Googleの「Speed Update」により、SEOにおいてWebサイトの表示速度がより重要になりました。

Webサイトの表示速度を速くする最も基本的な方法として、画像の圧縮・リサイズが挙げられます。
本記事では、画像を圧縮できるツールを12個ご紹介します。

コーギー

今回ご紹介する画像圧縮ツールを使い、こちらのフリー素材のコーギー(JPEG、343KB)をどれくらい圧縮できるか、実際に調べてみました。

1. Squoosh

squoosh

Squoosh

『Squoosh』は、Googleが提供している画像圧縮ツールです。

画像の圧縮前と圧縮後を常に比較しながら、自分好みの圧縮率を選べます。

右の編集メニューには、編集機能が全てまとめられています。詳細設定を表示すると、より細かい設定も可能です。

squooshで圧縮

▲『Squoosh』での圧縮後のコーギー。334KB→108KBに圧縮できました

会員登録 不要
対応ファイル形式 JPEG、PNG、WebP

Squoosh

2. I love IMG

I love image

I love IMG

『I love IMG』は、画像ファイルを瞬時に圧縮してくれる無料ツールです。画像をブラウザ上にドラック&ドロップするだけで簡単に圧縮できます。

画像の圧縮だけでなく、ファイル形式や画像の大きさの変更も可能です。

元画像とは別に圧縮した画像をダウンロードできるので、元画像も一緒に残したい場合におすすめです。

I love IMGで圧縮

▲『I love IMG』での圧縮後のコーギー。334KB→120KBに圧縮できました

会員登録 不要
対応ファイル形式 JPEG、PNG、GIF

I love IMG

3. Optimizilla

Optimizilla

Optimizilla

『Optimizilla』は、オンラインで使えるイメージ最適化ツールです。画質を維持しながら画像を圧縮できます。

同時に20個まで画像を圧縮できます。

圧縮後の画像がどのようになっているか細部まで確認でき、クオリティを微調整できます。納得のいく圧縮ができるでしょう。

今回はクオリティを90%に設定しました。

Optimizilla圧縮
▲『Optimizilla』での圧縮後のコーギー。334KB→214KBに圧縮できました

会員登録 不要
対応ファイル形式 JPEG、PNG

Optimizilla

4. TinyJPG

TinyJPGTinyJPG

『TinyJPG』は、JPEGファイルとPNGファイルを圧縮できる無料のツールです。

圧縮方法は、ブラウザ上に画像ファイルをドラックするだけで非常に簡単です。

このツールは不要なメタデータを自動的に削除し、できるだけ画質を落とさずに圧縮できます。

TinyJPG圧縮▲『TinyJPG』での圧縮後のコーギー。343KB→169KBに圧縮できました

会員登録 不要
対応ファイル形式 JPEG、PNG

TinyJPG

5. Kraken.io

Kraken.ioKraken.io

『Kraken.io』は、無料のオンライン画像リサイズツールです。

リサイズしたい画像を選んでアップし、最適化モードを選んでリサイズできます。リサイズ後のサイズや最適化モードを細かく選べるので、欲しい大きさの画像がすぐに手に入ります。

Kraken.ioで圧縮▲『Kraken.io』での圧縮後のコーギー。334KB→137KBに圧縮できました

会員登録 不要
対応ファイル形式 JPEG、PNG、GIF

Kraken.io

6. jpeg.io

jpeg.io

jpeg.io

『jpeg.io』は、PNGやGIFなどのファイル形式の画像を、JPEG形式にする無料の画像圧縮ツールです。

画像の圧縮だけでなくファイル形式の変更も行えるので、JPEG形式の画像を作成したいときにも役立ちます。

Jpegioで圧縮▲『jpeg.io』での圧縮後のコーギー。334KB→137KBに圧縮できました

会員登録 不要
対応ファイル形式 JPEG、PNG、GIF

jpeg.io

7. WEBSITE PLANET

WEBSITE PLANETWEBSITE PLANET

『 WEBSITE PLANET』は、無料の画像圧縮ツールです。最大40画像まで、会員登録なしで利用できます。

50MBまでの画像であれば圧縮が可能です。容量の大きい画像を圧縮したい方におすすめです。

websiteplanetで圧縮▲『 WEBSITE PLANET』での圧縮後のコーギー。334KB→89KBに圧縮できました

会員登録 不要
対応ファイル形式 JPEG、PNG

WEBSITE PLANET

8. Compressor.io

Compressor.ioCompressor.io

『Compressor.io』は、ブラウザ上で画像を圧縮できる無料ツールです。

ロスレス圧縮(データを全く損なわずに復元できるような圧縮方式)も選択可能。

Compressor.ioで圧縮▲『Compressor.io』での圧縮後のコーギー。334KB→178KBに圧縮できました

会員登録 不要
対応ファイル形式 JPEG、PNG、GIF、SVG

Compressor.io

9. Compressnow

CompressnowCompressnow

『Compressnow』は、圧縮率を自由に設定できる画像圧縮ツールです。

画像をアップデートした後に、「Compression level」のスライダーを調整すると圧縮後の容量が表示されます。

容量と画像のクオリティを同時に比較できるので、もっともバランスのいい圧縮率をみつけられます。

compressnowで圧縮▲『Compressnow』での圧縮後のコーギー。334KB→178KBに圧縮できました

会員登録 不要
対応ファイル形式 JPEG、PNG、GIF、JPG

Compressnow

10. JPEG-OPTIMIZER

JPEG-OPTIMIZER

JPEG-OPTIMIZER

『JPEG-OPTIMIZER』は、画像の圧縮率や画素数を調整できる無料のツールです。

圧縮と同時に画像サイズを変更することで、より容量を抑えられます。クオリティと容量を両立させたいときに便利でしょう。

JPEGOPTIMIZERで圧縮

▲『JPEG-OPTIMIZER』での圧縮後のコーギー。334KB→9KBに圧縮できました(※400×267px)

会員登録 不要
対応ファイル形式 JPEG

JPEG-OPTIMIZER

11. JPEG mini

JPEG mini

JPEG mini

『JPEG mini』は、JPEGファイルを圧縮できるツールです。無料でダウンロードして使え、1日に20枚まで圧縮できます。

圧縮を行うと圧縮前のファイルは消えてしまうので、注意が必要です。

JPEG miniで圧縮

▲『JPEG mini』での圧縮後のコーギー。334KB→274KBに圧縮できました

会員登録 不要
対応ファイル形式 JPEGのみ

JPEG mini

12. ImageOptim for Mac

ImageOptim for Mac

ImageOptimfor Mac

『ImageOptim for Mac』はMac専用の画像圧縮ツールです。Macユーザーであれば、誰でも無料でダウンロード可能です。

ロスレス圧縮にも対応しており、これひとつで画像圧縮に関してはなんでもできるツールとなっています。

Macユーザーはダウンロードしておいて損はないでしょう。

ImageOptim for Macで圧縮

▲『ImageOptim for Mac』での圧縮後のコーギー。334KB→137KBに圧縮できました

会員登録 不要
対応ファイル形式 JPEG、PNG、GIF

ImageOptimfor Mac

まとめ

いかがでしたか。

今回利用した画像圧縮ツールはいずれも非常に使いやすく、画質の荒さもあまり気になりませんでした。

Webサイトの表示速度を速くしたい場合には、ぜひ画像圧縮を試してみましょう。

(執筆:Kishi Kaoru)

 

あわせて読みたい!▼

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ