マーケティングプロセスとは?売上を最大限に高める戦略の立て方

マーケティングプロセスとは?売上を最大限に高める戦略の立て方

マーケティングプロセスは、戦略を考える上で非常に重要な考え方です。

商品やサービスの売上を最大限に高めるために、「環境分析」「STP分析」「マーケティングミックス」など、マーケティングプロセスを活用しましょう。

マーケティングプロセスとは?

マーケティングプロセスとは、商品やサービスを流通させるための戦略を決める流れのことで、マーケティングマネジメントプロセスとも呼ばれています。

下記、一連の流れを行いマーケティングにて最大限の効果を生み出すことを目的とします。

  1. 環境分析
  2. セグメンテーション
  3. ターゲティング
  4. ポジショニング
  5. マーケティングミックス
  6. 実施・改善

1.環境分析

マーケティングプロセスにおいて、まず肝心なのが環境分析です。

環境分析では、企業内部の分析として自社の強みや弱みを考察し、企業外部の分析として競合やユーザーニーズなどの市場機会を考察します。内部と外部を分析することで、マーケティング戦略を立てるために必要な環境そのものを分析できます。

最も有名な「3C分析」を始め「PEST分析」「5フォース分析」「SWOT分析」など、様々なフレームワークを使うことで、企業の内部から外部までの状況が把握しやすくなります。

2.セグメンテーション

セグメンテーションとは市場細分化とも呼ばれ、市場のニーズをカテゴライズすることでターゲットを決めるプロセスです。

現在は多種多様な商品やサービスがある中で、市場のすべてのニーズを満たすことは難しいため、セグメンテーションにより、売上規模やユーザーの反応を予想しカテゴライズし、後のマーケティング戦略に繋げていきます。

マーケティングのセグメンテーションで重要な4つの変数と4R評価

3.ターゲティング

ターゲティングとは絞り込みの事で、セグメンテーションで細分化した市場の中から、どの市場で攻めるのかを選定するプロセスです。

「自社の強み」「競合の戦略」「市場の規模や動向」「参入障壁」など、どの市場であれば成功確率が高いかを戦略として決めていきます。

4.ポジショニング

ポジショニングとは、ターゲティングした市場での他社の商品やサービスの立ち位置を決めるプロセスです。

有効な方法としてポジショニングマップがよく活用されています。ポジショニングマップとは、市場で特に重要な2軸を決めて、縦軸と横軸の二次元のマップを作成し、その中で他社を位置づけし見える化する方法です。

他社のポジションを明確にすることで、マーケティングにおける自社の差別化に繋げます。

5.マーケティング・ミックス

マーケティング・ミックスとは、ターゲティングとポジショニングした結果から、自社の商品やサービスをどのように売り出すかを決めるプロセスです。

「製品:Product」「価格:Price」「流通:Place」「プロモーション:Promotion」の頭文字から「4P分析」とも呼ばれており、4つの考え方をミックスすることで効果的なマーケティング戦略を打ち立てることができます。

また、売り手視点の「4P分析」合わせて、買い手視点の「4C分析」もよく活用されています。

マーケティングミックスの意味【4P分析とは?4C分析とは?】

6.マーケティング戦略の実施・改善

最後のマーケティングプロセスは実施と改善です。

今まで導き出したマーケティング戦略を実施した結果、目標に向けての進捗を見て、改善していきましょう。

SHARE

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ