能は選り取りみどり。ドラッグ&ドロップページビルダ(Visual ComposerVisual Composerアドオンの補完)、独自のブログレイアウト、ポートフォリオグリッドスタイル、カスタマイズ可能な既成レイアウト、1300以上にも及ぶアイコンまで、無料にも関わらず幅広い機能を網羅しています。

Impreza WordPress Theme

まとめ

お気に入りのWordpressテーマは見つかりましたか?

最近は無料でも機能やサポート体制が充実しているテーマが多いので、目的にあったテーマ選びを意識しましょう。

この記事が素敵なWebサイトの作成に役立てば幸いです。

(翻訳:Jordan Colston、Nobuo Takahashi)

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ