レスポンジブデザインのテストツールを国内&海外から10コ厳選!

新しいデバイスが続々と登場する現代では、Webサイトを常に最新の状態に保っておくための努力とテストが不可欠です。

特にレスポンシブWebデザインはレイアウトが崩れやすく、崩れた場合は実に見づらいです。

レイアウトの確認作業を効率的にしてくれるレスポンシブテストツールを、国内と海外から選りすぐり、10個まとめました。

1. レスポンシブWebデザインチェックツール

http://lqd.jp/lab/rwd.html

4種類のデバイスが横並びで表示されるので、比較がしやすいです。デバイスの枠を取り外したり、表示サイズを変更させることもできます。手軽に使える、おすすめツールです。

レスポンシブWebデザインチェックツール

2. Responsive Checker

レスポンシブチェッカー

12種類のデバイスを想定して作られたチェッカーです。画面サイズを手動で設定することも可能。バイスのカラーを黒と白に切り替えられるのは、嬉しい機能です。

Responsive Checker

3. The Responsinator

Responsinator

シンプルなデザインに好感をもてる『Responsinator』。スクロールがなめらかで、ストレスを感じさせません。

Responsinator

4. Viewport resizer

ビューポーター

画面左上のアイコンをクリックすると、画面サイズが即時に変わります。スクロールの手間がなく、効率アップに最適です。

Viewport resizer

5. resizeMyBrowser

resizeMyBrowser

メニューをクリックすると、指定したサイズのポップアップウィンドウが開きます。たくさん開いで横並びで見たい時に便利です。15のプリセットの他に、新しいサイズを定義することもできます。

resizemybrowser.com

6. RWDdy

RWDdy

320, 640, 980, 1280pxの横幅から選べる『Google Chrome』の拡張機能です。サイズが大きすぎるページや、ローカルファイルでは使えません。

RWDdy

7. Ish

ish

機能はいたってシンプル。画面サイズを設定すると、幅が流動的に変更されます。

Ish

8. レスポンシブ・デザインモード

responsiv design view

『safari』に搭載されたレスポンシブビューワーです。ツールバーの「開発者」内に、「レスポンジブデザインモード」があります。シンプルな使い心地です。

Responsive Design View

9. Am I Responsive

Am I Responsive

URLを入力すると、独立ディスプレイ、ノートPC、スマートフォン、タブレットそれぞれに表示されます。

Am I Responsive

10. Chrome モバイルエミュレーター

エミュレーター

Chromeの画面上で「Command + option + I」で開発者ウィンドウを開きます。左上の、画面切り替えボタンを押すと、スマホ画面のサイズに切り替わります。最も手軽な方法ですね。

SHARE

RELATED

  • お問い合わせ
  • お問い合わせ
  • お問い合わせ