マーケティング戦略でターゲティングを考える際に大事な6R

マーケティング戦略において、ターゲティングは欠かせない手法の1つです。

ターゲティングの意味やターゲティングする上で重要な6Rについて紹介します。

ターゲティングとは?

ターゲティングとは、商品やサービスを売る時に、どのような市場をメインにするかを絞り込むマーケティング手法です。

STP分析の一部で、セグメンテーションで市場細分化をすることで効果的なターゲティングが可能となり、後のポジショニングに繋げることができます。

万人受けを狙うのではなく、ターゲィングで狙うユーザー層を絞ることで、より強いニーズにも応えることができます。

STP分析とは

STP分析とは、「セグメンテーション」「ターゲティング」「ポジショニング」の3つの分析をまとめたマーケティング手法です。

市場細分化をすることで、ターゲティングの絞り込みの精度を高め、ポジショニングにて競合との差別化を図ります。マーケティングプロセスとして、よく活用されています。

マーケティングプロセスとは?売上を最大限に高める戦略の立て方

ターゲティングで大事な要素6R

1.有効な市場規模:Realistic Scale

ターゲティングした市場の市場規模の大きさを考えましょう。

市場規模が大きいほど売上の幅が大きくなるため、高い効果が期待できます。

市場規模が小さくても利益がでるのであれば問題ありませんが、利益が出ないほどの市場規模であればマーケティングの意味を失くしてしまいます。

2.成長性:Rate of Growth

ターゲティングした市場の成長性を考えましょう。

生まれたばかりの市場や成長市場であれば、今後の期待が大きいです。衰退している市場や今後の伸びが期待できない市場はやめましょう。

3.顧客の優先順位/波及効果:Rank/Ripple Effect

ターゲティングした市場の優先順位を考えましょう。

影響力の強い人がいる市場やメディアが注目しそうな市場であれば、効率的なマーケティングを行うことができる可能性が高いので、優先順位が高まります。

4.到達可能性:Reach

ターゲティングした市場への到達可能性を考えましょう。

他の条件がどれだけ優れていても、ターゲット層へ商品やサービスを届けることが出来ない環境であればマーケティングは不可能です。

5.競合状況:Rival

ターゲティングした市場の競合状況を考えましょう。

競合が少ないブルーオーシャンであることが理想です。競合が多数いたり、力の強い競合がいる場合はマーケティング戦略の難易度が高くなるでしょう。

6.反応の測定可能性:Response

ターゲティングした市場の反応の測定可能性を考えましょう。

ターゲットの反応を測定できる市場であれば、後の改善に繋がるため反応を測定できる市場をターゲティングすると良いでしょう。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ