yup

Webデザイナーやライターなど、ネット界隈で働く人が常に気をつけなければならないのが著作権。その中でも特に気をつけなければならないのが、写真やイラストなど、ネット上で見つけた画像の無断利用です。

自分のサイトやブログにネットから見つけてきた画像を掲載して、著作権侵害をしてしまうことは往々にしてあります。場合によっては、それが原因でサイト炎上や訴訟を起こされるなんてことも……。

そこで今回は、ネットで見つけた画像の利用方法をわかりやすく解説します。この記事でネット画像の正しい使い方を学び、安心安全なサイト/ブログ運営を行いましょう!

やや難しい内容も含むため、お時間がない方は太字の部分だけ読むことをお勧めします。

ネット画像利用のキホン −著作権法について−

copyright イメージ

ネット画像を含む著作物は、著作権法という法律によって保護されています。

著作権法を元に、ネットで見つけた画像を合法的に正しく利用する方法を学びましょう。

1. 正当な範囲内ならネット画像を無断引用してOK

ネットで見つけた画像など、著作物を引用する際については以下のように規定されています。

第三十二条
公表された著作物は、引用して利用することができる。この場合において、その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない。
公益社団法人著作権情報センターより引用。第2項は省略)

つまり、ネット上に公表された画像を含む著作物は、公正な慣行に合致し、目的上正当な範囲内なら無断で自サイトに引用することができます。

公正な慣行とは、引用に関する一般的なルールやマナーなどを指します。基本的には以下のようなルールを守る必要があります。

【ⅰ. 自分の著作物が「主」で、引用部分は「従」】
自分の著作物が主体であり、引用部分はあくまでサブである必要があります。ネットで見つけた画像が主体で、自分の著作部分がわずかであるものはルール違反です。

【ⅱ. 引用部分が明確になっている】
自分の著作物と他人の著作物は明確に分かるように記載する必要があります。もちろん、ネットで見つけた画像を自分の著作物であるかのように振る舞うのは著作権法を侵害しています。

【ⅲ. 画像を引用する必然性】
自サイト/ブログの文脈上、ネットで見つけた画像を掲載する理由が明確である必要があります。意味もなく、ただの装飾として載せるのはNGです。

ただしいずれの場合も、著作者が転載を禁ずる旨を記載している場合は引用不可です。

2. ネット画像を加工して掲載するのはNG

ネットで見つけた画像を加工して使用したい場合もあるでしょう。そのような著作物の変形行為に関しては以下のように定められています。

第四十三条
次の各号に掲げる規定により著作物を利用することができる場合には、当該各号に掲げる方法により、当該著作物を当該各号に掲げる規定に従つて利用することができる。
一 第三十条第一項、第三十三条第一項(同条第四項において準用する場合を含む。)、第三十四条第一項又は第三十五条 翻訳、編曲、変形又は翻案
二 第三十一条第一項第一号若しくは第三項後段、第三十二条、第三十六条、第三十七条第一項若しくは第二項、第三十九条第一項、第四十条第二項、第四十一条又は第四十二条 翻訳
三 第三十三条の二第一項 変形又は翻案
四 第三十七条第三項 翻訳、変形又は翻案
五 第三十七条の二 翻訳又は翻案
公益社団法人著作権情報センターより引用)

ややこしいのですが、画像の加工などの変形行為が認められているのは、私的使用(第三十条)、学校関係での使用(第三十三〜三十五条)、視覚・聴覚障害者等のため(第三十七条)に限定されています。

つまり、ネットで見つけた画像を加工し、自サイト/ブログに掲載する行為は著作権侵害です。

ただし、出典元が加工を許可している場合はその限りではありません。

3. 出所の明示をすればネット画像を使用してOK

ネットの画像を自分のサイト/ブログで利用する際、以下のように出所の明示が著作権法によって規定されています。

第四十八条
次の各号に掲げる場合には、当該各号に規定する著作物の出所を、その複製又は利用の態様に応じ合理的と認められる方法及び程度により、明示しなければならない。
一 第三十二条、第三十三条第一項(同条第四項において準用する場合を含む。)、第三十三条の二第一項、第三十七条第一項、第四十二条又は第四十七条の規定により著作物を複製する場合
二 第三十四条第一項、第三十七条第三項、第三十七条の二、第三十九条第一項、第四十条第一項若しくは第二項又は第四十七条の二の規定により著作物を利用する場合
三 第三十二条の規定により著作物を複製以外の方法により利用する場合又は第三十五条、第三十六条第一項、第三十八条第一項、第四十一条若しくは第四十六条の規定により著作物を利用する場合において、その出所を明示する慣行があるとき。
公益社団法人著作権情報センターより引用)

出典の表記に関しては細かな決まりはなく、「合理的とみとめられる方法及び程度」と書かれています。
ネットで見つけた画像を使用する際は、わかりやすい場所に転載元へのリンクを記載すれば大丈夫です。

また、たまに「画像の真下に転載元表記がないものはアウト!!」と言う人もいますが、出所が分かりやすければどのように表記しても問題ありません。

 

ここまでの内容をまとめると、以下の画像の通りとなります。よろしければご査収ください。

copyright rule

 

Q. Webサイトのスクショを使用してもOK?

screen shot image

場合によっては、Webサイトのスクリーンショット(以下、スクショ)を自サイト/ブログに使用したい場合もあるでしょう。

その際に心配となるのが、著作権法の第二十条「複製権」です。

第二十三条
著作者は、その著作物について、公衆送信(自動公衆送信の場合にあつては、送信可能化を含む。)を行う権利を専有する。
2 著作者は、公衆送信されるその著作物を受信装置を用いて公に伝達する権利を専有する。
公益社団法人著作権情報センターより引用)

Webサイトのスクショは「Webサイトという著作物」の複製に当たる可能性があります。複製行為は私的利用(第三十条)などの例外を除き認められていないため、著作権侵害となりえます。

しかし、Webサイトのスクショを「引用」ととらえた場合、スクショの掲載は認められるともいえます。

上述した著作権法に基づくネット画像利用ルールを守った上で利用すれば、後々にトラブルが起こる可能性は限りなく低いでしょう。

 

Q. 「帰属表示の必要なし」と出典元が明記している場合は?

kizoku

フリー画像配布サイトでよくあることですが、「帰属表示の必要なし」と書かれている画像素材があります。

著作権法には出典を明示しなければならない旨が書かれていますが、著作権法違反は著作者が申告しない限り罰則の対象になりません。
したがって、フリー画像配布サイト側が帰属表示を不要としているのなら、素直にそれに従って問題ありません。

いずれにせよ、フリー画像配布の方針には一度目を通し、トラブルを起こさないよう気をつけましょう。

 

おわりに

いかがでしたか?

普段はあまり意識しない著作権ですが、ネット界隈で制作を行うなら皆が知っていて損はない内容です。
この機会にネットで見つけた画像の利用方法を正しく理解して、安心安全なWeb制作を行いましょう!

また、よろしければ以下のフリー画像サイトまとめもご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ