商品やサービスのマーケティング戦略を考える上で、重要な分析手法の1つであるセグメンテーション。

代表的な4つの変数や4Rでの評価など、マーケティングにおけるセグメンテーションについて紹介します。

セグメンテーションとは?

セグメンテーションとは市場細分化のことで、ユーザーをカテゴライズすることで、どのユーザー層に対してマーケティングするかを選定しやすくする手法です。

「地域」「年齢」「性別」「趣味趣向」「時間帯」など、商品やサービスを売り出す際のどのような市場があるのかを考えていきます。

マーケティングプロセスにおけるSTP分析では、セグメンテーションをすることで、ターゲティングやポジショニングに繋げていきます。

マーケティングプロセスとは?売上を最大限に高める戦略の立て方

STP分析とは?

STP分析とは、「セグメンテーション」「ターゲティング」「ポジショニング」の頭文字を取りSTP分析と呼ばれています。

セグメンテーションで市場細分化し、ターゲティングでどの市場をメインとするかを定め、ポジショニングで市場での他社と自社の立ち位置を見極めます。

また、STP分析を行った上で、マーケティングミックス(4P)を考えることで、マーケティング戦略で最大限の効果を出すことができます。

マーケティングミックスの意味【4P分析とは?4C分析とは?】

セグメンテーションの代表的な4つの変数

地理的変数(GeographicVariables)

地理的変数とは、「国」「地域」「気候」「人口」「治安」「経済」「文化」「規則」など、地理的な要因の変数です。

例えば、同じ日本国内でも都市と地方では人口の多さや流通のしやすさなどが違うことが想像できます。

人口動態変数(DemographicVariables)

人口動態変数とは、「年齢」「性別」「家族構成」「職業」「年収」「学歴」「国籍」など、その人自身の性質に関わる変数です。

他の変数よりもニーズの偏りが分かりやすく、国や企業などの調査でデータが取りやすいというメリットがあります。

心理的変数(PsychographicVariables)

心理的変数とは、「趣味」「趣向」「価値観」「こだわり」「動機」など、心理的な要因の変数です。

商品やサービスによっては、人口動態変数で偏りが出ずに心理的変数が大きく関わる場合があります。

行動変数(BehavioralVariables)

行動変数とは、「活動する日時」「行動パターン」「購買状況」「使用頻度」など、行動による要因の変数です。

例えば、新規ユーザーとリピーターに対してでは、マーケティングの手法を変える必要があるでしょう。

セグメンテーションを4Rで評価

セグメンテーションを正しくできたか評価するために、「Rank(優先順位)」「Realistic(有効規模)」「Response(測定可能性)」「Reach(到達可能性)」の4Rを考えましょう。

Rank(優先順位)

Rankでは、市場をランキング化できるかを考えましょう。

市場に優劣をつけられないセグメンテーションでは効果を期待できません。

Realistic(有効規模)

Realisticでは、売上を上げることができる規模を持つ市場なのかを考えましょう。

売上を上げることができない市場をセグメンテーションしても意味はないでしょう。

Reach(到達可能性)

Reachでは、ユーザーに商品やサービスを届けるための難易度を考えましょう。

外国や離島など、難易度が高いことがメリットにもデメリットにもなりえます。

Response(測定可能性)

Responseでは、ユーザーの効果を測定できるかを考えましょう。

効果を測定できる市場の方が、後のマーケティング戦略を立てやすくなります。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ